5年落ちしたときには、車検を取らなければいけませんがそこで車を売るとなったらいくらぐらいになるのか気になる方も多いと思います。

 

車検以外にも、車を手放すとなれば5年で売却する方が多く、新しいモデルが出てくることや老朽化、そしてローンなどの終了で売却を検討するという方が多いのも特徴ですね。

 

そのため、おそらくは車を手放すとなれば5年で売るという方が多いわけですが、このときにどういったことを注意して車を売ると損がないのかということをお話していきます。

 

なお、2年落ち前後や10年落ちの中古車の場合には、別ページで詳しく解説をしていますので、そちらを確認してください。

 

⇒2年落ちの中古車を売るときの注意点

5年落ちの車相場

5年落ちで車を売るとしたら、人気の有無や需要によりますが、新車価格の2割~3割が相場といわれています。

 

もちろん、大きな事故をして修復暦があればさらに下がってしまいますし、それほど走行距離がすすんでいない車なら相場よりも高くなる可能性があります。

 

100万円の車なら20万円から30万円、300万円なら60万円から90万円といったところになります。

 

ただし、傾向として高い車ほど相場が下がる影響ガ大きいので、この法則が当てはまらず1割ということもあります。

 

特に、期待を背負って発売したときに思ったよりも人気が無い場合にはこの傾向が強いようです。

 

また外車は、買い取ったあとの市場が限られていますので、そのリスクの大きさから査定額が悪くなるようです。

 

もちろん、フォルクスワーゲンゴルフのような評価が高く売り易い車ならまだしも、マイナーな海外メーカーの車であったなら相場が厳しいものとなっています。

0円査定は基本的にありえない

どんなに安くても0円という査定額はありえません。

 

なぜなら、車検や自動車税の残りがあれば還付されるからです。

 

さらに車はくず鉄としての価値があることやリサイクル料金を既に払っていることを考えると0円査定というのはかなりレアなケースであることは理解してもらえると思います。

 

とはいえ、例外として引き取り費用と相殺して0円ということもあるかもしれませんので、最悪0円以上で車を処分するようにしましょう。

5年落ちの車を売るときの注意点

5年落ちしたといえども、せっかく数万円~数十万円、または百万円を超える場合もあるでしょう。

 

そのようなものを安く売ってしまってはもったいないですよね?

 

車を安く売らない、損をしないために行うことはそれほど難しいことではありません。

 

最も重要なことは、1社だけの査定で済まさないことです

 

例えば古本やゲームソフト、バッグを売るときに査定額を質屋やブックキングなどの古本屋を回ってどこが高いか比べるということはあまりしません。

 

なぜなら、どこが高いかどうかを比べたところで大きく差が出ないためです。

車の適正価格を知る意味

1000円で売れるものが1200円で売れてよかったというのは非常にナンセンスですよね?

 

しかしながら、10万円のものが12万円ではどうでしょうか。

 

2万円のために、10分多く手間をかけても良いですよね。

 

これは低い相場で比べていますが、50万円のものが60万円と10万円の差があるのならやってみようと思うかもしれません。

 

逆に、50万円相場の車を10万円で買われてしまったら40万円損してしまいますよね。

 

こんな具合に、価値が高いものに関しては相手もこちらも本気になりやすいものです。

 

そのため、古本などと異なりもっと積極的に査定を比較すべきなのです。

5年落ちの車を売るとき:まとめ

ただし、あなたが店舗に車を持ち込んで査定するのは手間がかかりますし、相手の場所に車を持っていくと不本意に車を売ってしまう方もいらっしゃるようです。

 

ディーラーや車買取店の営業マンは車を安く買うことに長けていますから、そのような相手のテリトリーに入ってしまったらあなたが不利な立場に立たされることが多いのです。

 

これらを解決する方法が1個だけあります。

 

それは査定業者があなたの家に来てもらうことです。

 

なぜ出張査定が良いかといえば、相手のテリトリーに入らなくて良いですし、電話やメールで業者を呼ぶことが出来ますからお手軽ですよね。

 

出張査定も確かに申し込みから電話連絡が来るなどのデメリットもありますが、現代で車を高く売る上では欠かせません。

 

そのため、出張査定を数社に依頼することが大切になるのです。

 

車を高く売ることに関心がある方は、インターネットで申込みが出来る査定サービスの詳細を確認してください。

 

⇒ネット車査定の詳細を確認する【利用無料】

 

以上、「5年落ちの中古車を売るときの注意点」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】