出張査定を依頼したときには必ず車をすぐに売って欲しいという交渉があります。

 

実は査定だけでも良いといえども、業者としては車を安く今すぐに買いたいというのが本音です。

 

売る気が無いときはまだしも、売ると決まっていたとしても安く買われるのは困ったものです。

 

ただし、業者も営利企業ですから車を安く買えるならそれに越したことはありません。

 

120万円で業者オークションに流せる車を100万円で買うのと80万円で買うのでは利益が2倍も変わってきます。

 

そのため、様々な手を尽くして安く買おうとしてきますので、今回は事前に対策できるように決め台詞と定番戦略を見ていきます。

 

特に業者が悪いわけでもなく、あなたが悪いわけでもないです。

 

あなたが逆の立場で、話術を磨くだけで利益が2倍になるならそうしますよね?

 

お互い最善を尽くしてよい価格で車を取引できれば良いと思い情報を公開します。

基本の営業トークスタイルを確認

あなたが満足して安い価格で売ってくれる、場合によっては無理やり安い価格で売らせる戦略となります。

 

あなたが満足できるようなところからはじめて、無理そうなら強攻策をとってくることが多いでしょう。

 

あなたを納得させるための要素としては、

  • 緊急性
  • 限定性

を織り交ぜてお話してきます。

 

具体的にいうと査定を一通り終えたところで、

 

「今この車を買いたいというお客さんがいるので、今すぐ契約してくれたら本当はこれ以上出せないのですが、5万円査定額に上乗せします!」

 

もっと、感情をこめて言われる可能性があります。

 

今この車を買いたいという人がいるかどうかはわかりませんが、大方嘘である可能性が高いでしょう。

 

そもそも、そんな車を買いたい人がいるならば業者オークションで取得して売ればよいだけの話です。

 

あなたの売る車は希少な車でしょうか?多くの場合そうではないはずです。

 

条件に合う車が都合よく見つかるなんていうのは、あまりにも出来過ぎではないでしょうか。

 

とはいえ、5万円の上乗せに関しては本当であるケースも多く、一概には悪いといえません。

 

しかしながら、必ず他の業者と査定を比べてからどこの業者に売るかは決めてください。

 

⇒即決は基本的に損である可能性が高い

 

後日、連絡するとその時の価格だったから今はもう出せないという例も少なく無いようです。

 

ただ、極端に安く売ってしまう可能性もありますので、即決は基本的にしないほうが良いということになります。

 

次に一見価値がなさそうな車の例です。

有料引取りを無料にするというオファー

ここでは、古い車などを査定に出したときに言われることをみていきます。

 

あなたが古くてこれは査定が付かないだろうと考えているとします。

 

これをうっかり査定業者に話してしまうと大変です。

 

「これは引き取るのにお金がかかるが、あなたは運が良い!今部品取りで使うあてが有るので無料で引き取ることができます!」

 

実は、車検があったり自動車税の還付などがあるのなら車に価値が無いことは珍しいです。

 

廃車などを0円でやっているようなのぼりを見たことがあるでしょうか?

 

あれは税金の還付や輸出してリサイクル料金の払い戻しなどで、おそらく1台あたり5万円以上の利益を上げている可能性があります。

 

⇒査定0円の車は廃車するしかないのか?

 

このように本当に価値がない車というのは逆に珍しいのです。

 

既にリサイクル料金も払っていますから、廃車に極端な費用がかかることもありません。

 

そのため、せっかくの価値がある車ですから少しでも高く買う業者を探しましょう。

後出しじゃんけん戦術

あなたが満足する最低価格を探ってくるのはどこの業者も行うことですが、最近は比較されてしまうのは当たり前の出来事のようです。

 

そこで、先に相場を言うとあなたから最低価格で買えないので、少しでも後から査定額を言うことで高い査定額を言わずに済みます。

 

他の業者よりも少しだけ高い査定額でいえばよいので、後から査定額を言う業者が有利となります。

 

このことから後出しじゃんけん戦術ということなのですね。

 

それに対して、すぐに電話のアポを取って速攻戦術というのもあります。

速攻戦術で早期決着を狙う

これは冒頭で説明した緊急性と限定性をあわせたオファーで今契約したら得だというオファーを打ち出してきます。

 

なお、契約の無条件解除はできない場合が多く、解約には高額な違約金を請求されるケースがあります。

 

⇒車の訪問買取にはクーリングオフが適用されない

 

車の訪問買取にはクーリングオフが適用されませんので、安易な契約をしないようにしましょう。

 

ここでも即決が損である可能性が見て取れますね。

 

なお、速攻戦術のために査定申し込み後は電話がなり続けるということが起きています。

 

まだまだ始めにコンタクトを取った業者に安く売ってしまうケースが多いのだと思うともったいないですね。

高圧的な営業マン

若くて数字が欲しい営業マンはやる気が悪い方向に向いてしまい高圧的にセールスを行うケースがあります。

 

能力の高い営業マンや成績の良い営業マンは基本的にこういった高圧的な態度をとりません。

 

言っていることが支離滅裂で、主張だけするタイプの営業マンと交渉しても安く買うことだけを目的としているケースも多いです。

 

このような営業マンが着てしまった場合には、査定額だけ聞いて他と比べて高かったら連絡するということですぐに帰ってもらいましょう。

交渉しようとするとあまり良い結果にならない

ここまで営業マンの戦術などを見てきました。

 

あなたが車を売るのは生涯に3回から多くても10回以内でしょうけど、彼らは1年間に1000回ほどこういった場面に立ち会っているわけですからスキルと経験が雲泥の差となります。

 

先ほど、新人ほど高圧的な態度で安く買い叩こうとするということで説明しましたが、玄人ではいつのまにかあなたは高く買ってくれたと感謝して車を安く売ってしまっているような状況を作ってきます。

 

そのため、正面から交渉しようとするとあまり良い結果になりません。

 

結局のところ、他の業者と比較をして査定額を上げるという以外に、あなたが車を高く売るために取れる施策というものは無いのかもしれません。

 

そこで、出張査定を依頼するときには必ず複数社に依頼するようにしてください。

 

1社のみではどうしても安く売ってしまいますので、高く売る気はなくても安く売るのは困るという方においてもそのようにしたほうが無難です。

 

⇒多数業者に出張査定を申し込むときの注意点

 

車を高く売ることは簡単ではありませんが、安く売らないように気をつけることは難しいことではありません。

 

少なくとも安く売って損をしないようにだけは気をつけて欲しいと思います。

 

安く売りたくない人はこちらを確認

 

以上、「実車を見て査定額を言わない業者」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。