現代の車の耐久性と寿命は時代が進むにつれて技術革新によりあがってきました。

 

昔ならば走行距離5万kmでポンコツ車となってしまったこともありますが、現在では一定の目安として走行距離10万kmと経過10年です。

 

そのため、車の老朽化基準となる走行距離10万km・10年で車の耐久性について考えてみたいと思います。

 

まずはこのページのタイトルにもなっているメーカーごとのランキングです。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車の耐久性:メーカーでランキング

これは完全な主観なので、車の種類によっても違いますし年代や乗り方によって変わってきます。

 

順位メーカーコメント
1位トヨタ「壊れない大衆車」は全世界で知名度がある
2位ホンダ外装・内装の質感は安いがサポートが◎
3位日産最近はマシ:古い車は要注意!
4位スバル技術のスバルというだけある(車体は高い)
5位マツダ元々それほど悪くなかったが売り出し価格でじり貧だった

 

こちらでの比較は車の耐久性なので、古い車をターゲットとしています。

 

私が自分で乗っていたのはホンダシビックから始まり、日産スカイラインで、他の車は友人や知人に乗せられての評価となります。

 

このラインナップを見てわかるように、平成初期の車であり、その当時で10年落ち以上だったので耐久性を話すには十分であると考えています。

 

なお、軽自動車については時代背景もあって近年はかなり良くなってきたのですが、古い車(15年落ち以降)に関しては絶望的であり、足以外で使おうと考えないほうが身のためです。

 

そのため、軽自動車を主に製造販売しているメーカーについてはこちらのランキングでは除外しています。

車の耐久性:メーカーごとのコメント

車の耐久性についてメーカーごとに見てみます。

 

まず、トヨタが一番耐久性では良いことが多く、特に内装関連については他の国産車メーカーより一歩上をいくという状況です。

 

これは私がホンダシビックに乗っていたこと、さらに日産スカイラインに乗っていたこともあって、他の人が乗っている同年代・同等な老朽化のトヨタマークIIに乗ったときに、内装が悪くなっていなかったためです。

 

外装については、使い方によってかなり影響を受けますから、なかなか比較が難しいわけですが、内装についてはトヨタが一番ということで考えています。

 

そして、日産スカイラインに乗っていたときに気になったのは、エンジンなどの動力部の不安定さです。

 

特に寒い日にはエンジンのアイドリングは安定せず、このままエンジンが止まってしまうのでは?ということも多々ありました。(そしてエンジンが止まることもありました)

 

おそらくセンサー関連での不調だと思いますが、日産は老朽化によって全体的な稼働が悪くなっている点を感じました。

 

次に老朽化に関連する耐久性ではありませんが、スバル車の物理的な耐久性は高いことがある災害で明らかになっています。

 

過去にトンネルが崩れてスバル車はトンネルが崩落するなか駆け抜けたということがありました。

 

別に物理的に強いから事故のときに有利ということはありませんが、軽自動車のように事故があったときに不利になりやすいよりは良いでしょう。

 

またこの物理的な耐久性について軽自動車であれば、他メーカーよりもホンダが強いようです。

 

私はスズキ車が好きなのですが、近年のホンダ軽自動車の品質には目を見張るものがあります。

 

軽自動車については近年車体価格が高くなって利益がとりやすくなったこともあり、造りも良くなっていますので、今後に期待ということですね。

 

最後にマツダですが、一昔前は車が売れなかったので値引きしすぎたせいでブランド価値が維持できずに、どんどん車価値が低くなってしまったので、どうしても利益がとりづらかった背景もあり、造りも安くなってしまう車が多かったです。

 

現在ではマツダ車といえばディーゼルエンジンなど先進的なイメージでブランド価値を回復させてきたこともあって、多少車の造りが良くなっている状況にあります。

 

ただし、トヨタ車からマツダ車に乗り換えた親戚の意見では、やはりトヨタ車の造りと比べるとまだまだ甘いようです。

車の耐久性はどこを見る?

車が古くなったとして、その耐久性はどこで判断するべきでしょうか?

 

最も分かりやすいのは外観、つまり見た目ですが、一番故障などをして困るのはエンジンなどの中身です。

 

またフレームに張り合わせている内装も当然ながら劣化してきます。

 

次に車の耐久性について、内装や外装、そしてエンジンなどの中身についてみていきたいと思います。

内装の耐久性は我慢が出来る

内装を気にされる方は多いでしょう。私も内装が悪い車は嫌です。

 

ただ、この仕事をはじめて知ったのが後からなんとでもなるということです。

 

タバコによる黄ばみもケミカルでなんとかなります。

 

あとは臭い、これはどうしても気になります。これについては難しいところですがある程度なんとかなるそうです。

 

これには2つあります。ひとつは臭いに慣れてしまうということ。これは良いも悪いもありますけどまあ人は慣れるものみたいですよ。

 

もうひとつがケミカルによるリカバーです。

絶対にどうにもならないからタバコ臭がいやな方は買わないほうがよいという人もいればなんとかなるという人もいます。

 

絶対になんとかならないものではないということで理解するのがちょうどよいのではないでしょうか。

 

シートは10kmほどでは老朽化するということは少ないようです。これは乗り方によるものもあります。

 

車の外装耐久性は洗車次第

車の外装がはげていたり色あせている車を見たことはありますか?

 

これは洗車しなさすぎのほかに、洗車しすぎの場合も可能性があります。

 

例えばワックスには研磨剤入りのものがあり、これを使っていることで塗装がはげてしまうということは良くあることです。

 

ちなみに車の下地部分は黒い塗装で行われることが多いので、塗装がはげだすと下地の黒が見えてきてしまいます。

 

特に白系などの車体色では目立ちますので、こうなると車買い替えも検討するという流れになるのかもしれません。

 

もちろん車自体が悪いものではありませんから、古さが出てしまうのが嫌でないならば気にする必要はありません。

エンジンの耐久性は車の新旧と整備

エンジンも10万km程度では壊れたりしませんが、問題はメンテナンス次第ということになります。

 

我々の体の血液もろ過されて使われているように車のオイルもろ過されて使われています。

 

そのため、オイル交換などを怠ると一気にエンジンの状態が悪くなります。

 

これを見極めるのは非常に難しいです。

エンジンを回してみるのもよいでしょうけど、玄人でも難しいのに素人がわかることでしょうか?

 

もちろん異音がするなどそういったものであればわかりやすいですが、実際にそういった音がしないのが普通でしょう。

 

当サイトオススメはエンジンのオイルキャップの裏を確かめる方法です。

 

裏に非常に汚いオイルが付着していたら汚れている可能性があるということですね。

 

メンテナンスを怠っている場合、この汚れも取っていない=エンジンオイルも汚いというわけにはなりませんが、綺麗ならキャップ裏の汚れもない可能性があります。

 

だからここは注意深く見ましょう。

 

またオーバーヒートした車は避けましょう。

 

これも分かりづらいですがボンネット上に白い粉がふいていたらオーバーヒートを経験した可能性がありますので選ばないほうが無難です。

車の耐久性が高くなって税金が高くなる動き

正直、酷いなぁと感じるのが長く車に乗る事で税金が大きくなる制度。

 

その理由は技術的に古い車を乗ると環境に悪いからということですが、むしろ車を買い替えるほうが環境に悪いのではという意見があります。

 

確かに古い技術を使っていれば環境への付加が強いのも分かります。

 

ただし、少し前の車はそれほどでも無いでしょう。

 

疑問が残る税金の重課、やっぱり耐久性があがった車への対応なのでしょうかね。

 

税金的な寿命が13年目と18年目にもあることを覚えておいてください。

車の耐久性まとめ

以上で10万km・10年では基本的には壊れません。

 

そのため、変に消耗していたりした場合はなにか疑問に考えてみるのもよいでしょう。

 

例えばかなりへたっているように見えるのに5万kmのメーターだとしたら本当に5万kmなのかと疑っているということですね。

 

逆にほどほどに走っている車で10万kmであれば安心してというのは変ですが納得して買うことも出来るかもしれません。

 

中古車選びはひとつずつ性格が異なりますので、注意して選びたいところですね。

 

とにかくは10万km程度ではまだまだ走れますから、お得な車があるならぜひご検討いただけたらと思います。

 

 

あなたのカーライフにお役立てください。