1024px-2001-2003_NISSAN_CIMA_450VIP_rear
TTTNIS [Public domain], from Wikimedia Commons
シーマ買取価格相場のポイント
  • シーマを売るならば「10年落ち」まで、遅くても「12年落ち」までを推奨
  • 査定が付かないような場合も、最低査定額である「3万円」は必ず目指す

シーマ:買取価格相場ニュース

シーマ年間の相場変動
シーマの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

シーマの買取価格変動を1年雨紛見てみると、相場は10万円を切っているという残念な状態であることが分かります。

 

業者の費用や利益の取り分を考えると、とても査定が付くような状態ではないので、シーマをそれなりの査定額で売ることは難しいことであると結論付けます。

 

なお、シーマに車検が残っていたり税金の前払いがある場合には、最低査定額は3万円ありますので、無料や有料で引き渡すことがないようにしたいものです。

 

また車の買い替えをする場合には、相手側としては車を売るという利益があるので、下取り査定で車価値以上に有利な評価が得られる場合がありますので、こちらも活用するようにしてくださいね。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

シーマの流通量

シーマ年間の流通量
シーマの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

シーマの流通量は年を通じて千台前後ほどといったところで、あまり多くありません。

 

すでに製造販売が終了してから10年近く経過しているわけですが、この流通量は年々減っていくものと予想しています。

シーマは何年で売られている?

シーマ年式別流通量比較1
シーマが何年で売られているかわかるグラフ

シーマは15年落ちで多く売られ、その次には13年落ちで売られています。

 

このことから分かることは、かろうじて査定額が付く車であっても13年落ちまでいくと厳しい状況になることが予想されます。

 

もし持っているシーマが新しく、さらに状態も良いならば、年落ちの判断としては13年落ちよりも前に売却したいところです。

シーマ買取相場と走行距離

シーマ走行距離買取価格1
シーマを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

シーマの走行距離と買取相場の対応グラフで見てみると、走行距離7万キロあたりまでは多少査定が付く可能性があります。

 

ただ、これは年式との兼ね合いもありますので、一つの目安として利用してください。

シーマの買取価格相場まとめ

シーマ数年の相場変動
シーマの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

シーマの買取相場変動を数年分見てみると、2019年1月には買取相場は10万円を下回っていることが分かります。

 

特に13年落ち以降のシーマは買取価格が付かないような状況が多いのではないでしょうか。

シーマ数年の流通量
シーマの流通量が数年間わかるグラフ

シーマの流通量は年々減少していることが上のグラフから分かります。

 

製造販売を中止してから久しくなったシーマですが、流通量が減り年数が経つごとに、その存在感は小さくなっていきますので、査定評価されるような車を持っている方は、査定が付かなくなる前に売却検討することで、車を売る上で損をせずに済みます。

 

まとめるとシーマを売るならば10年落ちまでが望ましく、最悪でも12年落ちまでに売ることを推奨します。

 

以上、お役立てください。