車査定のテクニック:サムネイル

車査定のテクニック:3行まとめ
  • 車を高く売るならまずは車買取店の本音「できる限り安く買いたい」を知るべき
  • 車査定のテクニックは「希望額を言わない」「すぐ契約しない」「相手にも利益を与える」
  • 相見積もりを必ずして業者間の見積額で交渉を行う

車を売るときに誰しもができる限り高く売りたいと考えますが、車を高く売るための具体的な方法は持っているでしょうか?

こちらでは、売値UPは当然として安売りして損をしないという点を重点的に説明するなかで、高く売る方法について解説していきます。

基本的に誰でもできる車査定のテクニックなので、参考にして車を高く売るうえで役立ててください。

車査定のテクニック「まずは車買取店の本音を知るべき」

車査定のテクニックとして、売値をUPさせる方法を見ていきます。

ただ、売値を上げる方法といっても車自体の価値を上げるわけではありません。

実は査定額の限界はある程度決まっていて、その限界よりもどの程度安く買えるのかを、車オーナーと買取業者で交渉しているに過ぎません。

車査定額の限界とは

車査定額の限界とは、車買取業者が仕入れた車を売る場合に業者オークションで換金する場合には、買取を行う中古車の類似される業者オークションの成り行き相場が査定額の限界になる。このように多くの場合には直接店頭で並べずにすぐ業者オークションで換金する場合が多い。

店頭で並べる予定の車であれば他業者よりも査定額の限界は大きくなる可能性があるが、多くの場合に他業者も店頭に並べて売る車の質は近くなるため、このようなケースでは限界額も業者によって差が開きやすい。

中古車査定を依頼したならば誰でも出来るだけ車を高く売りたいと考えますが、実は普通に交渉したところで高い査定が出ることはなかなかありません。

これは業者もできる限り車を安く買いたいということで、あなたの車を高く売りたいということと、業者の車を安く買いたいという利害が対立しているためです。

そのため、テレビCMなどでは車を高く買うといっていますがそれは表向きの話で、セールストークであると考えるべきです。

「車を高く買う」は嘘なのか?

テレビやラジオのCMで、車買取業者は「車を高く買います!」とアピールするが、安く買いたいというのが本音。もちろん営利企業であるために利益を追求するのは問題ないが、車オーナーとして不満が出るのは当然のことである。

とはいえ、「あなたの車を安く買います!」ではだれも車をその業者に売ろうとは考えないし、広告費をかける目的もなくなってしまう。また絶対に高く売ることが出来ないのではなく「高く買う理由がなければ安く買う」ということは、広告では言わない車買取の隠れた本質である。

そもそも車を買う際には、安ければ安いほど利益が増えますので儲けるには当然でしょう。

それに加えて中古車を査定する担当者は車を安く買う交渉のプロです。

このような状況ではあなたが車を高く売ることについて絶望的に思えます。

それならば車を安く売ってしまうことはしかたがないのか・・・といえばそんなことはありません!

実はやり方を守って中古車査定を行えば誰でもほどほどには車を高く売ることが出来るのです。

最も重要なことは車を安く売らないこと、安く売らないことを気をつければ実は車を高く売ることが出来るのです。

車を高く売るための3つの要素

ここでは大切な要素を3つに分けて説明したいと思います。

基本的にこの3つを守れば交渉のプロに丸め込まれることは少なくなります。

売値UPの3要素
  1. 安易に希望額をいわない
  2. 即決はしない
  3. 相手のビジネスも考えてあげる

    各要素はこの後に具体的な説明があります。

    業者はなんとかしてあなたの車を安く買おうと思っていますので、こちらが不利になるようなことについてうっかりしゃべってしまうことも少なくありません。

    というよりも多くの場合、うっかりしゃべってしまいますので注意してくださいね。

    次にこれら3つの要素について個別に詳しくみていきます。

    安易に希望額を言ってはならない理由

    安易に希望額を言ってはならない理由は、他業者の査定額を見ながら少し高い査定額を提示するというのが、交渉で有利に価格提示する基本だからです。

    これは車買取に限ったことではなく、家電業界でも行われていることです。

    現在では行われませんが、「他社より少しでも高い場合は広告をもって当店に持ってきてください!」というものが流行りましたね。

    これも同様で他社よりも少し安い金額で家電を売れば、無用な広告費をかけずに多少薄利になりますが、利益をとることは可能になるのです。

    ちなみに利益にならないほど安い金額で売られている広告を見せた場合には、値引き販売を拒否されましたのでどの業界もギリギリの表現で広告を出すことに必死です。

    車買取と下取りの戦い

    あなたが考える車を売る価格というのはどのようなものでしょうか。

    漠然と高く売れればよいとはせずに、少し考えてみてください。

    おそらくは、納得いく価格なら良いとするのではないでしょうか。

    少し前は下取よりも少し高い価格を提示することでこの納得いく価格を作っていました。

    車オーナーも下取よりも高く買ってくれるならそれは良いと納得したわけですね。

    業者としても、これを仕入れて業者オークションで転売して利ざやを稼げたわけです。

    ただ、時代は変わり業者を取り巻く環境も変化しました。

    現在は車オーナーもある程度賢くなり、ライバルも多いです。

    そういったときには、車オーナーが納得いく価格というのも変化していますよね。

    基本的にはどの業者も安く買いたいのはお話したとおりなのですが、その業者より少しだけ高い金額を申し出るという方法は変わらないのです。

    そのため、あなたの納得いく金額を探ってきています。

    このサイトをご覧頂いたあなたにはぜひ高い査定額を目指してがんばって欲しいので、納得いく価格を高く設定して欲しいのです。

    なお、査定額の限界は業者のビジネスモデルに依存します。

    安易に希望額をいわないことで、相手のペースにならずにあなたが主導権を握ることが出来るでしょう。

    即決交渉に乗らないこと

    査定業者は早くあなたと契約をしてしまいたい傾向にあります。

    なぜなら比較されることで車を安く仕入れることが難しくなる場合が多いからです。

    そのため、さっさと契約をしてもらい車オーナーが解約してくれてもキャンセル料が入るような仕組みになっているのです。

    実際に即決のオファーが得である場合もありますが、基本的に即決を要求するときはまだ高く売れる可能性があると考えても大丈夫です。

    特に人気がある車種なら比較によって値段をあげることが出来ますので、「大変嬉しいプランですが比較して決める」と丁寧に断るのもよいですし、話が分かりそうな業者なら比較用の値段を教えて欲しいと単刀直入にいうのもよいでしょう。

    とにかくは後々不利になる可能性が高い即決については基本的にしないスタンスがよいでしょう。

    安易な契約で法外なキャンセル料を請求される例もある

    大変残念ではありますが、車売買契約には違約金を請求されるケースがあり、また買取金額よりも多額の違約金という事件もありました。

    もちろん、契約をする以上は原則として有効になるわけですが、一般通例上は買取金額よりも損害が発生するようなケースは、不当に安い金額で車の査定を行ったか、車自体の価値が低いかのいずれを想定するはずです。

    国民生活センター「自動車売却のトラブル2」
    出典:国民生活センター「自動車売却のトラブル」

    しかしながら、上のケースでは業者からの査定額の提示をしている点と、違約金について業者がわかっている点で、違約金で利益を立てる可能性も大きいため、極めて悪質であると言えます。

    実際にここまで悪質な例は少ないですが、先に査定を行った業者が「今日契約するならば5万円高く買う」などの契約を急かす交渉をしてきたところ、後から来た業者のほうが10万円以上高いというようなことは日常的に起こっています。

    この点から、契約を急かすような交渉は多くの場合に車オーナーが不利になることが多く、仮に事実であったとしても急いで契約する状況のほうが高く付く場合が多いです。

    このように安易な契約は車買取業者とトラブルになる可能性もあるので、弱みや迷いを見せることなく「相見積もりをしたうえで売却先を決める」と毅然とした態度で交渉しましょう。

    最悪、どうしても業者に押されるようなら、決定権が自分にはないことを言うとさすがに引き下がりますので、このテクニックを使ってみてください。

    高く売るなら業者にも譲歩する

    車を高く売りたいならば業者にも利益になることで協力するべきです。

    ここで車オーナーと車買取業者では、車の買取金額について対立する関係にありましたね。

    買取金額を安くしたい業者と、買取金額を高くしたい車オーナーとの対立です。

    車オーナーにとっては、この点で譲ることはしたくありませんが、買取業者としてはそれ以外にも気になる点が1つあります。

    それはいつ車を売却するかどうかです。

    というのも、車買取業者としては仕入れた車をすぐ換金してそれを次の買取代金に充てるという、運転資金の回転効率を上げたいと考えます。

    資金が潤沢にある業者であっても、営業効率を上げることで利益額を薄利でも積み上げることが出来るので、できる限り早く車を引き渡してほしいと考えるものです。

    このようなことがあるので、車買取業者から「いつごろ車を売る予定ですか?」という質問をされるわけで、それほどいつ車を売るのか?または本当に車を売る意思があるのかを確認することは重要なことなのです。

    車オーナーとしては、車査定額では妥協はしませんがこのような点は可能な限り協力する必要があり、車の引き渡し時期については早くすることは業者にも利益を与える要因となります。

    交渉というのは落としどころが必要であるために、査定額で譲らないならば引き渡し時期を早くしてあげることは協力すべきで、交渉がうまいか下手かというよりも、準備するだけで売値を上げられる可能性が高いのでおすすめです。

    この点で出来る限り早く車を引き渡せる場合には、役所で必要な書類「印鑑証明書」をあらかじめ用意しておくことが重要です。(車検証と住所が異なるなら「住民票」、姓が異なるなら「戸籍謄本」が必要)

    また、車を使う用事がある場合には代車を無料で手配できる業者もいるので、その点について相談できることも知っておいてください。

    車買取業者との付き合い方

    日本人である我々は個人対業者となった場合には個人保護の倫理というわけではないですが、なにか大きな気持ちになることが多いようです。

    車買取も例外ではなく、「車を売ってやるのだから高い値段をつけろ」と考えている方も少なくないでしょう。

    業者もあなたの車を安く買いたいので、大きな態度を取ったり対等であるとは思っていない、思わせないように対応していると思います。

    しかしながら、車を売るということに関してはビジネスパートナーぐらいで考えたほうがしっくり来ることが多いです。

    ちなみに法的な立場の上では民法566条・民法570条に基づく瑕疵担保責任であなたのほうが不利な立場になっています。

    車売却時における瑕疵担保責任とは

    車売却時における瑕疵担保責任とは、車自体に隠れた瑕疵(故障などの欠陥)があった場合には、それを知らなかったとしても買い主は売り主に対して損害賠償を請求することが出来る権利と責任である。

    個人売買においては買い主保護として納得いく取り決めではあるが、車の目利きがきくプロの査定士が行った鑑定の誤謬(欠陥があるにもかかわらず見逃してしまうこと)があることから、業者に車を売った車オーナーとしては納得できない側面がある。

    あなたは自分の車を高く売るビジネス、業者はあなたの車を安く買うためのビジネスとお考えください。

    そうすることで見えてくるものも多いのです。

    車買取額は譲らないかわりに引き渡し時期を協力する

    車の価格についてはトレードオフといいますか、お互い利害が対立していますのでどちらも妥協できない点でしょう。

    しかしながら車の引渡し時期や事故履歴などの的確な情報提供は必ず相手のビジネスのためになります。

    また交渉時間を短くするというのも相手にとってプラスになることが多いです。もちろん業者が交渉時間を長くして粘る戦術を取っている場合があります^^;。

    あなたが比較して高く売ることに関心が高いということを示した上で、比較用の査定額の提示をお願いするほうが業務効率としてはよいのです。

    そういうわけで私は査定額の面では譲れないけどその他では積極的に協力するというビジネスパートナー志向でお付き合いするのがよいと提案します。

    車売却時のテクニック:まとめ

    ここまで見てきたように車買取業者は結構手強い!ということがわかってもらえたはずです。

    普通に車を売っていたら高く売ることは難しく、多くの場合は知らず知らずのうちに安く買われてしまうのです。

    高く売るときには業者間で査定額を競争させることで達成できますが、一番防ぎたいのは安く売って損をしてしまうことです。

    ここで一つの業者だけで交渉を成功させて、車を高く売ることには限界があります。

    その理由は、車の査定額を付ける必要が車買取業者にはないことが原因です。

    つまり、車を高く買う必要があるのは競争する他業者がいるためであり、この点で相見積もりは欠かせません。

    また相見積もりは個別で行うことは手間がかかることもあり、近年では一括査定を利用することが当たり前になっています。

    自分で車を高く売ろうとした場合
    自分で車を高く売ろうとした場合

    もちろん、車一括査定は電話が多く掛かってくるというデメリットもありますが、個別に申し込んで交渉するよりもはるかに手間が少ないため、申し込み後に30分ほど時間が取れるならば、車一括査定のほうが面倒が少ないです。

    車一括査定の流れ
    基本的に引き渡しまで受け身で相見積もりができるので手間がかからない

    なお、車一括査定は車を高く売るうえで「カーセンサー」が最も高いスペックとなっています。

    カーセンサーが高いスペックということは、次のページで詳しく説明していますので、なぜカーセンサーで車が高く売れるのかということが気になる方は確認してください。

    以上、車査定のテクニックを参考にして高く売ることに役立ててください。