1024px-Nissan_LEAF_G_(ZAA-ZE1)_rear
Tokumeigakarinoaoshima [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
更新日時:2019年07月02日01時10分

リーフ買取価格相場のポイント
  • リーフを高く売るならば「2年落ち」までが有利で、「4年落ち」の前半までは引き続き相場が有利
  • リーフは5年落ち付近で最も売られるが、補助金所得の売却縛りが解除されることがその理由であり、この時期に売却は避けたい
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から25万円」が目安

⇒リーフ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

リーフ:3年落ちから7年落ちの買取価格相場

リーフ年式別買取相場1
リーフ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
リーフ年落ち別買取相場
修復なし 修復有り
0年落ち NA NA
1年落ち 171.3 ~ 178.9
2年落ち 100.52 ~ 162.6 67.48 ~ 144.66
3年落ち 69.48 ~ 95.12 57.84 ~ 64.56
4年落ち 47.16 ~ 57.08 34.96 ~ 50.8
5年落ち 36.64 ~ 52.08 31.36 ~ 41.88
6年落ち 25.3 ~ 38.12 21.12 ~ 28
7年落ち 17.2 ~ 29.52 17.96 ~ 21.78
8年落ち 19.5 ~ 26.08 14.6 ~ 18.86
9年落ち NA NA
10年落ち NA NA

リーフの買取相場で注目してほしいのは「3年落ち」「7年落ち」です。

 

上のリーフ年落ち買取相場グラフを見てください。

 

2年落ちの買取相場がかなり高めに推移していることが分かります。

 

逆に7年落ち以降の買取相場についてはかなり安くなっていることが分かりますね。

 

これらのように相場変動が大きくなるポイントで車を売らないように注意が必要であり、このタイミングは基本的に車検時の車流通増加によるものです。

 

なお、リーフが一番売られるのは5年落ちなのですが、これはリーフを購入すると補助金がもらえる場合があり、その場合の保有期間は4年以上の縛りがあるからです。

 

これらの理由により、この縛り前にリーフを売れるならばかなり有利な価値で手放すことができるということを上のグラフで確認してください。

 

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

  査定は早くしたほうが有利2  

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

 

↓申し込み完了後の画面↓

かんたん車査定ガイド申し込み例  

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

 

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

 

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

 

リーフグレード別買取価格相場

リーフ5年落ちグレード別買取相場
リーフ5年落ち:買取価格比較できるグラフ
リーフ5年落ち買取価格相場表
修復なし 修復有り
42.12 ~ 50.58
G エアロスタイル 54.54 ~ 61.2
31.1 ~ 45.7 21.2 ~ 28.8
S エアロスタイル 45.8 ~ 52.72 NA
34.64 ~ 46.36 36.2 ~ 40.82
X 80th スペシャルカラーリミテッド 49.08 ~ 51.46
X エアロスタイル 46.3 ~ 56.94 36.32 ~ 36.32

リーフの高く売れるグレードは「G」「X 80th スペシャルカラーリミテッド」「X エアロスタイル」です。(2019年1月データに基づく)

 

なお、高く売れるグレードに関しては、そのときにデータがあったものによって判断しているので、潜在的にはもっと高く売れるグレードは存在します。

ボディカラー別の買取価格比較

リーフ5年落ちボディーカラー買取相場
リーフ5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

リーフの高く売れるボディカラーは「ダークグレー」「オレンジ」「ワインレッド」でした。(2019年1月データに基づく)

 

見て分かるように個性的な色のほうが人気があることが分かりましたね。

型式別の買取価格比較

リーフ5年落ち型式買取相場
リーフ5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

リーフの高く売れる型式を調べたのですが、リーフ5年落ちには「AZE0」しかありませんでした。

 

そのため、リーフ5年落ち全体の買い取り相場全体の傾向を把握するために利用してください。

1年間の買取価格変動

リーフ年間の相場変動
リーフの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

リーフの買取相場変動を1年分見てみると、かなり相場が上下していることが分かります。

 

これを流通量の観点から確認してみましょう。

リーフ年間の流通量
リーフの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

リーフの流通量は年間を通じてほとんど一定ですが、よく見てみると多く売られる時期とそうでない時期があり、その量によって相場が動いていることが分かります。

 

なお、最終的にはリーフの相場が下落したことを考えると、年々リーフな価値は下がっていることがあり、有利に車を売却するならば少しでも早く売却検討したほうが良いでしょう。

3年落ちの買取価格相場

リーフ3年落ち買取相場の変動
リーフ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

リーフ3年落ちの買取相場変動を1年分見てみると、2018年6月付近まで大きく下落したあと少し相場を戻し、最終的には下落に転じています。

 

このことを流通量の観点から確認してみましょう。

リーフ3年落ち中古車流通量
リーフ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

リーフは2018年1月から3月で大きく売られたことが分かりました。

 

このことがリーフ3年落ちの相場下落に影響を与えています。

 

また売られたのは3月まででしたがその後も相場下落が起きていることを考えると、あまり市場で需要がない車なのかもしれません。

 

リーフは3年落ちでこのような相場の動きをしていますので、そのようなことを考えると車種全体の人気も疑うような状況になってくるでしょう。

5年落ちの買取価格相場

リーフ5年落ち買取相場の変動
リーフ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

リーフ5年落ちの買取相場変動を見てみると、1年間で67万円から54万円と13万円安でした。(2019年1月データに基づく)

 

このことを流通量の観点から確認してみましょう。

リーフ5年落ち中古車流通量
リーフ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

リーフ5年落ちの流通量は2018年10月付近から上昇していることが分かります。

 

面白いのはそのことでリーフ5年落ちの相場が変動していないことです。

 

ただし、その後に相場が下落している状況がありますし、2019年1月から3月までは車が売られることが予想できますので、リーフ5年落ちの買取相場にとって2019年は厳しい年になりそうです。

7年落ちの買取価格相場

リーフ7年落ち買取相場の変動
リーフ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

リーフ7年落ちの買取相場を1年分見てみると、多少上下はしていますが、その変動幅は大きくないことが分かります。

 

これを流通量の観点から確認してみましょう。

リーフ7年落ち中古車流通量
リーフ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

リーフ7年落ちの流通量は多くありませんし、時期的な変動も少ないのが特徴です。

 

しかしながら、少ないながらも売られる状況においてはしっかりと相場下落が起こっていることが分かりますので、リーフが多く売られるような状況で車売却をしないように注意が必要です。

リーフのリセールバリュー

リーフ年式別買取相場1
リーフ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

リーフのリセールバリューを見るならば、何年でどのぐらい車が売られるのかを見ることが大切です。

リーフ年式別流通量比較2
リーフが何年で売られているかわかるグラフ

 

リーフは5年落ち付近で多く売られていることが分かりますが、これはおそらく補助金取得の関係であると判断しています。

 

補助金は4年前後の保有が必要であるから、この縛りがなくなった段階で車を売るという状況になっていることを予想します。

 

ここで車を高く売りたいと考える人はその状況よりも少し早く売却検討することが大切なことが分かりますね。

 

もちろん、補助金縛りを受けていない方が限定ですが、それ以外の方についても他の方がゆっくり考えているうちに先に売却できることが良い査定額で車を評価させるコツといえます。

事故車のリーフ買取価格相場差

リーフ走行距離買取価格1
リーフを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

リーフの事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から25万円」が目安です。

 

リーフの買取相場を考えると思ったよりもこの差は大きくないですね。

リーフの買取価格相場まとめ

リーフ数年の相場変動
リーフの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

リーフの買取相場変動を数年分見てみると、2018年はかなり相場が動く年でしたが、2019年1月においては下落をしています。

 

これを見ると底値が50万円付近にあるように見えます。

リーフ数年の流通量
リーフの流通量が数年間わかるグラフ

リーフの流通量は年々増えている状況であり、局地的に大きく増加する場面があります。

 

特に2018年3月においてはかなり売られている状況が確認できます。

 

このようなタイミングで車を売ると不利な相場で車を売らなければならないために、できる限り多くの方が車を売るときには売却しないように注意したいところです。

 

まとめるとリーフを売るならば2年落ちまでが有利であり、その理由は補助金の売却縛り解除があるからということでした。

 

同様に4年落ちの早い段階であれば相場がが有利なので、リーフを売る上で役立ててくださいね。

 

以上、お役立てください。

車を売るなら必見!
見落とし【厳禁】の損得あり!
相見積もりで上がる査定額

業者比較で平均17万円査定額アップ!(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより)

セツコセツコ

えっ!17万円も!?【旅行・貯金・ローン返済】あとは何が出来るかしら?

下取りとの比較で平均18万円査定額アップ!(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより)

トリオトリオ

下取りする場合は【相見積もりしない人が多い】から気を付けて!

なぜ相見積もりで査定額が上がるの?

査定額は最初から上限を出すことはないため、競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…

相見積もりはスマホ・パソコンから依頼が便利

相見積もりのために地域業者に個別で申し込むのは大変なのでネットから申し込むと1回の手間で済む!(45秒かんたん入力)

セツコセツコ

しかも車の概算価格がわかるから、車に詳しくなくても安心だわ!

車価値の概算額が1分で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!
トリオトリオ

無料で使えるから、車を売るときには使ってみて!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者