Honda_integra_dc5_types_1_f
Toyotacoronaexsaloon [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
インテグラ買取価格相場のポイント
  • インテグラの買取相場はグレードによる違いが大きいため、高品質かつ高グレードならば高値も期待できる
  • 一般グレードの場合においては査定が付かない可能性もあるため、最低査定額である「3万円」を目指す
  • ディーラー下取りに出したほうが評価が高い場合もある

インテグラ:買取価格相場ニュース

インテグラ年間の相場変動
インテグラの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

インテグラの買取価格はこの1年で42万円から38万円と4万円安となりました。

 

かなり古い車なのに価値を保っているのはすごい!と感じますが、おそらくグレードや状態によって、買取価格にかなりの差が出るものと考えています。

 

そのため、上のグラフはインテグラ全体の平均値のように考えてもらえたらと思います。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

インテグラ:1年間の流通量

インテグラ年間の流通量
インテグラの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

インテグラは意外に流通している車であり、年内で平均的に売られている状況です。

 

そのため、どの時期に売ったら良いのか?ということは特になく、強いて言うならば有利に売りたいならば出来る限り早く査定を受けたほうが良いということでしょうか。

インテグラはいつ売られている?

インテグラ年式別流通量比較1
インテグラが何年で売られているかわかるグラフ

インテグラは13年落ち以降で売られていて、最も多い売却時期は15年落ちです。

 

すでに製造販売終了してかなり経ちますが、11年落ち付近が高く売れるインテグラのメインというところでしょうか。

インテグラの走行距離と買取価格

インテグラ走行距離買取価格1
インテグラを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

インテグラで高く売れる可能性があるのは走行距離5万キロメートル付近までで、状態次第ですが50万円以上も可能性があることは驚きです。

 

ただし走行距離10万キロ付近までいくと一気に価値下落が進んでしまうことが見てわかります。

インテグラの買取価格相場まとめ

インテグラ数年の相場変動
インテグラの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

インテグラの価格変動は2018年においてほとんど変動はありませんでした。

 

しかしながら、確実に価値自体へ減っていく流れにあります。

インテグラ数年の流通量
インテグラの流通量が数年間わかるグラフ

インテグラの流通量を見てみると、絶版になった車ですから、徐々に全体の流通量は減っていく傾向にあり、あと5年もしたらほとんど流通されない車になるものと考えています。

 

インテグラの買取価格相場についてまとめると、グレードや状態が良い車ならばそれなりに高く売れる一方、一般グレードに関しては高く売ることはあきらめるべきです。

 

場合によっては査定が付かないなんていうケースも出てくるでしょうから、そのようなときは最低査定額である「3万円」を目指して交渉してください。

以上、お役立てください。