1024px-Subaru_Forester_XT_(SJ)_front
Tokumeigakarinoaoshima [CC0], from Wikimedia Commons
フォレスター買取価格相場のポイント
  • フォレスターを売るなら車検時である「3年・5年・7年」を避けて、少し前倒しで売ると有利に評価される
  • フォレスターは9年落ちから評価額が低くなるので、満足いく査定額で売りたい場合は「8年落ち」までに売る
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から35万円」が目安

⇒フォレスター買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

フォレスター:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

フォレスター年式別買取相場1
フォレスター年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
フォレスター年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち152.6 ~ 190.3642.72 ~ 42.72
2年落ち157.2 ~ 182.8895.56 ~ 102.68
3年落ち122 ~ 156.870.9 ~ 88.7
4年落ち112.3 ~ 131.190.8 ~ 95.2
5年落ち69.84 ~ 117.7641.52 ~ 78
6年落ち63.58 ~ 101.159.98 ~ 75.1
7年落ち55.2 ~ 82.4455.2 ~ 61.22
8年落ち25.88 ~ 48.724.02 ~ 26.28
9年落ち21.6 ~ 3017.64 ~ 25.04
10年落ち15.72 ~ 26.1416.52 ~ 19.02

フォレスター買取相場で見て欲しいポイントは、「3年落ち・5年落ち・7年落ち」など、車検時期で車を売らないこと。

 

そして、9年落ち以降の相場が厳しいことです。

 

車を売るタイミングとして最も多いのが車検時であり、このような時期はほかの方も同じように来ることが多いです。

 

また車は売られると相場下落が進みますので、有利に車を売りたいならば人が売らないときに売って、人が売っているときには売らないというのが賢い売却時期になります。

 

そのため、フォレスターは良好な相場が付く車ですが、車検時と9年落ち以降の売却については気を付けてもらえたらと思います。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

フォレスターグレード別買取価格相場

フォレスター5年落ちグレード別買取相場
フォレスター5年落ち:買取価格比較できるグラフ
フォレスター5年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
2.0i33.94 ~ 41.3836.24 ~ 36.24
2.0i-L45.28 ~ 60.82
2.0i-L アイサイト66.88 ~ 100.661.26 ~ 62.82
2.0i-S アイサイト76.8 ~ 132.52
2.0i アイサイトNA
2.0XTNA
2.0XT アイサイト96.66 ~ 125.393.6 ~ 93.6
2.0XT アイサイト アドバンテージ ライン87.4 ~ 105
S-リミテッド80.4 ~ 80.4NA
エックスブレイク82.32 ~ 115.7255.48 ~ 75.4

フォレスターの高く売れるグレードは「2.0XT アイサイト」系や、「S-リミテッド」「エックスブレイク」です。

 

アイサイトがあるかどうかで相場がかなり変わってきます。

ボディカラー別の買取価格比較

フォレスター5年落ちボディーカラー買取相場
フォレスター5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

フォレスターの高く売れるボディカラーは「ブラック」「パール」でした。(2019年1月データに基づく)

 

意外に車体色で分類した買取相場は開きがあります。

型式別の買取価格比較

フォレスター5年落ち型式買取相場
フォレスター5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

フォレスターの高く売れる型式は「SJG」です。

 

「SJ5」との買取相場の違いを上のグラフから確認してください。

1年間の買取価格変動

フォレスター年間の相場変動
フォレスターの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

フォレスターの買取相場変動を1年分見てみると、1年を通して上昇と下落を繰り返していますが、最終的には10万円安となっています。(2019年1月データに基づく)

フォレスター年間の流通量
フォレスターの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

フォレスターの流通量は2018年末に向かって少しずつ増えているような状況であり、そのことが相場下落の圧力となっているとも言えます。

 

また、途中の変動は流通量の微妙な増減によって変動していますので、そのことも二つのグラフを見比べてみてください。

3年落ちの買取価格相場

フォレスター3年落ち買取相場の変動
フォレスター3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フォレスター3年落ちの買取相場変動は2018年6月まで堅調でしたが、2018年7月以降は下落に転じています。

フォレスター3年落ち中古車流通量
フォレスター3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フォレスター3年落ちの流通量を見てわかるのが、2018年8月付近から増える流通量です。

 

決して多くはありませんが、増える流通量が相場下落の要因であると判断しています。

5年落ちの買取価格相場

フォレスター5年落ち買取相場の変動
フォレスター5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フォレスター5年落ちの買取相場変動は120万円から110万円と10万円安でした。(2019年1月データに基づく)

フォレスター5年落ち中古車流通量
フォレスター5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

2019年1月において相場下落が進んでいましたが、その原因は流通量が増えたことです。

 

また2019年1月から3月と流通量が多くなる見通しなので、フォレスター5年落ちの買取相場にとって2019年は厳しい相場になりそうです。

7年落ちの買取価格相場

フォレスター7年落ち買取相場の変動
フォレスター7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フォレスター7年落ちの買取相場変動を1年間見てみると、途中の変動はありますが右肩下がりで落ちていることが分かります。

 

フォレスター7年落ち中古車流通量
フォレスター7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

流通量は2018年10月付近から増えていますね。

 

買取相場と流通量損減との対応を2つのグラフを見比べて確認してください。

10年落ちの買取価格相場

フォレスター10年落ち買取相場の変動
フォレスター10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フォレスター10年落ちの買取相場は2019年1月において30万円と非常に低くなっていることが確認できます。

フォレスター10年落ち中古車流通量
フォレスター10年落ち:流通量がわかるグラフ

フォレスター10年落ちの流通量は特に変動はありませんが、来年は11年落ちなので車検による乗り換えで低くなった相場にとどめを刺す状況になるでしょう。

フォレスターのリセールバリュー

フォレスター年式別買取相場1
フォレスター年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

フォレスターのリセールバリューを見るならば、何年落ちでどのぐらい売られたのかを見るべきです。

フォレスター年式別流通量比較1
フォレスターが何年で売られているかわかるグラフ

 

フォレスターは意外に売られるタイミングが多く、最も売られるのは11年落ちですが、5年落ち、9年落ちにおいても売られる状況が確認できます。

 

このことを考えるとフォレスター自体の相場は、需要があるのである程度良いとして、後になればなるほど厳しい相場になることは、この早期に売られる状況が引き起こしていると考えています。

 

そのため、フォレスターを高く売るならばあまり遅くならないうちに売却準備を進める必要があるでしょう。

事故車のフォレスター買取価格相場差

フォレスター走行距離買取価格1
フォレスターを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

フォレスターの事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から35万円」が目安です。

 

そして走行距離10万キロメートル付近までいくと、この差は相当小さいものになることを確認してください。

フォレスターの買取価格相場まとめ

フォレスター数年の相場変動
フォレスターの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

フォレスターの買取相場は2018年において変動が激しい状況でしたが、2019年に入った段階では例年ほどに落ち着いていることが分かります。

フォレスター数年の流通量
フォレスターの流通量が数年間わかるグラフ

フォレスターの流通量は年々増えている状況であり、相場も安定していることから、この車は有利な買取相場であるのですが、なかなか特殊な状況であることが分かりました。

 

年落ちが少ない場合と中盤においては有利であり、9年落ち付近になると急に相場が下落していくという状況です。

 

ある意味では理想的なのかもしれませんが、車を売ってある程度査定額を期待したい方は、9年落ちよりも前に売却することで満足に車を売ることが出来るでしょう。

 

まとめるとフォレスターは特殊な相場を形成していて、9年落ちよりも前ならばいつ売ってもよいですが、車検時期は流通量が増える見通しなので、時期を少し前倒しで売ることで有利に車を売ることが出来ます。

 

 

以上、お役立てください。