1024px-2013_Toyota_SAI_02
Mytho88 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
SAI買取価格相場のポイント
  • SAIを高く売りたいならば「4年落ち」までが有利で、その理由は5年落ちから7年落ちまでに車が多く売られるからである
  • SAIの相場は2019年現在悪くないが、特別に人気がある車ではないため今後下落していることが予想される
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から30万円」が目安

⇒SAI買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

SAI:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

SAI年式別買取相場1
SAI年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
SAI年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ちNANA
2年落ち110.72 ~ 111.52NA
3年落ち82.8 ~ 119.2NA
4年落ち87.2 ~ 109.665.44 ~ 65.44
5年落ち66.4 ~ 102.657.52 ~ 71.8
6年落ち59.8 ~ 9124.04 ~ 38
7年落ち29.6 ~ 46.2429.6 ~ 38.8
8年落ち28.82 ~ 46.8228.18 ~ 31.6
9年落ち26.78 ~ 34.426 ~ 32.24
10年落ち25.38 ~ 2822.8 ~ 22.8

SAIの買取相場で見て欲しいのは「5年落ち」と「7年落ち」です。

 

まず5年落ちに関してはSAIが売られ始める年であり、7年落ちに関しては最も売られる年落ちであるということです。

 

車の相場は売られるだけ、相場下落を起こす要因になりますので、このような時期に車を売るということは、不利な相場で車を売ることになります。

 

またこの2つの年数は車検が必要な年数であるために、車を売るきっかけがあるため、多くの方が車売却を検討することで流通数が増えています。

 

そのようなことを避けるために、5年落ちと7年落ちで車をSAIを売ろうと考えている方は、少し早めに売却準備することで損をすることなく有利な査定を受けることが出来るでしょう。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

SAIグレード別買取価格相場

SAI5年落ちグレード別買取相場
SAI5年落ち:買取価格比較できるグラフ
SAI5年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
66.6 ~ 101.563.4 ~ 70.88
G Aパッケージ70.46 ~ 110.04NA
63.92 ~ 92.854.56 ~ 54.56
S Cパッケージ66.4 ~ 98.6458.8 ~ 72.4

SAIのグレード別買取相場をグラフと表にしました。

 

各グレードの買取相場傾向を把握するために役立ててください。

ボディカラー別の買取価格比較

SAI5年落ちボディーカラー買取相場
SAI5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

SAIの高く売れるボディカラーは「ブラック」「パール」でした。(2019年1月データに基づく)

 

この2つの色に共通しているのは高級感の演出が出来る色ということで、SAIの車体色としてはこういった色が人気なのですね。

型式別の買取価格比較

SAI5年落ち型式買取相場
SAI5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

SAIの高く売れる型式を調べようとしたら、SAI5年落ちには「AZK10」しかありませんでした。

 

そのため、SAI5年落ち全体の相場を把握するために上のグラフを役立ててください。

1年間の買取価格変動

SAI年間の相場変動
SAIの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

SAIの買取相場変動を1年分確認すると、小さな変動を繰り返しながら下落していることが分かります。

SAI年間の流通量
SAIの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

SAIの流通量は総数で少ないながらも、季節的な変動もなく、相場が安定しています。

 

ただし、流通量が少ないことは売られる数が増えた場合には、一気に相場下落が進むので注意が必要です。

3年落ちの買取価格相場

SAI3年落ち買取相場の変動
SAI3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

SAI3年落ちの買取相場を1年間見てみると、2018年10月付近までは均衡を保っていたのに、2019年1月に向かって下落が進みました。

SAI3年落ち中古車流通量
SAI3年落ち:流通量がわかるグラフ

流通量は極端に少ないために、相場情報の信頼度は低めになっています。

 

そのため、相場傾向を把握するために利用してください。

5年落ちの買取価格相場

SAI5年落ち買取相場の変動
SAI5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

SAI5年落ちの買取相場を1年分見てみると120万円から100万円と1年で20万円安でした。

SAI5年落ち中古車流通量
SAI5年落ち:流通量がわかるグラフ

SAI5年落ちの流通量はあまり大きな変化がありませんね。

 

ただ2019年1月において少し売りが多くなっていることで、相場下落が進みだしていることを確認してください。

7年落ちの買取価格相場

SAI7年落ち買取相場の変動
SAI7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

SAI7年落ち買取相場は、おおむね右肩下がりで下落しています。

SAI7年落ち中古車流通量
SAI7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

流通量の変動は少なく、総数としても多くないですね。

 

2018年10月付近から流通量が少し増えている傾向があり、そのことが相場下落を加速させています。

10年落ちの買取価格相場

SAI10年落ち買取相場の変動
SAI10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

SAI10年落ちの買取相場は2019年1月において35万円付近と、それなりに下落が進んでいることが分かりました。

SAI10年落ち中古車流通量
SAI10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

流通量は2018年末において増えている状況であり、そのことで多少の相場下落が起こっている状況です。

SAIのリセールバリュー

SAI年式別買取相場1
SAI年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

SAIのリセールバリューを見るならば、何年にどのぐらい売られているかを知る必要があります。

SAI年式別流通量比較1
SAIが何年で売られているかわかるグラフ

 

SAIは7年落ちで最も売られて、6年落ち、5年落ちと続きます。

 

まだ新しい車ということもありますので、当然の売却年数といえばそうなのですが、少しでも車を高く売りたいという方は6年落ちよりも前に売ったほうが良いことが判明しました。

 

そして、さらに車を高く売りたいという方は6年落ちと5年落ちも十分に売却数が多いので、4年落ちまでに売る必要があることが分かります。

 

このようにリセールバリューを見るならば、年落ちの相場と車が売られる年数と量を比較してみることで、有益な情報を得ることが可能になります。

事故車のSAI買取価格相場差

SAI走行距離買取価格1
SAIを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

SAIの事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から30万円」が目安です。

 

車の相場が高い場合、そして低い場合と、この差は変わってきますので、その状況を上のグラフで確認してください。

SAIの買取価格相場まとめ

SAI数年の相場変動
SAIの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

SAIの買取価格変動を数年間見てみると、継続して毎年下落していることが分かります。

SAI数年の流通量
SAIの流通量が数年間わかるグラフ

流通量は年々増えていて、車種自体も特別人気がある車ではありませんから、有利な査定額は流通量が少なく、車が比較的新しいと認知されているうちがチャンスです。

 

現在のSAIについて相場状況は悪くないですので、車売却額に懸念がある方は、売却時期をあまり先延ばししないほうが有利な状況で車を売ることに役立ちます。

 

まとめるとSAIを売るときに、高く売りたいならば4年落ちまでが有利であり、その理由は5年落ちから7年落ちまでで、車売却数が増えるからでした。

 

以上、お役立てください。