改造車を普通に下取りに出そうと考えるとどうしても不利な査定になります。

 

下取り査定にも良いところはあるのですが、査定方法が買取査定よりも改造している車にとっては不利なのです。

 

でも、ここで疑問に思うのがどうして下取り査定だと改造車は不利なのかということ。

 

下取りも買取も結局車をどこかで処分することを考えると同じであるはずなのにです。

 

今回は、改造車の下取り査定評価が不利であることと、高く換金できるための対象法についてお話していきます。

下取りで改造はマイナス評価

最近はマシになったと聞きますが、下取りの査定評価基準がかなり固定的なことが原因です。

 

車種と年式、または走行距離などのその他の情報によってある程度固定的に決まる下取り査定はそこから改造部分によってプラスしたりはしません。

 

当然、表面上はそのような話をしてくるかもしれませんが、ディーラーが個別にパーツ自体を転売するという構造を持っていないのです。

 

ですから、車一単位を見る場合において、改造車はまず純正パーツが付いていないことでマイナスですし、それ自体の評価をすることもないということになります。

買取と下取りが比較される理由

下取り査定が固定的に評価される点についてはお話したとおりですが、それに対して買取査定はどのように行われるものなのでしょうか。

 

まず買取査定というのは車買取を専門に行う業者が行う査定です。

 

この査定は業者しか入れないオークションでの相場を基準にして、査定額が決められるために、改造車においても欲しいと思う、もっと具体的にいうと市場的に価値があるならば一般の状態よりも高く評価されます。

 

それに対して、改造した箇所が逆に市場で価値がないということならば、当然価値は下がってしまうでしょう。

 

このように、流動的にプラスにもマイナスにも評価を行うのが買取査定であることを考えると、せっかく改造した箇所をマイナス評価しかしない下取り査定において不利になってしまうことは言うまでもありませんね。

 

つまり、このように評価基準が異なることによって買取査定と下取り査定では差が生じてしまうということになります。

 

でも、ここまで見ると下取りが不利に思えますが、実は下取りも良いところはあります。

下取り査定のメリット

下取りは車の買い替えを前提に行っていますので、手続きの面倒を省くことが出来ます。

 

これは車を買うときの処理、そして車を売るときの処理を一括して行うことが出来ますので、あなたとしてはディーラーに書類などの手続きを丸投げすることが出来るということになります。

 

もちろん、買取業者に車を処分したとしても、それほど面倒なわけではありませんが、やはり下取りのほとんど手続きをしなくて済むことと比べると、下取りのほうが面倒は少ないということになります。

 

また、買取では査定が付かないような、言い方は悪いですがどうしようもない車についてでも下取りでは一定の評価をつけることがあります。

 

これはディーラーが車を売ることで利益を出すということから、車さえ売れてくれれば多少は値引き的な側面で優遇してもよしと考えるからです。

 

古い車をずっと保有する方というのはほとんどいませんから、新しい車を買えば古い車は処分することになります。

 

これを有利に処分してくれるならば、下取り査定も捨てたものではありません。

 

このように、下取り査定にも良いところはありますが、普通に動く車で不可分なく使えるならばたいていの場合には買取査定のほうが有利である場合が多いです。

 

特に改造車ではここまでお話したように査定評価が不利になりやすいことを考えても明確なのではないでしょうか。

 

最後にせっかくお金を出して改造したのに、むしろ感情むき出しでいえば絶対良いと思う改造をしているのにもかかわらず低い評価をされることに腹立たしい方は少しでも高く売る方法を2つ紹介します。

改造車を安く売らないためのポイント

一つ目に、純正パーツがある方はこれを買取業者に引き渡すことで査定額のマイナス影響をほとんどなくすことが出来ます。

 

ほとんどというのは、例えば付け外しに手間を要するものならばその手間分が、もしくはボディーに穴を開けて装着した場合には、その分だけ査定額が低くなることは避けられないからです。

 

さらに、手間をかけても可能なら、査定前にその改造パーツを外しておいて、ヤフオクなどのネットオークションで個人間で売ることで適切な値段で処分することが出来るでしょう。

 

車を売るとなればそれなりに面倒も多いですがパーツ単位ならばそれほど困ったことになりません。

 

ただ、注意点としては実際に車を見て査定額を決めるわけですが、このときにはパーツは絶対に外しておいてください。

 

その改造パーツが例えマイナスの査定を及ぼすものであっても、それ以後に状態を変更することは査定のルールから外れてしまいます。

 

そのため、車を査定したらその後に状況を変化させることは絶対に無いようにしてください。

 

個別にパーツを売るならば査定前に外しておくことは守ってくださいね。

 

一つ目は純正パーツがあるならば、業者に引き渡すかもっと得をしたい方は個別に売るかです。

 

二つ目は高く評価する業者を探すことです。

 

多くの業者の査定額は業者オークションの相場が上限であり、ここから利益分や経費を差し引いたものがあなたに提示する査定になります。

 

そのため、想定する利益額などで査定額に差が生じるわけですが、実際にはそれ以外で処分する場合もあります。

 

例えば、車を売るルートとして改造専門店などがあるときには、そちらで売ったほうが高く売ることが出来ますので、他の業者よりも高い査定額をつけることが出来るということです。

 

通常、改造した改造車というのはマイナスの評価を受けやすいものですが、改造車を取り扱っているところであれば、せっかく取り付けたパーツを適切に評価してくれるというわけです。

 

このようなルートを持っているかどうかは業者によってまちまちで、こちらからなかなか判別できるものではありませんし、むしろ買取業者がそういった業者である場合もあります。

 

そのため、あなたはどの業者に依頼することが高く売ることにつながるかということを考えるよりも、高く買う業者を探してしまったほうが早いでしょう。

 

もちろん、事前にそれがわかっているならば、その業者に直接問い合わせてもよいのですが、車査定額を競争させる観点から考えると必ずしも良いとはいえません。

 

車買取業者も利益を出来る限り増やしたいと考えますから、車を出来る限りやすく仕入れたいわけで、競争がなければ高い額であなたの車を買おうとは思いませんよね?逆の立場ならあなたもそうするはずです。

 

ですから、競争させているという事実を持って、査定評価をさせる意味でも車を高く買う業者を探すということは大変重要なのです。

 

最後にまとめると、改造車を高く売るためには、ひとつにはパーツ単位で処分することや純正のパーツをつけること。

 

もうひとつは高く買う業者をあきらめずに探すことです。

 

そして、一番やって欲しくないのは改造してあることで買い叩かれて安く売ってしまうことです。

 

あなたは車をどこに売るかということを決めることが出来ますので、安くて気に入らないなら車を売る必要は無いことを忘れないでください。

 

⇒査定比較に便利なネットサービス詳細【利用無料】

 

以上、「改造車の買取と下取り」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】