1024px-Toyota_SIENTA_X_(DBA-NSP170G)_rear
Tokumeigakarinoaoshima [CC0], from Wikimedia Commons
シエンタ買取価格相場のポイント
  • シエンタを高く売るならば「4年落ち」まで、期待できる査定額で売りたいならば「8年落ち」までに売る
  • シエンタが本格的に売られるのは9年落ち以降であり、多くの車が売られることで査定額が期待できなくなる
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「1万円から25万円」が目安

⇒シエンタ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

シエンタ10年落ちまでの買取価格相場

シエンタ年式別買取相場1
シエンタ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
シエンタ年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち134.1 ~ 152.6264.16 ~ 116.6
2年落ち111.2 ~ 133.271.2 ~ 92
3年落ち92.4 ~ 121.7664.44 ~ 88.84
4年落ち56.2 ~ 113.432.8 ~ 47.24
5年落ち39.6 ~ 56.818.14 ~ 33.18
6年落ち25.52 ~ 50.2417.76 ~ 32.08
7年落ち25.64 ~ 40.8621.8 ~ 29.34
8年落ち17.08 ~ 37.210.64 ~ 16.08
9年落ち4.96 ~ 18.483.5 ~ 5.52
10年落ち4.56 ~ 16.362.78 ~ 4.84

シエンタの買取価格は「5年落ち」「9年落ち」と大きく相場差があるので注目してほしいと思います。

これらはモデル違いによるところもありますが、それ以外にも車検のタイミングであるということもあります。

多くの方は車検のタイミングで乗り続けるか乗り換えるかを選ぶために、そのタイミングにおいて車の流通量が増えます。

車が売られれば当然中古車価値が下がりますので、車を売る上で不利になりますから、このようなタイミングを避けるということが、有利な査定額を付けるコツといえるでしょう。

したがって、シエンタを売るならばどのタイミングでも良いですが、多くの方が売る車検より少し前に売ることが少し有利に車を売る秘訣となります。

シエンタのリセールバリュー

シエンタ年式別買取相場1
シエンタ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

シエンタのリセールバリューを知るならば、何年にどのぐらい売られているかを知る必要があります。

シエンタ年式別流通量比較1
シエンタが何年で売られているかわかるグラフ

シエンタは13年落ちに最も売られていて、同等程度に11年落ちでも売られています。

また9年落ちにおいても売られている状況を考えると、有利に売ることが出来るのは8年落ちまでということが、上の買取相場のグラフとあわせてみても分かりますね。

このように車がいつ売られるかという観点から、シエンタのリセールバリューを見ると、相場変動の裏付けが取れるので売り時が分かります。

シエンタ10年落ちを売る場合の注意点

シエンタ10年落ちの買取相場を見てわかるように、高く売ることが難しい車ですが、だからといって0円などで引き取りに応じる必要はありません。

というのも車は3万円の最低価値があるからです。

忘れている方もいるかもしれませんが、払ったリサイクル料金は廃車出ない場合は返却を受けられる権利があります。

また自動車税についてもこれは前払いなので、3月までの未経過分については還付を受ける権利があります。

あわせて、車は鉄で出来ているのでくず鉄として価値、パーツ取りなどの価値をあわせると3万円の最低価値ということになります。

つまり、シエンタ10年落ちにおいても最低査定額は3万円ということで、安売りをしないように気を付けて欲しいと思います。

そのうえで少しでも高く買う業者がいるかどうかは、ネットから出来る相見積もりを使うと便利です。

ネットの相見積もりというと個人情報流出などのリスクがありますが、リクルートグループのカーセンサーであれば安心して相見積もりをすることが出来ます。

シエンタ10年落ちを売る場合に1万円でも高い査定額が得られるように、ネットで簡単に出来る相見積もりをおすすめします。

シエンタグレード別買取価格相場

シエンタ7年落ちグレード別買取相場
シエンタ7年落ち:買取価格比較できるグラフ
シエンタ7年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
19.72 ~ 27.6624.54 ~ 27.54
14.84 ~ 29.02NA
X Lパッケージ23.68 ~ 4414.94 ~ 21.3
ダイス25.46 ~ 41.6216.56 ~ 26.48
ダイス リミテッド29.84 ~ 41.9624.78 ~ 31.12

シエンタの高く売れるグレードは「ダイス リミテッド」です。

 

ただし、上のグラフを見る限りではそれほど大きな差はないようで、参考程度に考えておいてください。

ボディカラー別の買取価格比較

シエンタ7年落ちボディーカラー買取相場
シエンタ7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

シエンタの高く売れるボディカラーは「パール2」「ブラック」でした。(2019年1月データに基づく)

 

シエンタは奇抜な色よりも普通の一般的な色が、車体色として人気があるようです。

型式別の買取価格比較

シエンタ7年落ち型式買取相場
シエンタ7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

シエンタの高く売れる型式を調べようとしたのですが、「NCP85G」のデータ量が少ないため、傾向の把握すらできない状態です。

1年間の買取価格変動

シエンタ年間の相場変動
シエンタの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

シエンタの買取相場変動をグラフにしてみると、途中で相場上下はありますが1年を通してみると安定していることが分かります。

 

これは需要と供給があっている車に見られるグラフです。

シエンタ年間の流通量
シエンタの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

シエンタの流通量は2018年7月付近においては減少していましたが、それ以外に大きな特徴はありません。

 

ただ、2019年1月は流通量が増えているようにも見えまして、この状況は3月まで続く見通しです。

3年落ちの買取価格相場

シエンタ3年落ち買取相場の変動
シエンタ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

シエンタ3年落ちの買取相場変動を1年分見てみると、2018年末に下落していることが分かります。

 

この点を流通量の面から見てみましょう。

シエンタ3年落ち中古車流通量
シエンタ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

流通量を見てみると2019年1月に向かって増加していることが確認できました。

 

このように流通量が増えることによって車価値が減少しますので、車を売る時期を選べる場合は下落しているときに売ることは避けたいところですね。

5年落ちの買取価格相場

シエンタ5年落ち買取相場の変動
シエンタ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

シエンタ5年落ちの買取相場変動は2018年9月付近から一気に下落していることが分かります。

 

シエンタ5年落ち中古車流通量
シエンタ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

シエンタ5年落ちの流通量を見てみると2018年末に大きく売られていることが分かります。

 

このことが影響して相場が急落していますね。

7年落ちの買取価格相場

シエンタ7年落ち買取相場の変動
シエンタ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

シエンタ7年落ちの買取相場変動は、1年間で46万円から40万円と6万円安でした。(2019年1月データに基づく)

 

シエンタ7年落ち中古車流通量
シエンタ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

シエンタ7年落ちの流通量は2019年1月に向かって増えている状況です。

 

このことでシエンタ7年落ちの相場が安定していたのですが、2019年初めから下落していくものと予想しています。

10年落ちの買取価格相場

シエンタ10年落ち買取相場の変動
シエンタ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

シエンタ10年落ちの買取相場は2019年1月において15万円前後と、状態が悪い車の場合には査定が付かないような状況も出てきています。

シエンタ10年落ち中古車流通量
シエンタ10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

シエンタ10年落ちの流通量は大きな変化はありません。

 

ただ来年は11年落ちのために流通量増加が予想されるため、低くなった買取相場にとどめが刺される状況になるでしょう。

事故車のシエンタ買取価格相場差

シエンタ走行距離買取価格1
シエンタを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

シエンタの事故車とそうでない車との買取価格差は「1万円から25万円」が目安です。

 

あわせて、走行距離10万キロメートルには両者の差がほとんどなくなっていることを確認してください。

シエンタの買取価格相場まとめ

シエンタ数年の相場変動
シエンタの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

シエンタの買取相場変動のグラフを見てみると、2018年付近には相場があがって、2019年においても相場上昇していることが分かります。

 

ただし、個々の車相場が上昇したわけではなく、シエンタの相場状況が良好であることを示しているグラフになります。

シエンタ数年の流通量
シエンタの流通量が数年間わかるグラフ

シエンタの流通量は若干ながら増えている状況です。

 

なお、短期的には2018年4月付近のように売られすぎた後に、売られなさすぎるという状況で、相場が大きく動くのでこのような場面で車を売らないように注意したいところですね。

 

シエンタ全体の相場を見た印象としては、高く売れる車ではありますが、年落ち後の相場が大きく下がることを確認していますので、車を売ってお金にしたい場合には、計画的にいつ売るのかを考えておくことが重要でしょう。

 

まとめるとシエンタは5年落ちと9年落ち以降に相場が大きく動くので、この点を注意して有利に売却してほしいと思います。

 

以上、お役立てください。