1024px-Mitsubishi_Delica_D5_003
Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
デリカD:5買取価格相場のポイント
  • デリカD:5は非常に高いリセールバリューがある車でどこで売ってもよいが「9年落ち」だけは避けたい
  • 短期的な流通量増加による相場下落時に売ることはもったいないのでこういった時期を極力避けるようにする
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から45万円」が目安

⇒デリカD:5買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

デリカD:5の3年落ちから10年落ちの買取価格相場

デリカD:5年式別買取相場1
デリカD:5の年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
デリカD:5年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち181.5 ~ 208.62158.4 ~ 158.4
2年落ち189.9 ~ 224.2180.92 ~ 194.76
3年落ち173.6 ~ 212.16
4年落ち182 ~ 217.28138.6 ~ 140.6
5年落ち98.6 ~ 183.8472.32 ~ 72.32
6年落ち80 ~ 144.7248.28 ~ 108.24
7年落ち42 ~ 97.623.96 ~ 62.32
8年落ち33.6 ~ 104.420.96 ~ 38.24
9年落ち23.34 ~ 73.5220.32 ~ 32.96
10年落ち20.26 ~ 67.215.92 ~ 26.48

デリカD:5の買取相場はかなり良好であり、もし言及するポイントがあるならば、「9年落ち」前後での売却です。

 

デリカD:5は後に詳しく話しますが、9年落ちでの売却が多い車です。

 

そして車は流通量が増えるとその分だけ短期的に価値が下がるので、流通量が多くならないときに売ることが査定額を有利に付けさせるコツなのです。

 

このことを考えるとデリカD:5を売るならば9年落ちで売ることはあまり望ましくないことが分かりますね。

 

正直デリカD:5は海外需要もあるので、どんなに古かったり悪かったりしても査定が付かないようなことはありませんが、このようなタイミング次第で損をする場面での売却は避けたいところです。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

デリカD:5グレード別買取価格相場

デリカD:57年落ちグレード別買取相場
デリカD:5の7年落ち:買取価格比較できるグラフ
デリカD:57年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
C2 G パワーパッケージNA
G パワーパッケージ42.62 ~ 90.422.32 ~ 44.96
G プレミアムNA
16.74 ~ 33.26
シャモニー49.9 ~ 101.7
ローデスト G パワーパッケージ82.56 ~ 84.32NA

デリカD:5の高く売れるグレードは「シャモニー」です。(2019年1月データに基づく)

 

他のグレードのほうが高いということもあるでしょうけど、こちらはデータに基づいて判断した結果です。

ボディカラー別の買取価格比較

デリカD:57年落ちボディーカラー買取相場
デリカD:5の7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

デリカD:5の高く売れるボディカラーは「パール2」でした。(2019年1月データに基づく)

 

アウトドアに使える車なのですが、意外に保守的な色が好まれるものですね。

型式別の買取価格比較

デリカD:57年落ち型式買取相場
デリカD:5の7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

デリカD:5の高く売れる型式は「CV5W」でした。

 

買取相場に明確な差が出ているので上のグラフで確認してください。

1年間の買取価格変動

デリカD:5年間の相場変動
デリカD:5の買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

デリカD:5の買取価格変動を1年分見てみると、1年間で多少の起伏はありますが、大きく変動していないことが分かります。

 

これを流通量の観点から見てみましょう。

デリカD:5年間の流通量
デリカD:5の流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

デリカD:5の流通量は多い時期と少ない時期にばらつきがあるようで、そのときに相場変動が起きていることを確認してください。

 

売られる時期に車を売却した場合には不利な相場での取引になるということは、このように流通量が多いときに売ってしまうことを指します。

3年落ちの買取価格相場

デリカD:53年落ち買取相場の変動
デリカD:5の3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

デリカD:5の3年落ち買取相場変動ですが、1年間においてはそれほど変動していないことが分かります。

 

しかしながらこれは流通量が少ないことが原因です。

デリカD:53年落ち中古車流通量
デリカD:5の3年落ち:流通量がわかるグラフ

デリカD:5の3年落ち流通量は見てわかるように少ないために、よく言えば相場が維持されている、悪く言えば売却された車のデータによって統計情報を算出しているので、たまたま売却された車が高かっただけとも言えます。

 

ただ、どちらの要素を考えたとしてもデリカD:5の3年落ちは有利な相場で取引されているのは確かです。

5年落ちの買取価格相場

デリカD:55年落ち買取相場の変動
デリカD:5の5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

デリカD:5の5年落ち買取相場変動に関しては、最終的に相場上昇していることが確認できます。

デリカD:55年落ち中古車流通量
デリカD:5の5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

流通量はそんなに多くありませんね。

 

たまたま価値の高いデリカD:5が売られただけかもしれませんから、あまり気にする必要はありませんし、相場上昇ということはないとしても、デリカD:5の5年落ちが良い相場で取引されているということは事実でしょう。

7年落ちの買取価格相場

デリカD:57年落ち買取相場の変動
デリカD:5の7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

デリカD:5の7年落ち買取相場は、1年間で15万円安と悪くない下落幅となっています。

 

流通量のほうはどうなっているのでしょうか。

デリカD:57年落ち中古車流通量
デリカD:5の7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

デリカD:5の7年落ち流通量は多くありません。

 

そのため、少し多く売却された場合には大きく相場を下げる可能性があり、2019年1月においては流通量が増えています。

10年落ちの買取価格相場

デリカD:510年落ち買取相場の変動
デリカD:5の10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

デリカD:5の10年落ち買取相場変動を見てみると、最終的には5万円増えている状況です。(2019年1月データに基づく)

 

流通量のほうはどうなっているのでしょうか?

デリカD:510年落ち中古車流通量
デリカD:5の10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

デリカD:5の10年落ち流通量はそれほど多くなく、後半に関しては若干少なくなっていることが分かります。

 

なお、来年の11年落ちにおいては流通量が増える見通しであり、その時には少なからず相場下落することを予想しています。

デリカD:5のリセールバリュー

デリカD:5年式別買取相場1
デリカD:5年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

デリカD:5のリセールバリューを見るならば、何年落ちで売られているのかを知る必要があります。

デリカD:5年式別流通量比較1
デリカD:5が何年で売られているかわかるグラフ

 

デリカD:5は9年落ちで最も売られている車ですが、実は0年落ちや1年落ちでも売られている車です。

 

基本的には0年落ちや1年落ちで売られるような車は長期的に相場維持が難しくなるはずで、デリカD:5も厳しい状況に置かれるのかということが懸念されます。

 

しかし、この車が有利なところは近年流行りのミニバンであり、海外需要も見越したうえでの相場となっている点です。

 

そのこともあり、9年落ちでの買取相場下落は大きいわけですが、それがあったとしても問題ないほど相場自体がタフな車となっています。

 

そのため、デリカD:5はリセールバリューが高い車であるといえるでしょう。

事故車のデリカD:5買取価格相場差

デリカD:5走行距離買取価格1
デリカD:5を走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

デリカD:5の事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から45万円」が目安です。

 

車体価値が高いほどこの差は大きいことを上のグラフで確認してください。

デリカD:5の買取価格相場まとめ

デリカD:5数年の相場変動
デリカD:5の買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

デリカD:5の買取相場変動を数年分見てみると、堅調に推移していることが分かります。

 

また2018年は相場の上下が激しい年でもありました。

デリカD:5数年の流通量
デリカD:5の流通量が数年間わかるグラフ

流通量を見ると2018年3月付近の売りでかなり相場を下げていることが分かります。

 

同様に2018年末付近に大きな売りがあるので、この影響は2019年1月にも及んでいるものと考えています。

 

そのため、2019年初頭におけるデリカD:5の相場は厳しい状態になっているので、特別に売らなければいけない事情がない限りは少し様子見がおすすめですね。

 

まとめろとデリカD:5の相場は非常によく、どの時点で売ってもそれなりの価値で売れるのですが、短期的に多く売られる場面と9年落ちだけは避けるようにしてください。

 

以上、お役立てください。