車買取で出張査定の流れ:サムネイル

 

車買取で出張査定:3行まとめ
  • 高い査定額を出すなら出張査定で業者に来てもらうほうが手間も掛からず良い
  • 大手業者をはじめ、ほとんどの業者は出張査定をしていて、査定の立ち合い時間は30分前後
  • 出張査定を使って車を高く売るなら、無料で使える査定申し込みサービスが便利

⇒今すぐ出張査定で高い査定額の出し方だけ見たい方はこちら

 

車を売るときに下取りを利用するならば、車をディーラーに持っていき査定を受ける場合が多いです。

それに対して、ガリバーやビッグモーターなどの車買取店においては、わざわざ店舗にもっていかなくても、家まで来て査定をしてくれるのですが、意外にもこのことを知らない方も少なくありません。

 

家まで来て査定を受けることを「出張査定」と言いますが、この方法を使うことで業者の相見積もりが簡単に行えるとあって、高い査定額を付けるならばぜひ使ってほしい方法になります。

 

こちらでは、この出張査定を無料で行っている業者と高い査定額の出し方を解説していきます。

まずは、持ち込み査定と出張査定の違いを簡単に見ていきましょう!

「持ち込み査定」と「出張査定」の違い

査定には、車を業者の店舗に持ち込んで行う「持ち込み査定」と、あなたの家などに来てもらって査定を受ける「出張査定」があります。

 

メリットデメリット
持ち込み査定引き取りがすぐに行われる競争しない場合が多く買取金額が安くなりやすい
出張査定競争を前提とする場合が多く買取金額が高くなりやすい多くの業者との交渉で手間がかかる

 

イメージとして考えやすいのは、「下取りは持ち込み査定」であり、「買取は出張査定」になりやすいというところでしょうか。

 

最近は業者も人件費などの節約のために、どんな車でも出張査定に来てくれるわけではないようですが、下取りと買取で考えると区別しやすいと思います。

 

ここで考えて欲しいのは車を売る目的です。

 

例えば下取りを行う場合には、新しい車を購入するという状況にあって、ほとんどの手続きを業者が行ってくれることもあるので、当然手間は少なくなりますが査定額は低いものになってしまうでしょう。

 

ここで査定額が低くなるのは困ると考える方が、出張査定による車売却方法を選ぶという判断基準が分かりやすいものとなります。

 

また、持ち込み査定によって高く買う業者を探すのは、半日から数日以上の時間が掛かりますが、出張査定の場合には最短1時間から2時間ぐらいで済むので、査定額のみならず手間の面でも優れています。

出張査定をしている買取業者

現在は基本的にどの業者も出張査定を行っていますが、こちらでは全国展開している大手車買取業者を比較しています。

 

出張査定料金
ガリバー実施無料
ビッグモーター実施無料
カーセブン実施無料
カーチス実施無料
ラビット実施無料
アップル実施無料

※業者名がリンクになっていて調査元ページを見れる

 

昔は有料ということもありましたが、現在ではほぼすべての業者が無料にて出張査定を実施しています。

 

ただし、注意点として「価値の低い車」においては出張査定をしてくれず、持ち込みによる査定を勧められることになります。

 

実は私の親戚が車を売却することで出張査定を依頼したのですが、車価値がほとんどないということでどの業者も持ち込み査定ならば受け付けるという返事をもらっています。

 

ラビットから来た出張査定辞退メール
ラビットから来た出張査定辞退メール:車価値が低いと店舗へ持ち込むように要請される

 

ちなみにカーセブンからも同様のメールをもらいまして、ガリバーからは電話で丁寧な説明をもらいました。

 

したがって出張査定は無料で行っているわけですが、車価値によって来るかどうかは変わってくることを知っておきましょう。

出張査定の流れ

出張査定申込|アップルは車買取オリコン満足度1位
出典:出張査定申込|アップルは車買取オリコン満足度1位 https://www.applenet.co.jp/satei/index_visit.asp

車出張査定の流れとしてはどの業者もそれほど変わらず、ネットから申し込んだ後に、メールか電話によって出張査定をする日時と場所を決め、実際に車を見て査定額を確定するという形になります。

 

そして査定後においては売却する業者と売却契約を締結した後に、車の引き取りにあわせて書類のやり取りを行い、主に7営業日以内に売却代金が銀行口座に振り込まれるという流れになります。

 

なお、入金までの日数などについては、業者間で比較していますので次のページで詳しく確認してください。

 

査定額が出るまでの時間を業者で比較

査定額が出るまでの時間は業者によって異なります。

 

上の画像からわかるように「アップルは15程度」で査定額が分かると表示がある一方で、ビッグモーターでは30分から1時間掛かるということです。

 

査定額が出るまでの時間
ガリバー約10分
ビッグモーター30分から1時間
カーセブン表記無し
カーチス15分から20分
ラビット表記無し
アップル15分程度

 

ただし、必ずこの時間で終わるというわけではなく、もっと時間をかけて見なければならないときには表記がある時間よりも査定額の算出まで時間が掛かることが、業者のホームページで注意書きされている場合もありました。

 

そのため、査定額が出るまでの時間については一定の目安として見るとよいでしょう。

出張査定がお金で有利な理由

下取り査定の問題点は、査定額が低くなる場合が多いことでしたが、このことは「業者間の競争がなく交渉の余地が少ないこと」が大きな理由です。

 

考えてみてほしいのですが、高い査定額を付けることは利益を少なくすることであり、そのようにしなければならないような状況は別として、「わざわざ安く売ってくれる状況」なのに高く買う必要はどこにありますか?あなたが査定をする側ならば当然安く買うはずです。

 

ここで注目してほしいのは「高い査定額を付ける必要がある状況」を作ってあげることで、安く買うことが出来ないという状況で高い査定額を付けさせることが、車を高く売るコツというわけですね。

 

下取りで相見積もりを取る人が少ないように、持ち込み査定においては相見積もりが取りにくい状況である一方で、出張査定では相手からきてくれるために、相見積もりを取ることが簡単です。

 

このように出張査定は、相見積もりを取ることを前提として、業者同士の競争を促進することで査定額を高くすることができ、結果として交渉や持ち込みをする必要がなくなることで手間なく車を高く売れるというわけです。

時間がない人向け車を高く売るためには業者間の査定額比較をすることは必要ですが、持ち込み査定と比べて手間がかからない出張査定でも、比較する業者が増えると半日ほどかかります。

時間も手間もかけたくないけど車は高く売りたい!という場合には業者を同時刻に呼んで、同時に査定を行う方法が便利です。

⇒車査定を同時に行って1時間前後で車を高る方法を詳しくみる

地域の業者へ出張査定の申し込み方法

出張査定の申し込み方法については、電話やネットから申し込むことが可能ですが、業者を同時刻に呼んで査定をしてもらうならば、ネットから申し込むのが手間なく簡単です。

 

あなたの地域にある大手業者に自動で申し込みする場合と、業者を選んで申し込みする場合で、窓口を使い分けると便利です。

 

ページの最初で説明した「概算価格がわかるネット申し込み」であれば、業者を自動で選んでくれるので悩む必要がなく楽です。

 

車価値の概算額が1分で分かる
概算価格が表示されるので、車を安売りしてしまうことを防げる!

 

車を売ることに慣れない場合は、地域の業者を選ぶということも難しいですし、車価値の目安もわからない場合はこの出張査定申し込み方法を使ってください。

 

⇒概算価格がすぐにわかる出張査定はこちら

業者を選んで出張査定を申し込む方法

申し込める業者を見てから依頼する業者を選びたい方はカーセンサーからネット申し込みをします。

 

こちらは過去に査定予約電話などが多くて困った方にオススメで、連絡方法をメール対応の業者を選んで申し込むことによって、不本意な状況での電話対応を防ぐことに役立つでしょう。

 

車買取・車査定【簡単ネット 車査定】 依頼内容入力2 - CarSensor
選びたい業者がわかっている方にオススメ!

 

⇒業者を選んで出張査定をしたいならこちら

 

電話連絡が嫌な場合人気がある車種の場合は出張査定の予約電話が殺到します。それだけ高く売れる可能性があると喜んでも良いのですが、不本意な電話連絡は対応に困りますよね。

そんなときは出来る限り電話連絡を使わずに業者とやり取りすることが可能です。

⇒業者からの電話が嫌な方は、出来る限りメールでの連絡を取る方法を詳しく見る