2年で車を売ろうと考えるあなたは車を出来る限り高く売りたい人ですよね?

 

実際に、2年落ちの車なら価値が高いですから、うまく立ち回ることで高く売ることが出来ます。

 

ただし、注意して欲しいのが油断すると安く買われてしまうことです。

 

なお、こちらでは2年落ちの車について解説しているわけですが、それ以外の5年、または10年落ちについてはこちらを参照してください。

 

⇒5年落ちの中古車を売るときの注意点

2年落ちの車を売るときのポイント

世の中、手間を惜しんで情報を調べない人はむしられるということを知っていますか?

 

あなたが車買取店の立場で考えてもらったら分かるでしょう。

 

価値が100万円の車を相手が50万円で売ってくれるというのに、

 

「いや、100万円の価値がありますから90万円で買わせてください!」

 

ということは起こりませんよね。

 

雑な例ではありましたが、どんなに善人であっても50万円で買って100万円で売って50万円の利益を得えたいと考えます。

 

90万円で仕入れて100万円で売っても10万円しか利益が出ませんから、50万円で仕入れる場合の5倍も動かなければいけません。

業者は営利企業なので利益第一の姿勢を知っておく

基本的にはあなたが車を高く売ろうと考えなければ高く売ることは出来ません!

 

むしろもっと悪いことに、とても安い値段で売ってしまって損をしてしまうことさえあるでしょう。

 

車を高く売りたいと考えているあなたは、確信も無くとりあえず高く売ろうとは考えてはいけません。

 

手間を惜しんで気合で高く売る、交渉力や人間力で高く売ろうと考えている人たちが安く売ってしまっているのです!

2年落ちの車を売るときの注意点

では、実際に車を高く売るための方法について確認して欲しいと思います。

 

車を高く売る方法ですがそれはずばり、

 

安く売らないように徹底する

 

これを徹底的にやることで自然と車を高く売ることが出来ます。

 

なぜそうなのかといえば、2年落ちの車は価値が高いからです。

 

価値が高い車を安く売らないようにするだけで、自然と適切な価格まで査定額が上昇するということです。

安く売らないためのコツ

徹底的に安く売らないようにすることはそれほど難しいものではありません。

 

ただ単に多くの業者に査定を依頼して比べることだけです。

 

実際、どこの業者も車を安く買おうとしていますが、それでも競合がいない場合だけです。

 

競合がいる場合には多少利益額を削ってでも買う必要があるでしょう。

 

2年落ちの車となれば状態としての価値が高いので欲しい業者は少なくないでしょう。

業者が高い査定を付けなければならない理由

中古車を買い取ってオークションなどで処分する業者は、あなたから車を買うことが仕入れにあたりオークションで車を処分することで売上をたてるわけです。

 

そのため、事業を行う限りは車を仕入れなければいけません。

 

それはどの業者にしても同じことですから、多少利益が少なくなったとしても仕入れなければいけないのです。

 

安く売らないように徹底すればよいという理由が分かってもらえたでしょうか?

 

安く売らないように複数の査定を比較することで自然と高く売れるというわけです。

 

車査定業者も使い様とはよく言ったもので、安く売ってしまうか高く売れるかの大部分はあなたの行動に掛かっています。

2年落ちの車を売るときの注意点:まとめ

ここまで、2年落ちの車を高く売る方法を見てきました。

 

手間を惜しんで車を売ると安く売ってしまうことを理解してもらえたでしょうか?

 

ただし、手間といっても車の査定依頼を複数業者にするだけですから、3分~10分ほどの時間です。

 

複数の業者を同時刻に出張査定依頼すれば、手間も時間も掛からずに査定額を比較できますから、絶対に手間を惜しまないでください。

 

出張査定は下取査定と異なり、無料で依頼できますからどうか惜しむことなく使っていただけたらと思います。

 

なお、一円でも高く売りたい方は私の経験に基づいた比較法があるのでこちらを参考にしてもらえたらと思います。

 

⇒車査定相場を調べるだけでは損をしてしまうのは本当か?

 

以上、「2年落ちの車を売るときに注意するポイント」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。