車を高く売る方法などは腐るほど世の中に出回っていますが、下取りで得をする方法というのはあまり見ないですよね。

 

⇒車を高く売る方法についてはこちら

 

下取りにも良いところがありますから、結果的に下取りになったとしても損はしたく無いという方は少なくないはず。

 

最近、マツダディーラーでCX-5を買った親戚の話も踏まえてお話していきます。

ディーラー販売員の言いなりになってはいけない

何でもそうですが、情報に強く交渉力がある相手は基本的に何かしらの策を打ってきます。

 

車の買い替えにおいても同じですね。

 

知らぬが仏ではないですが、適切な相場が分からないから安く買い叩かれても、情報弱者には文句を言うことは出来ません。

 

そしてこの世は、弱者に対して住み良い世界ではないようです。

 

法律で保護しようとしても限界があり、結局強者に対しては屈する定めにあります。

 

ですから、何を言いたいかといえば最低限の知識はつけてから下取りに出さないと損をする可能性があるということです。

なぜ下取りで損をしてしまうことになるのか?

例えば他の業者に売れば30万円の車が、ディーラー下取りでは何とか頑張って5万円です!なんていわれるとします。

 

あなたは30万円で車が取引されているという情報を知らないので、頑張ってくれて5万円なら下取りに出してもらおうと考えるはずです。

 

オープンプライスの物品取引の多くはこんなものです。

 

もしあなたが30万円の価値があると知っていたらこうはならないはずですよね?

 

この相場情報や価値を知らないことで損をしてしまうわけで、買取に比べて下取りの場合には情報を知らない方が多いので相対的に損をする人が多くなる現状にあるようです。

関連記事

車査定のトリセツ・キャラクター2下取り査定をしたら金額が低すぎてがっかりしたことはありませんか?

実は査定額が低いのは、あまり人気などを考えて査定額を決めていないことが原因です。

⇒下取り査定額を上げる方法を詳しく見る

ディーラー側の事情について

販売店では、基本的に車が売れればそれでよいはずなのです。

 

しかし、やはり格安で車を仕入れることが最近はノルマかなにかあるのかもしれません。

 

というのも、親戚の話になりますが、マツダディーラーで商談を進めていたら、いつの間にか下取りに車を出すことになっていたらしく、値引きなどのプランも既に組んでいるから下取りしてもらわないと困るとの事。

 

私の知る限りでは、下取りはオマケみたいなものだと認識していたので、少なからず驚いてしまいました。

 

最近は、下取りで格安仕入を行って横流しして利益を得るという流れもあるのかもしれませんね。

 

ところどころ出ている数字は、親戚が商談を進めたときの下取り額で、トヨタヴォクシー2世代前の型で5万円の下取り査定だったものを、30万円ぐらいまで交渉したと言っています。

 

もちろん、オプションなどで代用した値引きもあったでしょうけれども、相場を知っていたからこそ交渉が出来たと言っていました。

 

言い方は悪いですが、隙があればいくらでも追及されたりむしり取られたりするので注意が必要です。

下取りで得をするには市場の相場を知ると良い

ここまで説明してきたように、情報弱者は損をする可能性が高いので、多少は知識をつける必要が有ります。

 

よくインターネットで買い叩かれた!というクレームを書き込んでいる人がいますが、そうなる前に準備しておけばよかったのにといつも思います。

 

何かが起こってからでは後の祭り、できることなら先に準備をして磐石の態勢で臨みましょう。

 

さて、相場を知る方法ですが簡単な方法は中古車雑誌で似たような条件の中古車を5件ほどピックアップして、平均した相場から-30万円前後したところが買取相場の限界値です。(車種によって異なるが大衆車の場合はこんなもの)

 

これは業者オークションの相場であって、車買取業者が引き取った車はそこで処分されるので、査定相場の基準は業者オークションの相場になるわけですね。

 

もちろん、限界値であって下取りの場合には会社の方針として安く買い叩くことを宿命としているので、これより当然ながら安くなってしまうでしょう。

 

確実ではないですし、ある程度の指標として利用するべきです。

 

もっと確実な方法は実際に査定をしてもらうほうが早いです。

 

今は無料で出張査定を受けられるサービスがありますので、そちらを利用するのが良いでしょう。

 

⇒無料出張査定サービスはこちらから

 

私の意見としては下取りにこだわらずに買取で高く買ってもらえるならそちらにお願いしたほうがお得です。

 

下取りの値引きも、買取による換金でその売却金を車購入代金に充てたら結局同じですよね?

 

下取りよりも手続きは1時間ほど多く掛かるかもしれませんので、お金が大事だという方は買取を取ればよいのではないかと思います。

 

まとめると、下取りは情報を知らない状態でいくと大体買い叩かれるので、査定相場をある程度調べてから臨むと交渉の余地が出てきます。

 

親戚のように古い車でも25万円近く変わってくるわけですから、どうか下取りで損をしないようにしてくださいね。

 

以上、「車の下取りで【損をする人・得をする人】」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

関連記事

車査定のトリセツ・キャラクター2車は長く乗ったほうが得か、それとも買い替えが得か、あなたは知っていますか?

実は買い替えの時期によって、どちらが損か得かは変わってきます。

⇒車買い替えで損をしない時期を詳しく見る

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。