考えてみると当然なのですが、車のマフラーは消耗品なのです。

 

なぜ消耗品なのかといえば、それは過酷な状況にさらされているために劣化していく部品だからです。

 

車というものはどうしても水を発生させてしまいます。

 

マフラーはステンレスで出来ている場合が多いですが、さすがのステンレスでも熱と水分による過酷な環境で穴が開くことも多いです。

 

ステンレスといえども錆びることもあるのですね。

 

どうしても予算がかけられない小型車や軽自動車においては穴が開いてしまうというトラブルは良く発生します。

あなたがアクセスできる中古車情報は全体の3割だけ

中古車情報誌のgooやカーセンサーに載っている中古車情報では全体の3割しか見ることが出来ないことを知っていますか?

一般の人が見ることが出来る情報は全体の3割

残り7割の非公開情報を見たい方はこちら

中古車探しサービス

実は意外に高かった!?車のマフラー

壊れるのは最後のタイコと呼ばれる少し大きめの部分、そのつなぎ目に穴が開くことが多いです。

 

タイコ部分が壊れてしまうと安いもので5万円、高いものでは8万円かかります。

 

マフラーに穴が開いたからといっても実質的にすぐ車が壊れるわけではありません。

 

しかしながら公害問題や車検が通らないという欠点があります。

 

そのため、2年に1回交換する可能性があるという認識でよいでしょう。多くの場合には車検のときの整備で問題になって車検費用が高くなってげんなりする羽目になりますが^^;

 

損傷の仕方によっては、あまりにも騒音が凄いためにすぐに交換が余儀なくされる場合もあります。

 

買う場合には車に車検があるかどうかをチェックするのが経済的な問題としては大切なのかと思います。

 

言い方は適切ではないかもしれませんが、車検が通っていたらマフラーをしばらく交換しなくて済みます。

 

また残り少ない車検のときはマフラーに穴が開いているとお金がかかりますから、気をつけないといけません。

 

私はスポーツカーが好きでスポーツマフラーに変えてしまうので、あまり純正のことは意識したことがなかったです。

 

車検が通る純正よりも安いマフラーもありますから、もし交換する必要があるなら一度考えてみるのも悪くないかもしれません。

 

マフラーが故障して新品を買うのは高いと思うのなら、中古のマフラーを買っても悪くないかもしれませんね。

 

ただし、元々故障している場合や、適合するかどうか、車検が通るのかという点でリスクがありますので、仲の良い車屋店員などがいるなら聞いてみると良いでしょう。

マフラーに穴を開けない対処法

あまり実用的な方法ではなく、知識として知っておいてもらうと良いかもしれません。

 

そんなマフラーに穴を開けない方法をご紹介させていただきます。

 

マフラーは温まった状態では、水は蒸発するために十分に高温を保てば水がたまりにくく長く使うことができるでしょう。

 

そのため、マフラーの温度が上がらないような短距離乗るような車の使い方をするとマフラーに水がたまる可能性があります。

 

そうしたときには15分ぐらい乗ったり10kmぐらい走ればそれなりにマフラーが熱くなりますので、水がたまりにくくなります。

 

つまりは短期間走っては止まるような車の動かし方をするような都市部在住の方は特にマフラーの劣化が早いので注意が必要でしょう。

 

しっかりと暖機運転をするなど車稼働時間を少し増やすようにすれば、マフラーの寿命も伸びるというわけです。

マフラーに穴が開いたら修復は難しい

このようにマフラーは消耗品であるのですが、消耗品ならばうまく修復すれば長持ちなんていうことを考えますよね。

 

実際に、長持ちさせるのは穴を開けない努力をすることであって、修復でなんとかすることはとても難しいです。

 

マフラーに穴が開くということは、その一部分だけというよりも、全体として劣化していることが多いのです。

 

その結果として、一部分を修復したところで、また別の部分に穴などが開きますので、結局は買い換える以外に方法は無いという状況となってしまうでしょう。

 

そのため、マフラーに穴が開いたときはパテや耐熱シート、アルミテープのような補修用品で修理するということも考えられますが、よっぽど中古で新しいマフラーを買ったほうが早いと考えています。

 

もちろん、マフラーに穴が開いたことが劣化による理由ではなく、何か物損事故などであればテープによる補修によって修理箇所以外に面倒が及ぶということもなくはないです。

 

ただ、その場合も劣化かどうかを判別するのが難しい場合には、修復するよりも買い換えるほうが望まししと結論付けます。

マフラーのトラブルまとめ

結局、経済的な観点で判断するのがよいでしょう。

 

車検が残り短いとしたら交換しないといけない可能性が少しでもあるということで注意する、車検が通っていたら少なくとも交換しないといけない可能性は遠い、そのような判断はいかがでしょうか?

 

ただし、車検をちょっと前に通したからといってマフラーが健全かどうかは話は別となります。

 

車検を通したらマフラーを変えているかもしれませんしね。

 

あとはこの記事とは関係ないですが、マフラーが曲がって車の底に当たると大変です。

 

移動式工事現場が走っているような感じでしょうか。

 

すぐに修理したくなります。

 

今回は車検を中心にお話を進めてきましたが、車検がなくても整備できれば理想的です。

 

ただ、多くは車検の定期整備で何とかなりますので、安全面に関してはそれほど心配は要りません。

 

ただし、普段から整備していない方は車検のときに思わぬ出費があるかもしれないことを覚悟しておきましょう。

 

車検でお金が高く付くのは、「マフラー」「タイヤ」「足回り」関連の一角を占めていますので油断しないようにしてくださいね^^;

 

以上、マフラーに穴が開くようなトラブル関連のお話でした。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス