車のマフラーに穴が開くと、とても音がうるさくなることもあり、このまま乗っても大丈夫なのか不安になりますよね。

 

普段から熱心に車を見ている方以外では、マフラーに穴が開いたとしても、排気音がうるさくないならばあまりわかりづらく、整備工場で指摘されるまで気が付かないケースも少なくありません。

 

こちらでは、マフラーに穴が開いた場合に車に乗って良いのか、また修理費用をみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車マフラーに穴が開いた場合の影響

車のマフラーに穴が開いた場合には、次の3つの悪影響があります。

 

  • 騒音
  • 公害
  • 整備不良による不法行為

 

まず穴の開き方にもよりますが、騒音の問題はマフラーに穴が開いた場合の一番わかりやすい問題です。

 

また、排気ガスは触媒によって毒性を中和させますが、それをしない場合には公害が発生します。

 

アイドリング中で車内に毒性のある排気ガスがたまった場合に、中毒被害の可能性もありますので、走行地域は当然として搭乗員に対しても無視できない問題です。

 

さらに車の整備は法によって義務付けられているわけですから、マフラーに穴が開いた状態で公道を走るのは整備不良による不法行為ということになります。

マフラーに穴が開いていても車に乗れる?

マフラーに穴が開いていて公道を走るのは不法行為ということでしたが、実質的には不法行為で取り締まりを受けるのは珍しいことです。

 

このことは、不本意ながらマフラーに穴が長らく開いていた場合で、整備不良による不法行為を指摘されるケースはほぼないと言ってよく、むしろ騒音が気にならないようなケースでマフラーに穴が開いていることは少なくない事例です。

 

改造車であっても個別に抜き打ちの確認をするということはほとんどない点から、結果として普通の車であれば結果的に車に乗れているケースも少なくありません。

 

ただし、排気ガスの健康被害は特に搭乗員に起こりますので、一酸化酸素中毒の可能性を抱えて車に乗ることは大丈夫か?と考えると早めに修理する必要がありますね。

 

もちろん、念のために言っておくと不法行為であることはかわりありませんので、マフラーに穴が開いている場合は整備をするべきです。

 

法治国家に生きる私たちは公道を走る以上は整備義務があることを忘れてはいけません。

車マフラー穴の修理費用

車マフラー穴がどこに開いているのかで修理費用が変わってきます。

 

一般的に良く壊れるのは、「タイコ」と呼ばれる少し大きめの部分があり、そのつなぎ目に穴が開くことが多いです。

 

タイコ部分が壊れてしまうと安いもので5万円、高いものでは8万円かかります。

 

マフラーに穴が開いたからといっても実質的にすぐ車が壊れるわけではありません。

 

しかしながら公害問題や車検が通らないという欠点があります。

 

そのため、本来ならば早急に交換すべきですが、実質的には車検を受ける段階での交換が多く、ドライバーとしては「車検のためにマフラーを交換する」という認識が強いはずです。

 

ただし、これはマフラー穴によって排気音がうるさくない場合であり、損傷の仕方によってはあまりにも排気音が凄いために、すぐ交換が余儀なくされる場合もあります。

 

買う場合には車に車検があるかどうかをチェックするのが経済的な問題としては大切なのかと思います。

 

言い方は適切ではないかもしれませんが、車検が通っていたらマフラーをしばらく交換しなくて済みます。

 

また残り少ない車検のときはマフラーに穴が開いているとお金がかかりますから、気をつけないといけません。

 

私はスポーツカーが好きでスポーツマフラーに変えてしまうので、あまり純正のことは意識したことがなかったです。

 

車検が通る純正よりも安いマフラーもありますから、もし交換する必要があるなら一度考えてみるのも悪くないかもしれません。

 

マフラーが故障して新品を買うのは高いと思うのなら、中古のマフラーを買っても悪くないかもしれませんね。

 

ただし、元々故障している場合や、適合するかどうか、車検が通るのかという点でリスクがありますので、仲の良い車屋店員などがいるなら聞いてみると良いでしょう。

マフラーに穴が開いた場合の燃費

マフラーに穴が開いてしまった場合には、一般的に燃費が悪くなります。

 

特に低速で力が掛かりにくくなり、それを補うためにエンジンの回転数を上げることになるからです。

 

ただし、高回転域を利用するような場面ではエネルギー効率が良くなるケースもあります。

 

しかしながらそのような場面は行動を走るときにあまりないために、普通に燃費が悪くなりますし、そういったケースでは排気音もうるさくなる状況です。

マフラーに穴を開けない対処法

あまり実用的な方法ではなく、知識として知っておいてもらうと良いかもしれません。

 

そんなマフラーに穴を開けない方法をご紹介させていただきます。

 

マフラーは温まった状態では、水は蒸発するために十分に高温を保てば水がたまりにくく長く使うことができるでしょう。

 

そのため、マフラーの温度が上がらないような短距離乗るような車の使い方をするとマフラーに水がたまる可能性があります。

 

そうしたときには15分ぐらい乗ったり10kmぐらい走ればそれなりにマフラーが熱くなりますので、水がたまりにくくなります。

 

つまりは短期間走っては止まるような車の動かし方をするような都市部在住の方は特にマフラーの劣化が早いので注意が必要でしょう。

 

しっかりと暖機運転をするなど車稼働時間を少し増やすようにすれば、マフラーの寿命も伸びるというわけです。

マフラー穴の修復が難しい理由

このようにマフラーは消耗品であるのですが、消耗品ならばうまく修復すれば長持ちなんていうことを考えますよね。

 

実際に、長持ちさせるのは穴を開けない努力をすることであって、修復でなんとかすることはとても難しいです。

 

マフラーに穴が開くということは、その一部分だけというよりも、全体として劣化していることが多いのです。

 

その結果として、一部分を修復したところで、また別の部分に穴などが開きますので、結局は買い換える以外に方法は無いという状況となってしまうでしょう。

 

そのため、マフラーに穴が開いたときはパテや耐熱シート、アルミテープのような補修用品で修理するということも考えられますが、よっぽど中古で新しいマフラーを買ったほうが早いと考えています。

 

もちろん、マフラーに穴が開いたことが劣化による理由ではなく、何か物損事故などであればテープによる補修によって修理箇所以外に面倒が及ぶということもなくはないです。

 

ただ、その場合も劣化かどうかを判別するのが難しい場合には、修復するよりも買い換えるほうが望まししと結論付けます。

車マフラー穴のトラブルまとめ

マフラーに穴が開いている場合においては、法的には早急に修理しなければ公道を走ることはできませんが、排気音が大きくなるようなケース以外では、あまり気が付かないことも多いです。

 

そのため、一般的には車検のときに修理をするという方が多くなっていますし、車検整備のときにはじめて気が付くという方も多いのです。

 

したがって、明らかにマフラーに穴が開いているというケース以外では、車検時の出費が多くなるということがマフラー関連のトラブルで代表的な事例になります。

 

あとはこの記事とは関係ないですが、マフラーが曲がって車の底に当たると大変で、移動式工事現場が走っているような感じでしょうか、すぐに修理したくなります。

 

今回は車検を中心にお話を進めてきましたが、マフラーに穴が開いているならば、車検がなくても整備できれば理想的です。

 

普段から整備していない方は車検のときに思わぬ出費があるかもしれないことを覚悟しておきましょう。

 

車検でお金が高く付くのは、「マフラー」「タイヤ」「足回り」関連の一角を占めていますので、突然の支出で驚かないように、特にしばらく整備していないならば、車検費用が高くなる可能性は考えておきましょう。