車を買い換えるときには下取り査定に出しますけれども、実際にはこの評価結構低いまま車を手放す方が多いことをご存知でしょうか?

 

例えば、5年落ちの車ですと新車価格の10%から20%前後の評価を受けることがありますが、最低ラインの10%などで手放してしまう方が多いのです。

 

出来れば車を買い換えるならば、出来る限り下取り査定評価が高いほうがお金が残りますし、それで高いグレードの車やオプションも選択できますね。

 

お金があって困ることはありません。

 

こちらでは、なぜ下取り査定の評価が低くなってしまうのか、そしてその解消方法について説明していきます。

評価方法によって査定額が変わる

5年落ちというと良く車を利用した方の車であれば、それなりに使用感も出てそれが評価に影響してきます。

 

こんな車は、オーナーによっては高く売ることは難しいだろうと考えてしまいますから、下取りで妥協するわけですが実際には想像しているよりも高く評価されることが多いのです。

 

当たり前ですが、中古車が多少使用感があるのは当たり前のことで、車を買う側からすると実のところそれほど気にしていなかったりします。

 

このことが、相場があなたが思っているほど悪くない理由なのですが、一番大きく影響するのはあなたが納得して業者の値引き査定に応じてしまうことです。

 

車の相場を知っているならば、そんなことはないのでしょうけれども、多くの方が相場を知っているということはありません。

 

つまり、相手の言い値次第では車を安く売ってしまう可能性があるということです。

 

このことから、あなたは納得して車を安く売ってしまう要因は実はあなたの中にあるのです。

 

多くの場合には、あなたが思っているよりも車は価値があることが多いので、あきらめずに車を高い評価を受けられるようにしようと考えてみてください。

 

次に具体的に車を高く評価させるための方法についてみていきます。

 

まず、前提として車査定評価を比較しないとあなたは車を高く売ることは出来ません。

なぜ査定額を比較するのか

車買取業者やディーラーは出来る限り車を安く買ったほうが業務上では良いのです。

 

当たり前ですが、車を高く買うよりも安く買ったほうが利益が出ますね。

 

ですから、あなたから理由なく車を高く買うということはしません。

 

この理由なくというのは、もちろん理由があれば車を高く買うことになるのです。

 

商売上、下取りの場合にはそれほどでもないですが、買取業者では車を仕入れないと利益が出ませんので、最終的には仕入れることになります。

 

ですから、事業として利益を出すためにあなたの車を高くても買いたい、もしくは買わないといけない状況を作ることが重要になります。

 

これが車を高く査定評価されたいのならば比較しなければいけない理由になります。

下取りが不利といわれる理由

車を処分する方法については、大きく二つあります。

 

車買取業者に車を売る買取、そしてディーラーなどに車を売る下取りがあります。

 

この二つでディーラーによる下取りが査定上不利になりやすいのです。

 

なぜこのようなことになるかといえば、両者は営業目的と評価方法によって違うからです。

 

営業目的は異なることの影響

先ほども申し上げたように買取業者とディーラーでは利益の出し方が異なります。

 

買取業者は車をあなたから仕入れて、それを業者オークションで転売することによって利益を出します。

 

他方、ディーラーは新車を販売してこれによって利益を得るのです。

 

もちろん、それぞれ別の事業もありますので、一概に評価は出来ませんが、いずれにしても主たる事業はこのようになっています。

 

このことから、買取業者から比べるとディーラーは下取りを積極的に行う必要はなく、ただ新車販売の都合上車を買い取っているに過ぎないといってもよいのです。

 

このことが、査定を高く行うことに積極的ではないということになります。

 

誤解して欲しくないのは、ディーラーも格安で下取り処分してくれるなら大いに歓迎ということですが、高く買うことは考えていないことが多いということです。

 

ディーラーにとっては新車が売れればとりあえずはOK!ということになります。

 

査定方法で有利不利がある

車買取業者が行う査定については、業者オークションの相場に連動して決まっています。

 

中身を言うと、車買取業者のビジネスは転売で利益をつむもので、あなたから仕入れた車をすぐに業者オークションで換金するというものになっています。

 

ほとんどの車買取業者は同じようなビジネスモデルであって、つまりこのことが意味しているのは最終処分先が同じなら査定額の上限も同じであるということです。

 

もちろん、ここから経費や想定している利益などを引いた額になりますから、業者ごとに提示する査定額は異なるわけですが、最終的に目指している場所はみな同じということになります。

 

ですから、業者オークションで評価されるような車やこの価値の変動がリアルタイムに行われているわけで、買取業者による車評価は流動的なものとなります。

 

それに対して、ディーラーではあらかじめ決まった額の査定を行うということが多く、車に対する査定評価は固定的である場合が多いです。

 

このことが直接影響をするのは、例えば社外品などでドレスアップしていたりするときには、この評価は買取査定では評価されても下取り査定では評価されないことが多いのです。

 

あらかじめ決まった査定額で評価する下取り査定においてはこのような点で不利になることが多く、さらに業者オークションのほうが相場水準が高いこともあって、下取り評価が不利になりやすいということになります。

 

ただし、業者オークションで見向きもされないような車が下取りでは一定の価値があるときがあります。

 

このようなときには下取り査定も悪いものではありません。

 

どちらが良いのかは車次第になりますが、大方買取査定のほうが有利になるケースが多いですが、時と場合によって使い分けるということを覚えておいてください。

査定額を競わせる理由

ここで査定方法によって説明してきました。

 

車処分については、下取りを前提としているときには、車を買い換えることになりますから、新しく買う車の値引き的性格がある下取り車を買取査定に出しても大丈夫なのか?と考える方もいるでしょう。

 

でも実際には処分しても同じことなのです。

 

つまり、下取りによる車体評価は値引きとして利用されますが、買取で換金した額を新車購入費用に充てることで両者は同じ性格を持つということになります。

 

違いがあるとしたら、ディーラーの心象が若干悪くなること、そして手続きが買取業者へ車の処分と車購入が別になるぐらいでしょう。

 

なお、一般にディーラーの心象が悪くなることを避けたほうが良いといわれていますが、別にディーラーの利益についてあなたが考える必要もなく、実際に得られる金額の差は無いと考えても良いでしょう。

 

つまり、商売上のお付き合いである以上、相手にお人好しはいないと考えたほうが損をしないで済みます。

 

金額的に得をしたいならば、高く評価される方法で車を処分すべきでしょう。

下取りに出しても買取の査定は受ける

ここまで説明してきたように、下取りに出すことで手続きをかなり簡略化することが出来ます。

 

車を売ることで書類を用意しなければいけないということと、車を買うことで書類を用意しなければいけないということがあるからです。

 

ただし、どちらもたいした問題ではなく、おそらくは平日に役所に行って印鑑証明を取るぐらいの面倒さでしょう。

 

ですから、重要なことはあなたは金銭的な得を出来るかどうかということになります。

 

もし、あなたが金銭的な得を取りたいと考えているならば、下取りに出すとしても必ず買取査定に出して車の価値を調べてください。

 

なぜかといえば、下取り査定においても最初は査定額が低いところから始まるからです。

 

そこから、交渉するためにも車の価値を知っておく必要があるということです。

 

交渉することで面倒な客だと思われたくないなんて思わないでくださいね。

 

相手も、あなたが隙があればいくらでも利益を上げるために高い金額で車を売ろうとしてくるわけですからね。

 

査定額が低いと考えているならば、すでにあなたは相手から安く車を買おうとされているわけで、それを考えれば査定額をあげてもらうのはお互い様ということになります。

 

つまりは、下取りに出すとしても金銭的な得をするためには、車の価値を知るために買取査定を行って車の価値を調べてください。

 

結果としてあまりにも高い金額で査定額が付けばそちらで処分しても良いでしょう。

 

得をしたいと考えている方はこの方法を試して損をしないようにしてくださいね。

 

⇒下取り査定を見直したい方のネット査定申し込みサービス詳細【無料】

 

以上、「5年落ちで下取りに出す前に見て欲しい注意事項」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。