車を高く売る上で役に立つ装備とそうでない装備が存在します。

 

その装備が付いていることで査定額があがる、ついていも査定額は変わらない、もしくは下がってしまう・・・なんてものもあると思います。

 

今回は簡単な説明とともに並べてみます。

これはよかった!査定額が上がる装備

査定額が上がる装備の特徴はメーカーオプション関連が強いですね。

 

後からつけるような装備に関しては、それを個別に売ったほうがいいのでは?というものも多いです。

 

メーカーオプションは買うときに追加でお金をかけて納期まで延びるだけあって、査定額にも期待できるのでしょう!

 

ただし、皆様が欲しくなるような装備でなければいけませんが^^;

サンルーフ

お子様大喜びのサンルーフですね。

 

これは新車のときにメーカーオプションを指定しなければいけませんから、少しレアな一台となるでしょう。

 

当然、希少価値が高い装備で役に立ちますので査定額はプラスになるでしょう。

電動スライドドア

現在ではそれほど珍しいものではなくなってしまいましたが、それでもあるとないとではかなり差が出るでしょう。

 

車種全体に電動スライドドアが設定されている場合には、特に査定額への影響はありませんが車種の中でメーカーオプションの一部とされているときにはプラスの査定となります。

 

もちろん、電動で動くスライドドアが片側だけでなく両側であればさらに良いでしょう。

安全装備

安全装備には、自動ブレーキやバックモニター、さらにはアラウンドビューモニター。

 

現在は当たり前になりましたが、エアバッグやABSなども入るでしょう。

 

どんどん技術革新がすすんでいて、オートクルージングモードに車線補正機能が付いたり自動ブレーキのシステムがカメラだったりレーダーだったり、それらの複合だったり・・・

 

最終的なところはやはり自動運転になるのでしょうね。

 

もちろん、付いていることでプラス査定になりますし、自動車保険でも安全装備割引というものもありますので、大変価値のある装備です。

キーレスエントリー

私は昔の人なので、鍵を使わずにエンジンをかけるのが奇妙でなりません。

 

今後はこれが当たり前になるようで、鍵をもっていたら差し込むことなく車のドアを開けエンジンをかけるようになるでしょう。

 

現在は、まだ古い車ではキーレスエントリーではありませんので査定額に期待できるでしょう。

後席モニター

またまた、お子様が嬉しい後席モニターです。

 

これで嬉しいのはお子様だけでなく、他の搭乗者も嬉しいことがあります。

 

小さな子供が車に長時間乗っているとやはり退屈ですから、アニメなどを流すことになりますがこれでお子様の機嫌も良くなる、他の方々はいつも見るアニメをずっと見なくて済む^^;ということになります。

 

子供は同じアニメを見ていても飽きないのですが、周りはもういいよ・・・ということもありますよね。

 

もちろん、役に立つ装備ですから査定額はとんでもない欠陥が無い限りプラスになるでしょう。

付いていても査定額が変わらないもの・査定が下がるもの

付いていることが他との差別化にならない装備や逆に査定を下げてしまうものまであります。

 

差別化にならない装備は、取り外して個別にネットオークションなどで処分したほうが、最終的に得られるお金が高くなることも少なくありません。

 

また査定額を下げてしまうものに関しては、純正パーツがあるならそれも渡すと査定額低下を避けることが出来るでしょう。

ETC

ETCの親機は実はそれほど査定額が上がりません。

 

もちろん少しは考慮されますが、付いているから特別にということも無いというぐらいです。

 

換金したい場合には、査定前に取り外してネットオークションなどで処分することが望ましいでしょう。

 

また次に車を買うなら、再セットアップをすればすぐに使えますので、わざわざ売る必要も無いでしょう。

ルーフキャリア

サーブボードやスノーボードを屋根上に付けて運んでいる車を見ますよね。

 

あれがルーフキャリアです。

 

ルーフキャリアは、それほど評価されるものでもなく古い場合にはマイナスの査定になる場合があります。

 

査定額が少しあがるのはほとんど新品の場合です。

 

あまりにも古い場合には査定前に外してしまうほうが良いかもしれません。

 

もし判断が難しいなら、査定予約のときに聞いてみるとよいでしょう。

オーディオ

付いていると査定額があがりそうですが、実はそうでもないのはオーディオです。

 

私が車を買ったときには「MD」という小さなカセット方のディスクメディアが流行っていました。

 

当時は、MDが使えないオーディオはオーディオではない!というほどまで流行っていましたが、フラッシュメモリやipodの出現で一気に駆逐されました。

 

現在、MDドライブがついているオーディオは非常に古いものなのではないでしょうか。

 

このように技術の移り変わりが激しいので、陳腐化も早いというわけです。

 

そのため、高額なオーディオを買ったところでそれほど評価されない可能性があります。

 

ただし、ウーファーや音質にこだわっているものに関しては、車種によって評価されるでしょう。

 

古いものや性能の低いものは評価されない、高性能なものは評価されるといったところです。

カーナビ

オーディオと同様ですね。

 

最近はオーディオとカーナビが一体化しているものもあります。

 

最近は埋め込み型のほかに、簡単に取り付けが出来るもの、スマホのものとたくさんありますがオーディオ一体化のような高性能なもの以外は特別に評価されなくなったようです。

 

スマホが高性能化して、別段必要ではなくなった装備なのかもしれません。

 

これによって、安いものは全く評価されなくなり高価なものはオーディオも完備するようなものとなっています。

 

2極化がすすんでいますから、良いものなら評価されて、そうでないなら評価されないというところでしょう。

エアロパーツ

ドレスアップパーツの代表であるエアロパーツは査定額への影響が大きいでしょう。

 

マイナス方向に・・・

 

車がかっこよくなると思ってつけているエアロパーツも他の人にとっては趣味の悪い車となっている可能性が大きいです。

 

業者が欲しい車というのは、業者オークションですぐに換金できる車です。

 

エアロパーツはその車の条件を満たしていないケースが多いので、もし可能なら外しておくか純正パーツも一緒に渡すことが望ましいでしょう。

 

もちろん、スポーツカーの場合や希少で価値が出るような場合にはプラス査定にもなりますが、ほとんどの車の場合にはプラス方向の査定額への影響とはならないでしょう。

取り外して売るときの注意点

ETCやカーナビ、オーディオなど査定額に評価されないようなものに関しては、取り外してネットオークションで売ったほうが得られる金銭は大きくなる可能性がありますが、ここで注意点があります。

 

車を実際に見て査定するときには取り外しておくことが大切です。

 

査定をしたときの状態を維持しなければ査定の規約違反となるでしょう。

 

その場合には、ほとんど評価されていなかったのに、もしくは全く評価されていなかったのにマイナスの査定やペナルティーもありえます。

 

個別に売ることを決めているなら取り外しておくことが大切です。

 

査定額にどのぐらい影響するのか、先に知りたいなら査定予約のときや査定予約した後で車買取店に電話で聞いてみると良いでしょう。

 

以上、「査定時に有利になる装備やオプション」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。