1024px-Nissan_Skyline_R34_GT-R_Nür_001
Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
スカイラインGTR買取価格相場のポイント
  • スカイラインGTRの買取相場はここ数年で140万円ほどから230万円と急上昇
  • 安い売却額で手放すことは絶対に許されない車なので、売却先は慎重に選ぶ必要がある
  • 状態が良いスカイラインGTRならば買取相場を推し量るのが難しい状況になってきている

スカイラインGTR:買取価格相場ニュース

スカイラインGTR年間の相場変動
スカイラインGTRの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

スカイラインGTRの買取相場は上昇傾向にあり、これは日本車では珍しい傾向です。

 

相場については200万円から230万円ほどと30万円高になっていて、これは市場の動向によるといってよいでしょう。

 

そのため、リセールバリューを予測するということは良い意味でも悪い意味でも難しいわけですが、こちらはスカイラインGTRを持っている方が売却のために相場を調べようとしていることを考えると、車を売る上で困る状況にはならない車と言えます。

 

そのため、スカイラインGTRを売るならば安売りして損をしないように気を付けて欲しいと思います。

 

高く買う業者を探すことは必ず行ってください。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

スカイラインGTRの流通量

スカイラインGTR年間の流通量
スカイラインGTRの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

スカイラインGTRの流通量は年間で数百台ほどでしょうか。

 

すでに製造販売終了してから10年以上経ちますので、流通量が少なくなるのは当然の状況ですね。

 

需要はある車なので、その分だけ良い状態の車は価値が上昇する、または維持できるだけのポテンシャルがあります。

スカイラインGTRは何年で売られている?

スカイラインGTR年式別流通量比較1
スカイラインGTRが何年で売られているかわかるグラフ

 

スカイラインGTRが良く売られている年落ちは19年目であり、おそらく20年を超えるグラフならば、もっと状況は変わっていたでしょう。

 

このことを少し考えてみると分かるのが、20年近く前の車であってもそれなりの価値が付くこと、またデザインや車の性能向上は20年前に完成させられていたのか、はたまた進化していないのか。

 

そんなことを考えさせられる項目でした。

スカイラインGTR買取相場と走行距離

スカイラインGTR走行距離買取価格1
スカイラインGTRを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

スカイラインGTRの買取相場を走行距離と対応させて見てみると、事故車はある程度の値段で固定されているようにもみえ、またそうでない車は車価値の幅が広いことが分かります。

 

ある意味で状態が良く走行距離が少ないスカイラインGTRはプレミアムカーやコレクターに重宝されるような車になっているのかもしれませんね。

スカイラインGTRの買取価格相場まとめ

スカイラインGTR数年の相場変動
スカイラインGTRの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

スカイラインGTRの買取相場はここ数年で140万円ほどから230万円と急上昇しています。

スカイラインGTR数年の流通量
スカイラインGTRの流通量が数年間わかるグラフ

スカイラインGTRの流通量は相変わらず少ないですが、相場自体は良好な状態になっています。

 

2019年の現在において、スカイラインGTRはプレミアム的な価値が付いてきた車ですが、今後も状態が良い、もしくはほどほどに状態が良い車であれば、売るときの相場に困らないでしょう。

 

まとめるとスカイラインGTRを売るならば、相場はある意味で未知数になりますので、高く買う業者を吟味したうえで売却を決定するようにしてください。

 

相場が上がっていることを考えれば引く手あまたということはありませんからね。

 

以上、お役立てください。