1024px-NISSAN_WINGROAD
TTTNIS [Public domain], from Wikimedia Commons
ウイングロード買取価格相場のポイント
  • ウイングロードを満足に売れるのは「5年落ち」までであり、できれば「4年落ち」までに売ることを推奨
  • ウイングロードの相場は安いものになっているが、どんなに状態が悪くても最低査定額である「3万円」は目指したい
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「1万円から15万円」が目安

⇒ウイングロード買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

ウイングロード:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

ウイングロード年式別買取相場1
ウイングロード年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
ウイングロード年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ちNANA
2年落ち41.04 ~ 49.36
3年落ち39.1 ~ 39.7NA
4年落ち29.3 ~ 34.1NA
5年落ち8.88 ~ 19.043.92 ~ 7.44
6年落ち7.8 ~ 22.92
7年落ち6.64 ~ 13.589.6 ~ 9.6
8年落ち4 ~ 13.923.02 ~ 3.46
9年落ち2.92 ~ 5.28
10年落ち3.16 ~ 10.063.2 ~ 3.76

ウイングロードの買取価格で見て欲しいのは5年落ち前後です。

 

なんと、6年落ち以降のウイングロードは相場が相当悪くなっていて、さらに8年落ち以降はほとんど査定が付かない状況になっています!

 

つまり、ウイングロードを高く売るならば4年落ちまで、6年落ち以降は満足いく査定額が付かない可能性があるということを注意してみてください。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

ウイングロードグレード別買取価格相場

ウイングロード5年落ちグレード別買取相場
ウイングロード5年落ち:買取価格比較できるグラフ
ウイングロード5年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
15B7.4 ~ 9.64NA
15B FOUR
15M FOUR9.84 ~ 9.84NA
15M V リミテッドNA
15M オーセンティック13.76 ~ 17.28
15RS FOURNA
15RX エアロNA
15S6.88 ~ 16NA
15S FOUR8.24 ~ 8.24NA
18G オーセンティック

ウイングロードの高く売れるグレードは「15S」「15M オーセンティック」「15B」でした。(2019年1月データに基づく)

 

ただ、データ数が少ないので参考程度に見るようにしてください。

ボディカラー別の買取価格比較

ウイングロード5年落ちボディーカラー買取相場
ウイングロード5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

ウイングロードの高く売れるボディカラーは「パール」「グレー」でした。(2019年1月データに基づく)

 

ただし、価格の範囲は5万円ほどと小さいので、時期によって変動することはあるでしょう。

 

その場合には上のグラフを参考にしてください。

型式別の買取価格比較

ウイングロード5年落ち型式買取相場
ウイングロード5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

ウイングロードの高く売れる型式を調べようとしたのですが、データ数が少なく「Y12」の傾向しか把握できませんでした。

1年間の買取価格変動

ウイングロード年間の相場変動
ウイングロードの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

ウイングロードの買取相場は上昇しているように見えますが、その価格は2万円であり、2019年1月においては12万円と相当低いことが分かります。

ウイングロード年間の流通量
ウイングロードの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

ウイングロードの流通量も1月から3月は多いですが、その後は平均的に売られているという状況で、特に変わった点はありませんでした。

3年落ちの買取価格相場

ウイングロード3年落ち買取相場の変動
ウイングロード3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

ウイングロード3年落ちの買取相場変動は、大きく上昇したあとに、大きく下落と忙しい状態になっています。

ウイングロード3年落ち中古車流通量
ウイングロード3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

このことは、流通量の観点から説明でき、2018年10月と2019年1月においてかなり売られていることが下落の原因のようですね。

5年落ちの買取価格相場

ウイングロード5年落ち買取相場の変動
ウイングロード5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

ウイングロード5年落ちの買取相場は右肩下がりに下落して、2019年1月においては25万円まで落ちています。

ウイングロード5年落ち中古車流通量
ウイングロード5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

ウイングロード5年落ちの流通路油は特別に多いというわけではありません。

 

そのため、多く売られた場合には相場が不安定になりますので、これから車を売るという方は注意が必要です。

7年落ちの買取価格相場

ウイングロード7年落ち買取相場の変動
ウイングロード7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

ウイングロード7年落ちの買取相場については、15万円ほどと厳しい状況になっています。

 

この買取相場では半数近くのウイングロードについて、査定が付かない状態になっているでしょう。

ウイングロード7年落ち中古車流通量
ウイングロード7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

ウイングロード7年落ちの流通量は多くありません。

 

相場についても底値まで落ちているような状態なので、特に言及することはないでしょう。

10年落ちの買取価格相場

ウイングロード10年落ち買取相場の変動
ウイングロード10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

ウイングロード10年落ちの買取相場は、2019年1月において9万円と、ほとんどの車が査定の付かない状態まで下落しています。

ウイングロード10年落ち中古車流通量
ウイングロード10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

ウイングロード10年落ちの流通量は多くありませんね。

 

相場も完全に底値に落ちている状態であり、下落は続きますが急落するようなことはないといえるでしょう。

ウイングロードのリセールバリュー

ウイングロード年式別買取相場1
ウイングロード年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

ウイングロードのリセールバリューを見るならば、何年でどのぐらい売られているのかを確認する必要があります。

ウイングロード年式別流通量比較1
ウイングロードが何年で売られているかわかるグラフ

 

ウイングロードは11年落ちで最も売られているわけですが、この時点においては査定が付かない車がほとんどです。

 

さて、ならば査定が付くポイントとしての5年落ちはどうでしょうか。

 

5年落ちもそれなりにウイングロードが売られているようで、やはり5年落ちで売れるかどうかが、そこそこの査定額でウイングロードを売る分岐点になるようです。

事故車のウイングロード買取価格相場差

ウイングロード走行距離買取価格1
ウイングロードを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

ウイングロードの事故車とそうでない車との買取価格差は「1万円から15万円」が目安です。

 

車価値も低くなっているので、この差はかなり新しいウイングロードだけが気にすればよいことなのかもしれません。

ウイングロードの買取価格相場まとめ

ウイングロードを満足に売れるのは5年落ちまでであり、それを超えると非常に厳しい相場となっています。

 

ただ、車検がある車は最低査定額3万円が付きますので、無料や有料でウイングロードを処分しないように気を付けてください。

 

まとめると、ウイングロードを売るならば5年落ちまで、推奨するのは4年落ちまでに売ることです。

 

以上、お役立てください。