なぜキャンセルに10万円の解約料が掛かるのだ!

 

このような苦情が消費者センターに届くそうです。

 

実際に車買取の契約後キャンセルをしたときには、高い解約料を請求されるケースがほとんどですが、実は合法なのです。

契約書には必ずキャンセルポリシーが書いてある

車買取業者が扱う契約書は基本的にユーザーが不利になるようなことが多いようです。

 

今回、話題の中心となっているキャンセル料についても同様です。

 

キャンセル料を取る理由は2つあると思います。

 

  • 業者オークションに流して利益を確定できなかった損害賠償
  • キャンセル料でも儲ける

 

このいずれかになるでしょう。

 

前者に関しては証明できれば正当なものとなるでしょう。

 

ただし、後者については悪徳業者といわれても仕方が無いように思えます。

一部の車買取業者が行う評判の悪い手口

どのような手口になるかといえば、我先に他の業者よりも早くユーザーと車の売却契約をします。

 

そのときの金額が他の業者よりも著しく安いもので、後から来た業者がさらに高い査定額を提示するなどの場合です。

 

キャンセルしたほうがユーザーは有利なので、仕方なく解約料を支払うのですが、業者としてはリスクがほとんど無い状況で利益を得られるわけですね。

 

このような利益の獲得について全体から見ると悪い評判も仕方なしと思えてしまうわけですね。

最悪の状況を避けるために!

ここまで見てきたものは基本的に合法です。

 

なぜなら契約書であなたが同意しているので、後は裁判などで戦うという方法か消費者センターで愚痴を聞いてもらうぐらいしかできないでしょう。

 

車を高く売りたかったのになぜ・・・というような状況に陥らないためには1社の査定のみですぐに契約してしまわないことです。

 

先ほどの状況を作るために、車買取業者としてはあの手この手を使います。

買取業者が早期契約を行わせる手口

「今ちょうど欲しいお客様がいるので、すぐ契約してもらえたら10万円査定額を追加します」

 

というオファーがあります。

 

一見するとお得な気がしますが、これは契約を急がせているわけですね。

 

悪徳業者と思われてしまうのは仕方ないにしても、業者としても利益を獲得しなければいけないために行っていることですから、仕方ない面もあります。

 

まずはすぐに契約するような「即決」は基本的に損ですからよく比較して契約するようにしましょう。

 

重要なのはあなたが得をすることができるかどうか。

 

絶対に少ない業者での比較で車買取先を決めないようにするということを覚えておいてください。

 

以上、「車買取のキャンセル料が高すぎる!」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。