1024px-Lexus_CT200h_Fsport_2014_Front_Japan
Kirakiraouji [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
レクサスCT200h買取価格相場のポイント
  • レクサスCT200hはリセールバリューが高いのでいつ売っても問題ないが車検時だけは避けたい
  • レクサスCT200hが最も売られるのは5年落ちであり、少し早めに売却準備することが査定で損をしないコツ
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「10万円から50万円」が目安

⇒レクサスCT200h買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

レクサスCT200hの下取りは不利なのか

レクサスCT200h年式別買取相場1
レクサスCT200h年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
レクサスCT200h年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち232.8 ~ 243.08
2年落ち168.6 ~ 225.96NA
3年落ち145.04 ~ 188.76
4年落ち124.14 ~ 168.26
5年落ち123.06 ~ 162.0872.32 ~ 104.96
6年落ち57.1 ~ 92.7667.6 ~ 74.66
7年落ち73.28 ~ 105.673.6 ~ 73.6
8年落ち55.82 ~ 91.2648.44 ~ 61.26
9年落ちNANA
10年落ちNANA

レクサスCT200hの買取相場で見て欲しいのは、「3年落ち」と「5年落ち」です。

上のグラフではそれほど相場下落しているように見えませんが、実はレクサスCT200hが最も売られているのは5年落ちです。

そして車は売られる数が増えると相場下落する要因になりますので、多くの方が車を売る5年落ちにおいて車を売ることはあまり望ましいことではないということです。

このようにレクサスCT200hを売る上ではいつ車が売られているのかを考えたうえで相場変動を見て欲しいと思います。

ここでレクサスCT200hの下取りをするか、もしくは買取にするのかはリセールバリューを見ることで、提示された下取り査定額が適正価格か判断したいところです。

レクサスCT200hは安い車ではありませんから、うっかり安売りをしてしまうことは許される損ではありませんからね。

レクサスCT200hのリセールバリュー

レクサスCT200h年式別買取相場1
レクサスCT200h年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

レクサスCT200hのリセールバリューを見るならば、何年落ちで車がどのぐらい売られているかを見るべきです。

レクサスCT200h年式別流通量比較2
レクサスCT200hが何年で売られているかわかるグラフ

レクサスCT200hは5年落ちにおいて最も売られていることが判明しました。

まだ新しい車なので実質的に売られるのは当然5年落ちであると考えていますが、流通量が増えるタイミングでの売買は査定額が不利になりやすいので注意してください。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

レクサスCT200hグレード別買取価格相場

レクサスCT200h5年落ちグレード別買取相場
レクサスCT200h5年落ち:買取価格比較できるグラフ
レクサスCT200h5年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
Fスポーツ160.44 ~ 176.56
バージョンC108.08 ~ 141.8477.48 ~ 87.8
バージョンL130.56 ~ 148.4
ベースグレード83.1 ~ 114.28

レクサスCT200hの高く売れるグレードは「Fスポーツ」でした。(2019年1月データに基づく)

 

潜在的にはほかのグレードも高く売れる可能性はありますが、実データとして比較した結果を上では掲載しています。

ボディカラー別の買取価格比較

レクサスCT200h5年落ちボディーカラー買取相場
レクサスCT200h5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

レクサスCT200hの高く売れるボディカラーは「パール」「レッド2」「ワインレッド」でした。(2019年1月データに基づく)

 

パールは高級車から一般車まで人気のある車体色ですが、意外に赤系も人気がありますね。

型式別の買取価格比較

レクサスCT200h5年落ち型式買取相場
レクサスCT200h5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

レクサスCT200hの高く売れる型式を調べようとしたのですが、レクサスCT200h5年落ちにおいては「ZWA10」しかありませんでした。

 

そのため、レクサスCT200h5年落ち全体の買取相場を見るために役立ててください。

1年間の買取価格変動

レクサスCT200h年間の相場変動
レクサスCT200hの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

レクサスCT200hの買取相場変動を1年間グラフで確認すると、2019年6月に大きく下落していますが、結局は相場を戻してそれほど変わらない状態で1年を終えています。

レクサスCT200h年間の流通量
レクサスCT200hの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

流通量を見ると、2018年4月付近の流通量増加によって、相場下落していることが分かります。

 

短期的にこのような状況で相場下落が起こるので、ここで車を売らないように注意したいところです。

3年落ちの買取価格相場

レクサスCT200h3年落ち買取相場の変動
レクサスCT200h3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レクサスCT200h3年落ちの買取相場は大きく下落していて、1年で240万円から160万円と80万円安となっています。(2019年1月データに基づく)

レクサスCT200h3年落ち中古車流通量
レクサスCT200h3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

流通量は多くないことに加えて、2019年1月に比較的良く売られていることが相場下落の一因でしょう。

5年落ちの買取価格相場

レクサスCT200h5年落ち買取相場の変動
レクサスCT200h5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レクサスCT200h5年落ちの買取相場変動を1年分見てみると、多少の変動はありますが、15万円安とそれほど大きくないことが分かります。(2019年1月データに基づく)

 

3年落ちのデータとは大違いですね。

レクサスCT200h5年落ち中古車流通量
レクサスCT200h5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

レクサスCT200h5年落ちの流通量と相場変動は共に影響があるので、それぞれを見比べたうえで車が売られるタイミングで売ると不利になることを確認してもらえたら幸いです。

7年落ちの買取価格相場

レクサスCT200h7年落ち買取相場の変動
レクサスCT200h7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レクサスCT200h7年落ちの買取相場は2018年4月までに一気に値を下げていますが、その後は比較的安定している状況です。(2019年1月データに基づく)

レクサスCT200h7年落ち中古車流通量
レクサスCT200h7年落ち:流通量がわかるグラフ

ただし、2019年1月において若干ながら流通量が増えている状況が見えますので、相場下落が起こる兆候があります。

 

これからレクサスCT200h7年落ちを売る方は注意が必要ですね。

事故車のレクサスCT200h買取価格相場差

レクサスCT200h走行距離買取価格1
レクサスCT200hを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

レクサスCT200hの事故車とそうでない車との買取価格差は「10万円から50万円」が目安です。

 

買取相場が高い場合においてはこの差は大きく、逆に買取相場が低い場合においてはこの差は小さくなります。

レクサスCT200hの買取価格相場まとめ

レクサスCT200h数年の相場変動
レクサスCT200hの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

レクサスCT200hの買取相場を数年間見てみると、2018年は小さな変動はありましたが、1年を通じてみると、ほとんど変動がありませんでした。

レクサスCT200h数年の流通量
レクサスCT200hの流通量が数年間わかるグラフ

2018年3月付近の値下がりは流通量が増えたことに影響されています。

 

レクサスCT200hの買取相場は良好な状態で推移していますが、流通量の大きな変化による変動時、特に急落時に巻き込まれると不利な相場で売却することになるので気を付けてください。

 

まとめるとレクサスCT200hを売るならば車検時における流通量増加時に売らないように気を付けることが大切であり、また5年落ちが現在最も売られる状況にあるため、車検時に売ろうと考えている方は少し早めに準備すると評価額で損をしません。

 

以上、お役立てください。