1024px-Subaru_Legacy_B4_BM
TTTNIS [Public domain], from Wikimedia Commons
レガシィB4買取価格相場のポイント
  • レガシィB4を高く売るならば「4年落ち」まで、それなりの査定額を期待するなら「6年落ち」までに売却検討する
  • レガシィB4は13年落ち、11年落ちと車検タイミングで流通量が多いので、半年から1年前倒しで処分検討すると査定評価が有利
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から30万円」が目安

⇒レガシィB4買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

レガシィB4:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

レガシィB4年式別買取相場1
レガシィB4年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
レガシィB4年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち145.04 ~ 157.52
2年落ち145.7 ~ 151.5NA
3年落ち106.72 ~ 121.72NA
4年落ち70.4 ~ 110.8NA
5年落ち61.2 ~ 93.1NA
6年落ち34.78 ~ 70.415.86 ~ 18.62
7年落ち29.64 ~ 59.427.56 ~ 30.96
8年落ち19.14 ~ 418.24 ~ 8.24
9年落ち14.06 ~ 30.914.52 ~ 18.76
10年落ち10.14 ~ 39.39.96 ~ 16.92

レガシィB4の買取価格は5年落ちと7年落ちに注目してください。

 

その理由は車検によって流通量が増えるので買取相場下落が起こることですが、その下落率は思ったよりも大きいため、この時期の付近の売却については気を付けなければいけません。

 

例えば2回目の車検である5年落ちで売ろうと考えている方は、4年落ちで車を査定に出すだけでかなり有利にレガシィB4が売れるというわけですね。

 

当然7年落ちにおいても同様で、車検時期よりも少し早めに査定に出すということが大切というわけですね。

 

このようにレガシィB4を売るときには車検時において売却しないようにするだけで、有利に車を売ることが出来るので参考にしてください。

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

査定は早くしたほうが有利2

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

↓申し込み完了後の画面↓

査定申し込み後の画面
車の価値がすぐにわかる!

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

レガシィB4グレード別買取価格相場

レガシィB410年落ちグレード別買取相場
レガシィB4の10年落ち:買取価格比較できるグラフ
レガシィB410年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
2.0GTNA
2.0GT スマートセレクションNA
2.0i3.82 ~ 4.9NA
2.0i アドバンテージラインNA
2.5GT LパッケージNA
2.5GT SI クルーズNA
2.5GT Sパッケージ37.2 ~ 45.2NA
2.5i7.52 ~ 7.52NA
2.5i Lパッケージ8.32 ~ 8.32
2.5i Lパッケージ リミテッドNA
2.5i Sパッケージ12.42 ~ 20.0411.12 ~ 12.92
2.5i Sパッケージ リミテッドNA
GT ターボ スペックBNA

レガシィB4の高く売れるグレードは「2.5GT SI クルーズ」「2.5GT Sパッケージ」です。(2019年1月データに基づく)

 

レガシィB4はスポーツ色が強いグレードは高値が期待できます。

ボディカラー別の買取価格比較

レガシィB410年落ちボディーカラー買取相場
レガシィB4の10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

レガシィB4の高く売れるボディカラーは「グレー」「パープル」「パール」です。(2019年1月データに基づく)

 

なぜこれらの色が高く売れるのかは共通の要素がないのでよくわかりません。

型式別の買取価格比較

レガシィB410年落ち型式買取相場
レガシィB4の10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

レガシィB4の高く売れる型式を判別しようとしたのですが、比べられるほどデータが取れませんでした。

1年間の買取価格変動

レガシィB4年間の相場変動
レガシィB4の買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

レガシィB4の買取価格変動を1年分見てみると、細かく動いていることが分かります。

 

これを流通量の面から見てみましょう。

レガシィB4年間の流通量
レガシィB4の流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

レガシィB4を流通量を見ると、多く売られている場面においては、価値下落が起こっています。

 

短期的に変動があるような車といえるので、売り時を間違えると少し損をする可能性はありますが、そのタイミングを予測するのは難しいのです。

3年落ちの買取価格相場

レガシィB43年落ち買取相場の変動
レガシィB4の3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィB4の3年落ち買取相場変動を1年分見てみると、180万円から120万円と相当落ちていることが分かります。(2019年1月データに基づく)

レガシィB43年落ち中古車流通量
レガシィB4の3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

ただし流通量は多くありませんから、全体の相場というよりも売却された金額によって相場データが記録されたということになるでしょう。

5年落ちの買取価格相場

レガシィB45年落ち買取相場の変動
レガシィB4の5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィB4の5年落ち買取相場変動は、1年を通してそれほど変わっていませんでした。

レガシィB45年落ち中古車流通量
レガシィB4の5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

しかし、流通量を見てみるとかなり少ないことが分かりますので、良い意味では売られないために相場が安定している、悪い意味では売られたときにはかなり相場が動く恐れがあるので注意が必要です。

7年落ちの買取価格相場

レガシィB47年落ち買取相場の変動
レガシィB4の7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィB4の7年落ち買取相場変動を1年分見てみると、右肩下がりで落ちていることが分かります。

 

これを流通量の面から確認してみましょう。

レガシィB47年落ち中古車流通量
レガシィB4の7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

レガシィB4の7年落ち流通量はそれほど多くありませんし、相場変動が流通量の増減による動きでないことが分かります。

 

そのため、レガシィB4は7年落ちから本格的に相場下落が進んでいく状況にあるようです。

10年落ちの買取価格相場

レガシィB410年落ち買取相場の変動
レガシィB4の10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィB4の10年落ち買取相場変動を1年分見てみると、ほとんど変動が無い状態です。

 

相場自体は35万円と決して高くはありませんから、良いことだとも言えないのですが、下落がないということは悪いことではありません。

レガシィB410年落ち中古車流通量
レガシィB4の10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

レガシィB4にしては流通量が多いほうであり、10年落ちではそれなりに車が売られていることが分かります。

 

来年は11年落ちの車検時になりますので、さらに相場が落ちることが予想されますので、少しでも有利に車評価を得たい場合は、10年落ちのうちに査定を受けることをおすすめします。

レガシィB4のリセールバリュー

レガシィB4年式別買取相場1
レガシィB4年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

レガシィB4のリセールバリューを見るならば、何年でどのぐらい車が売られているかを見る必要があります。

レガシィB4年式別流通量比較1
レガシィB4が何年で売られているかわかるグラフ

 

レガシィB4が売られるのは13年落ちが最も多く、次に11年落ち、その次が9年落ちです。

 

このことを考えると、本格的にレガシィB4が売られるのは9年落ちからであり、その前の8年落ちで売るということは、有利な評価で売ることに貢献します。

 

同様に11年落ちで売ることよりは10年落ちのほうが評価が高くなるということも言えます。

 

このようにレガシィB4のリセールバリューを考えると、車検時期より半年から1年ずらすことで、有利に車を売ることが出来るので参考にしてみてください。

事故車のレガシィB4買取価格相場差

レガシィB4走行距離買取価格1
レガシィB4を走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

レガシィB4の事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から30万円」が目安です。

 

最終的にはこの差は小さくなっていくことを上のグラフから確認してください。

レガシィB4の買取価格相場まとめ

レガシィB4数年の相場変動
レガシィB4の買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

レガシィB4の買取相場変動を数年分グラフにしてみると、2018年の変動はかなり大きいことが分かりますが、結局はそれまでの相場下落の延長線上にいることが分かります。

 

レガシィB4数年の流通量
レガシィB4の流通量が数年間わかるグラフ

レガシィB4の流通量は2018年3月に多くなっていますが、そのタイミングで相場下落していることが分かります。

 

このようにレガシィB4の相場は短期的に多く売られるかどうかで変動しやすいのですが、高く売れる時期を探して売るということは難しいので、安くなっていないならば問題なし!ぐらいで判断したほうが望ましい結果が得られるでしょう。

 

まとめるとレガシィB4の買取相場について、高く売るならば4年落ちまでが有利であり、ほどほどの査定額で売るならば6年落ちまでに売ることが有利です。

 

また、上で説明したように車検時期よりも半年から1年前倒しで車を売ると有利なので、11年落ちの車検で売ろうと考えている方は10年落ちで売却検討するなど、前倒し売りで少しでも有利な評価を得られるようにしてくださいね。

 

以上、お役立てください。