1024px-Honda_Acty_301
Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
アクティバン買取価格相場のポイント
  • アクティバンは4年落ちから6年落ちでかなり売られて相場が急落するため、高く売れるのは「3年落ち」までである
  • アクティバンの相場状況は相当厳しい状況になっていて、5年落ちでも状態が悪い場合は厳しい査定になる可能性がある
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から15万円」が目安

⇒アクティバン買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

アクティバン:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

アクティバン年式別買取相場1
アクティバン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
アクティバン年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち
2年落ち42.04 ~ 53.28NA
3年落ち53.52 ~ 53.52
4年落ち17.92 ~ 35.85.94 ~ 6.78
5年落ち15.22 ~ 24.45.92 ~ 5.92
6年落ち6.8 ~ 25.24.14 ~ 8.64
7年落ち6.48 ~ 18.72
8年落ち4.12 ~ 10.662.56 ~ 2.56
9年落ち3.52 ~ 18.722.4 ~ 2.4
10年落ち1.5 ~ 7.980.7 ~ 2.44

アクティバンの買取相場はかなり複雑な様子になっていて、はっきり言うと車を高く売ろうとするのは望ましくない車です。

 

というのも、後に詳しく話しますがアクティバンは売却が早い車であることが判明していて、そのことが悪い相場を形成している原因と判断しています。

 

こちらではアクティバンの有利に売るために、惜しまず情報を出していきますが、その大枠は「4年落ち」から売られ始める車ということを知ったうえで上の相場グラフや続く情報をみてくださいね。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

アクティバングレード別買取価格相場

アクティバン5年落ちグレード別買取相場
アクティバン5年落ち:買取価格比較できるグラフ
アクティバン5年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
PRO-A17.04 ~ 17.04NA
SDX14.58 ~ 24.65.92 ~ 5.92

アクティバンの高く売れるグレードは「SDX」でした。(2019年1月データに基づく)

 

「PRO-A」に関してもっと調査したかったのですが、データ量が少ないこともあり、それは難しい状況です。

ボディカラー別の買取価格比較

アクティバン5年落ちボディーカラー買取相場
アクティバン5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

アクティバンの高く売れるボディカラーは「ホワイト」でした。

 

トラックやバン関連では、車体色で白か銀かという選択が多いのですが、全般的に白のほうが人気です。

型式別の買取価格比較

アクティバン5年落ち型式買取相場
アクティバン5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

アクティバンの高く売れる型式は「HH5」「HH6」と差が確認できませんでした。(2019年1月データに基づく)

 

というのもHH6のデータ数が少ないことで、どちらの型式が有利かは判断が難しいということになります。

1年間の買取価格変動

アクティバン年間の相場変動
アクティバンの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

アクティバンの買取相場変動を1年分見てみると、多少の変動はありましたが1年を通じてそれほど相場が変わっていません。

 

このことはアクティバンの底値が18万円ほどにあることと、大半のアクティバンは底値まで落ちていることが分かります。

アクティバン年間の流通量
アクティバンの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

アクティバンの流通量が多い2018年3月においては相場下落が起こっていることを確認してください。

 

このように多くの車が売られることによって相場は下がりますので、このような時期に車を売らないように気を付けたいところです。

3年落ちの買取価格相場

アクティバン3年落ち買取相場の変動
アクティバン3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

アクティバン3年落ちの買取相場変動を見てみると、2018年9月まで下落していましたが、2018年10月以降は上昇に転じています。

 

アクティバン3年落ち中古車流通量
アクティバン3年落ち:流通量がわかるグラフ

ただし、流通量は多くないことを考えると、この相場情報の信頼度も低くなります。

 

またあわせて流通量が少ないことは悪いことではないのですが、局地的に多く売られると買取相場が下落する要因になりますので注意が必要です。

5年落ちの買取価格相場

アクティバン5年落ち買取相場の変動
アクティバン5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

アクティバン5年落ちの買取相場は5年落ち付近から急激に崩れています。

 

2019年1月においては22万円と、5年落ちにしてはかなり低く、車の状態次第によっては査定が付かないような状況も出てきます。

アクティバン5年落ち中古車流通量
アクティバン5年落ち:流通量がわかるグラフ

反面、流通量は2018年11月付近から上昇している状況にあり、この車の買取相場が厳しいことが分かりますね。

7年落ちの買取価格相場

アクティバン7年落ち買取相場の変動
アクティバン7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

アクティバン7年落ちの買取相場は2018年10月より上昇に転じていますが、実際に個々の車価値が高くなったわけではありません。

アクティバン7年落ち中古車流通量
アクティバン7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

価値の高いアクティバンが売られたことでの相場変動であるといえ、これは実データを統計処理してグラフを描写している以上は仕方がないところでもあります。

 

ただし、これを意図的に調整することは都合よくデータ加工していることになるため、データ自体はそのまま載せて追記する形をとっています。

10年落ちの買取価格相場

アクティバン10年落ち買取相場の変動
アクティバン10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

アクティバン10年落ち買取相場については、15万円以下において変動している状況であり、ほとんどの車において相場が付かないような状況になっているものと考えています。

アクティバン10年落ち中古車流通量
アクティバン10年落ち:流通量がわかるグラフ

流通量は多くありませんが、来年は11年落ちになりますので、車流通量が増えることで、低くなった相場にとどめを刺される状況になるでしょう。

アクティバンのリセールバリュー

アクティバン年式別買取相場1
アクティバン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

アクティバンのリセールバリューを見るならば、何年でどのぐらい車が売られるのかを見ておく必要があります。

アクティバン年式別流通量比較1
アクティバンが何年で売られているかわかるグラフ

 

アクティバンは4年落ちから売られる車であり、5年落ち、そして6年落ちと売却が続きます。

 

このことはアクティバンを売るうえでかなり不利になりやすい要因です。

 

車が早期に売られるということは保有自体に価値がないと考えることもできますし、それを総体で考えると「人気のない車」になってしまいます。

 

こういった状況は中期的に買取相場維持に悪い影響を与えるわけですが、アクティバンの場合にはこれが早期に影響を発揮しているという状態なのです。

 

したがって、リセールバリューを考えるとアクティバンを有利に売れるのは3年落ちまでという結論です。

事故車のアクティバン買取価格相場差

アクティバン走行距離買取価格1
アクティバンを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

アクティバンの事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から15万円」が目安です。

 

走行距離15万キロメートルほどになると車価値も低くなり、この差がほとんどなくなっていることが確認できますね。

アクティバンの買取価格相場まとめ

アクティバン数年の相場変動
アクティバンの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

アクティバンの買取相場を数年分見てみると、すでに底値まで到達している中での変動があることが分かります。

アクティバン数年の流通量
アクティバンの流通量が数年間わかるグラフ

アクティバンの流通量は年々微増しているような状況であり、局地的に多く売られた場合にはその分相場変動が起きていることも確認できます。

 

多く売られる時期の予測は難しいですが、価値がある状態なのに著しく不利な査定額であるならば、他に有利な査定額を付ける業者がいるかどうか探すようにしましょう。

 

まとめるとアクティバンを売るならば、3年落ちまでが満足いく査定額で売ることができ、4年落ちから6年落ちまでで一気に相場が下がる車なので注意が必要ということでした。

 

以上、お役立てください。