1024px-Honda_Insight_Exclusive_XL_(ZE3)_0126
DY5W-sport [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
更新日時: 2019年2月14日15時53分

インサイト買取価格相場のポイント
  • インサイトを高く売るならば「7年落ち」までに売ること
  • 8年落ち以降のインサイトは相場が相当低いこともあり、状態が悪いと査定が付かないことすらある
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から10万円」が目安

⇒インサイト買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

インサイト:7年落ちから10年落ちの買取価格相場

インサイト年式別買取相場1
インサイト年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
インサイト年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち200.38 ~ 213NA
2年落ちNANA
3年落ちNANA
4年落ちNANA
5年落ち20.8 ~ 29.1617.6 ~ 20.48
6年落ち25.24 ~ 28.68
7年落ち19.78 ~ 29.628 ~ 8
8年落ち11.24 ~ 227.6 ~ 8.72
9年落ち8 ~ 16.846.64 ~ 8.72
10年落ち6.62 ~ 13.75.6 ~ 8.9

インサイトの買取相場を見てみると、9年落ちで買取相場が15万円ほどになっていることが確認でき、インサイトは高く売ることが難しい状況であることが分かります。

 

さて、インサイトを高く売りたいならば7年落ちまでが勝負であることが分かります。

 

また7年目は車検時期と重なるので、車を手放す人が多い理由で相場下落が起こりやすい場面でもあるので、インサイトをさらに高く売りたいならば6年落ちまでに売却することで、有利な相場で売ることが出来ます。

 

同じ車格のトヨタプリウスと比べると、ここまで人気のよって車価値が変わるのか?と考えてしまうほど、インサイトの買取相場は低いのは残念なことですが、少しでも良い評価で車を売ることが出来るように出来ることをしていくようにしましょう。

 

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

インサイトグレード別買取価格相場

インサイト10年落ちグレード別買取相場
インサイト10年落ち:買取価格比較できるグラフ
インサイト10年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
6.24 ~ 13.525.72 ~ 8.64
G HDDナビ スペシャルエディションNA
6.8 ~ 13.845.6 ~ 8.4
LS7.68 ~ 13.925.6 ~ 8.4

 

インサイトの高く売れる型式は「L」「LS」です。

 

一方で「G」グレードシリーズは安値になりやすいことを上のグラフや表で確認してください。

ボディカラー別の買取価格比較

インサイト10年落ちボディーカラー買取相場
インサイト10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

インサイトのボディカラーで高く売れるのは「ダークブルー」「ブラック」です。

 

ただし、実はこの買取価格の範囲は2万円間ほどであり、車体色が車価値に影響する度合いは小さいことが分かります。

型式別の買取価格比較

インサイト10年落ち型式買取相場
インサイト10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

インサイトの高く売れる型式を調べようとしたところ、インサイト10年落ちにおいては「ZE2」しか型式がありませんでした。

 

そのため、上のグラフはインサイト10年落ち全体の相場を知るために利用してください。

1年間の買取価格変動

インサイト年間の相場変動
インサイトの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

インサイトの買取相場変動を1年分見てみると、1年を通じて上下していることが分かります。

 

これを流通量の観点から見てみましょう。

インサイト年間の流通量
インサイトの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

インサイトの流通量は2018年3月に多少増えていますが、そのほかは平均的に売られていることが分かります。

 

正直、インサイトの相場は良いとは言えませんし、今後も好転する見込みはありません。

 

そのため、インサイトを少しでも高く売りたいと考えるならば、流通量が増える前に売れるうちに売るということが大切になってくると思います。

7年落ちの買取価格相場

インサイト7年落ち買取相場の変動
インサイト7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

インサイト7年落ちの買取価格変動を1年分見てみると、なんと相場が上がっていることが分かりました!

 

この点を流通量の観点から見てみましょう。

インサイト7年落ち中古車流通量
インサイト7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

インサイト7年落ちの流通量は1年を通じてそれほど変化はありませんでした。

 

インサイト7年落ちの買取相場が上昇した原因は謎ですが、おそらくは価値の高いインサイトが売られたのだと判断しています。

 

そのため、インサイト7年落ち全体の相場が上昇したわけではないということを注意してみてください。

10年落ちの買取価格相場

インサイト10年落ち買取相場の変動
インサイト10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

インサイト10年落ちの買取相場変動を1年分見てみると分かるのが、相場変動はあっても最終的にはそれほど変わっていない点です。

 

インサイト10年落ち中古車流通量
インサイト10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

インサイト10年落ちの流通量は2018年3月付近で増えていますが、それ以後は落ち着いていることが分かります。

 

ただし、来年は11年落ちである1月から3月の時期は車検での乗り換え需要があるので、これからインサイトを売るという方は注意しなければいけません。

インサイトのリセールバリュー

インサイト年式別買取相場1
インサイト年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

インサイトのリセールバリューを見るならば、何年にどれだけ売られたのかというデータを合わせてみることが大切です。

インサイト年式別流通量比較1
インサイトが何年で売られているかわかるグラフ

 

インサイトが最も売られているのが7年落ちであり、その次は9年落ちという状況が確認できました。

 

インサイト全体の相場が低いのはこれが理由であると判断しています。

 

つまり、インサイトは長く保有される車でもなければ、積極的に買われるわけでもない車ということで、需要はないけど供給はあるという状態になっているのです。

 

気休めを言っても査定評価が上がるわけではないので、こちらでは正直に言いましたが、インサイトを売る上で良い選択をするためには、人気がなくて有利に売ることが難しい車という現状を知ることは大切なことです。

事故車のインサイト買取価格相場差

インサイト走行距離買取価格1
インサイトを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

インサイトの事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から10万円」が目安です。

 

インサイトの相場自体が低いので、この差も小さいものとなります。

インサイトの買取価格相場まとめ

インサイト数年の相場変動
インサイトの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

インサイトの買取相場は2018年において安定しているように見えますが、だいぶ底値まで落ちてきた状況が見てわかります。

 

この相場変動状況を流通量の側面から見てみるようにしましょう。

インサイト数年の流通量
インサイトの流通量が数年間わかるグラフ

意外にもインサイトは2018年に売られていて、現在の相場は低い状態ですが、今後さらに低くなることが予想されます。

 

というのも、現在インサイトは製造販売を終了していますが、そのうえで流通量が増えるということは、多くの車オーナーがインサイトを処分しているということになるからです。

 

このため、中期的に相場下落は続くものと考えていて、この状況が今後好転することはないと判断しています。

 

まとめるとインサイトを売るならば7年落ちまでがおすすめであり、今後も相場下落は続いていく見通しです。

 

以上、お役立てください。