ガリバーの入金は遅い?サムネイル

ガリバーの入金は遅い?3行まとめ
  • ガリバーの入金は他業者と比較しても遅くはない、むしろ最短2営業日と早いほうである
  • できる限り早めに入金をするなら、車売却の準備をしておくことが大切
  • 即日現金払いの業者もいるのでどうしてもすぐ現金が必要ならそれらを利用する

⇒ソッキン王・カーセブンは即日現金払い対応!申し込みしたい場合はこちら

なんとか高く売ろうとして、車を売って次に気になるところがいつ入金するのか。

 

特にガリバーなどの大手では入金日程はどのようになっているのか、借金の支払い期日が迫っているときなどは、いつ入金するのかが気になりますよね。

 

こちらでは、車買取の大手業者についていつお金が入金されるかを調べてみました。

ガリバーの入金は遅くない

即日現金払いの業者を除けば、ガリバーの買取代金入金は決して遅いものではありません。

業者名振込までの期間
ガリバー最短2営業日
ビッグモーター不明(1週間以内が目安)
カーセブン所定手続き後3営業日以内
アップル店舗により異なる(1週間以内が目安)
カーチス後日振込(1週間以内が目安)
ラビット不明(1週間以内が目安)
ソッキン王原則即日

※店舗や時期によって異なる可能性があります。確実なのは実地査定予約のときに聞くのが良いでしょう。

 

フランチャイズの業者もありますので、一概には言えませんがガリバーは各業者の中でも買取代金の入金は早いことが確認できます。

なお、入金までの期間については詳しくは次のページで話していますので参考にしてください。

出来る限り早く入金させる方法

早い入金には早い行動以外にも大切な要素があります。

それは書類の用意です。

 

書類は主に6種用意する必要がありますが、手間がかかるのは役所で取得する印鑑証明書なので、査定前に少し時間が取れる方は、最終的には必要になるので取得しておいてください。

残りの書類は紛失などをしてしまうと、再発効しなければいけません。

 

つまり、現金取得までの時間を出来る限り短くしたい方は、事前に書類を欠けることなく用意しておくことで待機期間を最短することに貢献します。

車を売るときに必要な書類

車を売るときに必要な書類は普通自動車と軽自動車で異なります。

とはいえ、具体的なところでは普通車においては実印が必要なところ、軽自動車では認印でも問題ないというぐらいです。

 

なお、書類を出張査定前に用意することで、業者に対して車を売ることについて積極的であることをアピールできますので、先に用意できるなら集めておくと良いでしょう。

普通自動車の場合

普通自動車の場合においては車を売るときに必要な書類は次の7つです。

  1. 自動車検査証※
  2. 印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2 通)※
  3. 自賠責保険証明書
  4. 自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
  5. 実印
  6. 振り込み口座
  7. リサイクル券(預託済みの場合

※自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下のものも必要になります。

その他に住所変更などがあった場合に追加で必要になる書類もあります。

  • 一度の住所変更があった場合:住民票
  • 複数回の住所変更を経た場合:戸籍の附票または住民票の除票
  • ご結婚などで姓が変わっている場合:戸籍謄本

次に軽自動車の場合です。

軽自動車の場合

軽自動車の場合に注目したいところは印鑑が認印でもよいということになり、それによって普通車と異なり印鑑証明書が不要になります。

  1. 自動車検査証(現住所、氏名をご確認ください)
  2. 自賠責保険証明書
  3. 軽自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
  4. 印鑑(認印可)
  5. 振り込み口座
  6. リサイクル券(預託済みの場合)

軽自動車を売る場合における書類用意は認印関連以外は普通車を売る場合と書類の名称以外は変わりません。

買取時に書類を揃えるメリット

書類が用意されていると車を売ることができるということを主張できるようになり、買取業者としては車の買取をして初めて出張査定などの人件費を初めて回収できるので、車オーナーとしては査定額が有利に運ぶことに役立ちます。

  1. 査定業者が協力的になる
  2. すぐに手続きを開始してくれる
  3. 業者間で競ってくれるため査定額が高くなる

車査定業者はできれば早く車を買ってすぐに換金したいのです。

 

そのため、時間的に早く動いてくれるなら協力もしてくれるし、どこの業者も多少競争してでも取得しようとします。

こういった事情から協力的になり、競ってくれるため査定額があがるわけですね。

 

さらにすぐに手続きが始められますので、早い振込みが期待できるでしょう。

先に入金を早くしてほしいことを言ってはいけない

急いで売ろうとすると業者はあまりよい査定額をつけてくれない可能性があります。

売ることが確定している相手から高い金額を出して車を買うことはないということですね。

 

そのため、業者に車を早く売って換金したいと悟られてはいけません。

査定額が確定してから、最終的に書類をそろえたし早く手続きをして欲しいというのが良いでしょう。

 

このようなことから早く売りたいということを悟られずに交渉に臨んでください!

入金を早めたいときの流れと日数

車を売って入金を早めたいという場合には、できる準備をしていおくことが大切であり、書類を用意しておくことはその一つの要素です。

次に説明するのは車を売る場合の流れと日数です。

  1. 申し込み(1日目)
  2. オペレーターからの連絡(1日目)
  3. 実地査定(1日目・2日目)
  4. 査定額に合意したら売却契約をする(1日目・2日目)
  5. 車引渡し(1日目・2日目)
  6. 入金(4日目から10日目)※

※振込で入金が主なため銀行営業日によって日数が変わってくる

あなたができることは1~5を早く済ますことです。

どうしても早く入金して欲しいなら申し込みから車引渡しを半日で終わらせましょう。

 

最近は午前中に査定申し込みをして昼に車引渡しも可能ですから売ると決めたらすぐに査定を申し込み、それから書類をそろえるのが良いでしょう。

入金を早めるなら引き渡しの準備を進めておく

以上のように書類というものがネックになりますが、入金日に関しては業者によりまちまちですね。

そのため、入金日を気にする方は査定会社を選ぶことができるカーセンサーがオススメです。

 

あなたの対象地区にソッキン王・カーセブン・ラビット・カーセブンなどあるなら早い現金化が期待できるでしょう!

ガリバーの入金も他と比べて遅いとはいえ、担当者次第でも変わってくるでしょうから車を査定するときには入金日程について質問してください。

 

なお、少しでも高く売るためには他の一括査定も並行してご利用ください。

 

JADRI業者一覧
一般社団法人 日本自動車流通研究会に加盟する優良業者

⇒他の業者とも査定額を比較して高く売りたい方はこちら【無料】

 

お役立ていただけたら幸いです。