車検は高いもので30万円前後しますので、切れてしまうときには大変大きな支出が伴います。

 

一気に30万円を払うとなると、車検を取るか車を売るか悩んでしまうほど深刻な状態になりますね。

 

実際に、車検が取れなくて車を売るという方も多く、新車から3年目、または5年目、7年目と車検のタイミングで中古車が多く流通していることからわかりやすいですね。

 

それでも、せっかく買った車を売るとなってはもったいないわけで、せっかくなら車検を取って乗りたい・・・という方のために今回は車検の費用を節約する方法、つまりは安く車検を行う方法についてお話します。

 

なお、車検で必要なお金が足りないときは、低金利の銀行ローンも使えますので、興味があったら仮審査を通してみると良いでしょう。

 

⇒借りられるか5秒診断で今すぐ確認するならこちら

車検整備費用を節約することが重要

車検の費用を節約するのは、車検に必要ない整備項目の費用が大きくなることを防ぐことが重要です。

 

つまり、車検のときには車検場で車をテストするわけですが、このテスト以外の内容についても整備してくれるのが高い車検ということになります。

 

この車検を行う以外の項目というのは、安全に快適に車を乗るためには必要なことですが、こと車検を取得するという目的から考えるとそれほど重要な整備ではないということです。

 

ただ、車オーナーには整備を行うという義務がありますので、全く整備しないというのは問題がありますがとにかく車検を取らなければいけないというときには必要最低限の整備で車検を通過することが、費用を抑えて車検を通す方法ということです。

車検費用は絶対に必要なものとそれ以外で考える

車検には絶対にかかる費用とそうでない費用があります。

 

車検を行ううえで絶対にかかる費用というのは、税金であったり自賠責保険であったりがわかりやすいですが、その他整備をしないと通過しない項目も入ります。

 

車検時には、車が車検を通過するに足るかチェックするのですが、タイヤ項目についてスリップサインが出ているようなタイヤでは当然通過しません。

 

つまり、この場合にはこの交換費用というのは絶対にかかる費用ということになります。

 

それに対して、ブレーキを動かすための液体などはメンテナンスをしなければいけませんが、これを交換することは車検自体に必ずしも直結しない場合があります。

 

これはエンジンオイルやATFなども同様で、整備したら快適に車を乗ることが出来るわけですが、車検には直接必要ない整備項目となります。

 

車検を安く済ませるには前者の絶対かかる費用は仕方ない、もしくはその中でも節約をするような方法を取るとして、後者は極端にカットしていくような方法が望ましいと言えるでしょう。

 

これらの違いによって、最安値では7万円前後から、最高では30万円を超えるものまである車検ですが、普通にディーラーに持っていくと様々な面を整備してくれるわけですから、やはり車検費用については高く付いてしまうということになります。

 

最安値の場合には、車オーナーが自ら車を車検に出す方法で、税金や自賠責保険などの法定費用とパーツ交換の費用しかかからないということになりますので、最安値で行うことが出来ます。

 

その間に、車検専門店であったりガソリンスタンドの車検があるわけですが、ここでは車検専門店をその中間案にしようと思います。

 

次には車検の方法によって値段が違うものはどのような構成になっているのかを確認していきます。

 

一番安いユーザー車検

ユーザー車検は必要最小限の車検費用しかかかりません。

 

その内訳は、先ほど申し上げたように自賠責保険と自動車重量税、そして印紙代などの手続きにかかるお金が最低限の費用となります。

 

その他、例えばタイヤがボロボロならば交換しなければいけませんから、これの交換費用ということになります。

 

ここで重要なのがタイヤをそのまま新品に交換しないということです。

 

というのも、タイヤというのはタイヤの種類によってかなり価格は異なってくるわけですが、車検費用が高いという理由にはこのタイヤ交換費用が密接にかかわってくるのです。

 

タイヤは車の場合に4つ交換しなければいけないこともあって、安くても2万円前後、高いと5万円を越えてしまうケースもあるわけです。

 

このように、車検費用は交換するパーツによってかなり差も出てくるわけで、そうなってくるとユーザー車検も高くなるから困るという方もいらっしゃいますよね。

 

ここで先ほどお話した新品のタイヤを使わないということが重要になってきます。

 

通常は新品のタイヤを入れるところですが、ここでは品質の良い中古タイヤを使うなどの方法を取ることでこの高い費用を安く抑えることが出来るわけです。

 

私もお金が無いときにはユーザー車検を行ったことがありますが、タイヤが悪かったので中古のタイヤを用意して10万円かからないで車検を通しました。

 

とはいえ、ユーザー車検はある程度DIYを行うことが出来る方が限定となってしまうので、普通に車を保有しているだけという方はこの方法はあまりオススメではありません。

 

やってみたいと思う方や、普段から機械いじりが好きな方は挑戦してみてください。

 

価格としては10万円前後で車検を取ることが可能です。

 

手厚い整備があるディーラー車検

次にお話するのが通常車検に出したときにはお世話になるディーラー車検です。

 

ディーラーは「●●無料定期点検」なんていう名目であなたに対して車検整備をするアプローチを取ってきますので、たいていの方はディーラーに車検を依頼することになるでしょう。

 

ディーラー車検は高いわけですが、一概にそれが悪いというわけではありません。

 

というのも、普段から整備を行っていない方にとっては、車検のときに行う整備は非常に重要で、例えばブレーキなどの制動部分にかかわる整備なんていうのは全く見ていないなんていう方も少なくありません。

 

また、エンジン部のオイル交換についてはチェックしていても、デフやATFなどを確認する方も少ないので、この機会に全てを確認するというのは悪いことではないのです。

 

ただ、冒頭でお話したように支出するお金を極力少なくしたいと考えているならば、このような全面的な整備は必ずしも合理的ではありません。

 

特にここでお話しているのは安く車検を取得することですから、ディーラー車検はオススメではありませんね。

 

なお、ディーラー車検を依頼すると大体30万円前後が相場ですが、場合によってはパーツの交換などで40万円を超えるケースも無いわけではありませんので、お金が無いときには実質的に利用するのは避けたいところです。

 

ほどほど整備の車検専門店

最後にお話するのが最近出てきた車検専門店です。

 

この業者の特徴は車検を行う設備を自社内に持っていることが多く、これを利用することで休日でも車検を受けることが出来る業者です。

 

ディーラーほどではないにしても、ユーザー車検よりは費用がかかります。

 

ただし、そのプランについては融通が利くものが多く、お金をかけたくないということならば、必要最小限度の整備箇所で車検を受けることが出来るでしょう。

 

そのため、費用については15万円から20万円の間となります。

 

先ほど申し上げたように柔軟に費用を設定できますので、見積り以上に高額だったなんていうことも少ないのがポイントです。

 

このことは、車検整備費用が高すぎるということと、ユーザー車検を行うほど機械に詳しくない、もしくは手間をかけられないという方にとって良いサービスとして車検専門店がユーザーニーズを穴埋めしたような形となっています。

 

そのため、休日に行うことも出来ることに加えて、費用面でも意外な値段が飛び出てこないことを考えると車検専門店が最もオススメということになります。

普通の方にはプランが選べる車検専門店がオススメ

どうしてもお金がないという方にとっては、ユーザー車検しか残されていないのかもしれませんが、普通に行うならばあまりお勧めしません。

 

というのも、車検をするときのお金がない場合には普段の整備もあまり有効に行っていないケースが多いからです。

 

ブレーキ関連の整備は特に重要で、車が止まれないとなれば一大事ですよね。

 

でも、お金が無いから整備できていない、これは大変危険です。

 

ユーザー車検においては、この知識がある方ならば、そろそろブレーキ関連も整備しなければいけないと考えますが、そうでない方にとっては最近ブレーキが効きにくくなっているぐらいにしか思わないでしょう。

 

ですから、安全面からも専門的知識を持っている整備士に見てもらうほうが良いということになります。

 

とはいえ、先立つお金もありませんから、なんとかして車検を通したいとなればこれはもう安く済むけれどもほどほどの整備をする方法をとるのがベストということになります。

 

特にお金がないときには、意外な支出は困るわけで、予想外に高く付く前に見積りを見て相談できる車検専門店を利用することが良いということになります。

 

なお、ローンやクレジットカードも使うことが出来るケースもありますので、特にお金に困っている状況ならご検討ください。

 

⇒お金がないときに融通が利く車検専門店詳細はこちらで確認

 

以上、「車検でお金が足りないときに安くする方法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。