あなたは多くの方が中古車を選ぶときの基準として利用している情報が何だか知っていますか?

 

それはずばり中古車の価格です!

 

価格というのはとても便利なもので、その車の価値が貨幣的単位で計られているわけですから、比較するにはとても参考になる量的指標です。

 

とはいえ、多くのユーザーは車をできる限り安く買いたいと考えるものです。

 

他の車よりも安い金額の車があれば積極的に買いたいと考えるのは当たり前ですよね。

 

しかしながら、このような状況で安易に飛びつくと中古車選びで失敗する可能性が高くなります。

 

こちらでは、中古車選びについて価格的な比較が大切だとしながらも、失敗しないためには何が大切なのかということをみていきます。

 

まずは、よく言われている皆さんも知っている考え方を確認します。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

店選びが重要!

中古車を選ぶというのは店を選ぶということと同じです。

 

新車のように同じ車が多く存在するならばわかりやすいですが、中古車というものは一台として同じ車は存在しません。

 

そのため、ある意味で中古車の価格というのはオープンプライスであって値段を付けたものしか価値を決められないような性格を持っています。

 

このような状況下において高いお金を出したから、または安い金額で買ったから良い悪いということは一概に考えることは難しくなっています。

 

もちろん、店を選ぶというのはなかなか難しいことで、ある意味では車を選ぶよりも難しいわけですが、ひとつの基準としてしっかりと保証をしてくれるお店で車を買うことが大切です。

 

このようなお店では、基本的に車は高めの金額になりやすいですが、逆にいえばお金を出さなければ保証は得られないということになります。

 

購入に際してもリスクを覚悟して買うことが暗黙の了解になっている、というのも言い過ぎではありません。

 

 

このように中古車はどうしても見えない情報などがありますし、使用されている機械部品ですから店側でも把握しきれていない品質があるでしょう。

 

次にエンジンをかけたときには故障して動かなくなることだってあるかもしれませんからね。

 

次に、保証以外での店選びで必要になるポイントを説明していきます。

公取協ステッカーがあるか

中古車を販売している店が自動車公正取引協議会の会員であるかどうかチェックしましょう。

 

もし、なにかあったときでも、公取協の窓口に相談することが出来ます。

 

いざというときに後ろ盾があると安心なので、中古車を買う方にとってリスクを限定できるものになります。

 

⇒外部サイト:自動車公正取引協議会へのリンク

 

リスクの限定ですから、これが絶対というわけではないのですが、それでも無いよりは良いでしょう。

 

少し残念なことは自動車公正取引協議会という団体について多くの方が知らないことでしょうか^^;。

良い店の判断方法

皆さんは隠したいものがあるときは出来る限り情報を露出しないようにしますよね。

 

嘘の達人などはある程度設定を作ってそれを守るのかもしれませんがやはり多岐にわたる質問などには耐えるのは大変でしょう。

 

車も同じで詳細に情報を載せれば載せるほど悪い車ならぼろが出ることが多いです。

 

そのため、車の良い部分についてはしっかり公開してもらって、不利な部分もしっかりと公開してもらえたら車を選ぶのに役に立つでしょう。

 

良い中古車販売店では、詳細な情報を公開していることが多いです。

 

それによってユーザーは情報をもとに車を選ぶことが出来るということですね。

 

ここに良い販売店である可能性を見ることが出来ますね。

諸費用の説明で分かる店の良し悪し

激安の車を見つけたときに、後で聞いてみるとそこから30万円も諸費用などがかかるなんてよくあることですよね。

 

車は表示の値段では買えないというのは安く済ませようとするときに経験するものですよね。

 

それが悪いことではないですが、異常に高く不明瞭なときはそういった店は避けたほうがよいです。

 

私の経験則では安い車を買おうとしたら車検費用を異常に取る中古車販売店が多かったです。

 

そのときはあまり気にしませんでしたけど、現在はもうそういったところとは取引したくないですね。

 

車検は自分で取るといったらおそらくその車は売ってくれないでしょうしね。

整備記録簿を見てみる

中古車は車によって状態が異なります。

 

そのため、しっかりと整備されていることが重要ですね。

 

整備されていない中古車を売っている販売店は、中古車の状態に興味がないか、もしくはもっと単純に良い販売店でない可能性が高いです。

 

整備記録簿は中古車の状態を知るには良い資料になるでしょう。

 

欠損している場合もありますが、しっかりと完備されている販売店は良い可能性があがります。

 

あと、不備を見つけたときに後からやるというところも要注意です。

 

そもそも売りに出している中古車を整備していないのはあまり良いものではありませんからね。

車体はどこを見るべきか

こちらでは中古車選びは店選びが大切という話をしてきましたが、最後に車体自体を見るときのポイントを簡単に説明したいと思います。

 

店選びをあわせてみてみると、中古車選びで失敗する可能性を減らすことができますので、参考にしてください。

 

中古車を見るときには一般的に次の要素が大前提となります。

 

  • 車種
  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • 修復暦(大きな事故暦)

 

他にも車体の色であったり、スポーツカーならばトランスミッションによっても変わってきますが、大きくはこの5つの要素が重要です。

 

これらを照らし合わせて、車体の金額と妥当なのか、もしくは似たような車があるのになぜか安い金額で売りに出ているような車はできれば避けたほうがよいでしょう。

 

もちろん、リスク付きで掘り出し物を探したいということであれば止めはしませんが、もしあなたが車についてよく知らないという中古車選びの初心者であると考えるならば、こういったリスクが高い中古車は選択の対象に入れないほうが身のためです。

 

どうしても選びたいということであれば、リスクを覚悟で購入するか、またはおそらく高くなると思いますが、保証を付けさせることが安全に車を購入するために役立つでしょう。

 

まとめると、市場よりも安い金額の車は気をつけてみてみること、不安ならば保証を付けること。

 

これらは言われてみると当たり前ですが、ぎりぎりの予算で購入しなければいけないときほど、改めて考えてほしいことなので中古車選びのときには忘れないようにしましょう。

販売店選びは必ず行う

多くの方は例えばカーセンサーやgooのような中古車情報誌によって中古車を探すわけですが、それよりも町によさそうな中古車ショップがあったら自ら出向いてみるのがオススメです。

 

極端な言い方かもしれませんが、良い販売店があればそこから車を探しても良いぐらいです。

 

あなたが求めている車が相当珍しいものであるときはなかなか探すのが難しいかもしれませんが、そういったときも業者オークションなどを通じて仕入れをしてくれるかもしれません。

 

いずれにしても、中古車選びは店選びということを忘れないでください。

 

中古車探しは販売店探しといっても過言ではありませんから、中古車の状態も重要ですが販売店が良いかどうかしっかり見極めましょう!

 

なお、それでもカタログの情報が欲しい!という方がいらっしゃいましたら、非公開情報まで検索比較できるサービスを紹介しますので続きを確認してみてください。

 

以上、「絶対に失敗しない中古車選びのポイント」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス