1024px-Honda_N-ONE_G-L_Pakage_Rear
DY5W-sport [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
N-ONE買取価格相場のポイント
  • N-ONEを高く売りたいならば「2年落ち」まで、満足いく査定額で売りたいならば「7年落ち」までがおすすめ
  • N-ONEは新古車が出回っている可能性があり、中期的に買取相場が下落するリスク要因がある
  • 事故車とそうでない車との差額は「10万円から20万円」が目安

⇒N-ONE買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

N-ONE:3年落ちから7年落ちの買取価格相場

N-ONE年式別買取相場1
N-ONE年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
N-ONE年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち70.02 ~ 90.258.24 ~ 59.36
2年落ち59.2 ~ 78.7848 ~ 48
3年落ち53.42 ~ 73.0841.38 ~ 47.84
4年落ち43.68 ~ 67.9220.94 ~ 23.62
5年落ち32.36 ~ 53.8823.28 ~ 29.52
6年落ち27.42 ~ 47.8816.62 ~ 28.56
7年落ち24.48 ~ 4419.04 ~ 23.28
8年落ちNANA
9年落ちNANA
10年落ちNANA

N-ONEの買取価格は、「3年落ち」「5年落ち」に注目してください。

 

後に詳しく話しますが、N-ONEは5年落ちが最もよく売られていて、その次は3年落ちで良く売られています。

 

良く売られるタイミングでN-ONE中古車市場価値が落ちるため、そのようなタイミングで車を売ると若干ながら損をするということです。

 

3年落ちや5年落ちといえば車検のタイミングですよね?

 

このように多くの方と同じ行動をすると損をしてしまうわけで、できれば車検よりも少し前に売り抜けることが、有利な価格で車を売るコツということです。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

N-ONEグレード別買取価格相場

N-ONE5年落ちグレード別買取相場
N-ONE5年落ち:買取価格比較できるグラフ
N-ONE5年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
2トーンカラースタイル G AパッケージNA
21.5 ~ 37.0618.22 ~ 23.46
G Aパッケージ28.36 ~ 39.2224.4 ~ 26.64
G Lパッケージ31.48 ~ 38.1229.52 ~ 29.52
ツアラー AパッケージNA
ツアラー LパッケージNA
プレミアム43.32 ~ 53.68NA
プレミアム 2トーンカラースタイルNA
プレミアム Lパッケージ49.52 ~ 57.8421.28 ~ 21.28
プレミアム ツアラー45.78 ~ 53.1NA
プレミアム ツアラー 2トーンカラースタイルNA
プレミアム ツアラー Lパッケージ52.7 ~ 54.9NA

N-ONEの5年落ち買取価格データを使って、高く売れるグレードを調べます。

 

N-ONEの高く売れるグレードは、「プレミアム」「プレミアム Lパッケージ」「プレミアム ツアラー」です。

 

プレミアム系かツアラー系が高く売れるグレードと覚えておきましょう。

ボディカラー別の買取価格比較

N-ONE5年落ちボディーカラー買取相場
N-ONE5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

N-ONEの高く売れるボディカラーは「ブラック2」「ワインレッド」「グリーン」と比較的濃い車体色が人気です。(2019年1月データに基づく)

 

N-ONEの人気ボディカラーについては、意外に「パール」や「ブラック」などの車体色は人気がないようです。

型式別の買取価格比較

N-ONE5年落ち型式買取相場
N-ONE5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

N-ONEの高く売れる型式を比較してみてみたのですが、分かりやすい傾向は確認できませんでした。

 

ただ、基本的には数字が大きいほうが買取価格で有利である場合が多いので、「JG2」のほうが有利である可能性が高いです。

1年間の買取価格変動

N-ONE年間の相場変動
N-ONEの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

N-ONEの買取価格変動を1年分見てみると、1年を通じて上下はありますが、終わってみるとそれほど変わらない状況でした。

 

個性がある軽自動車として人気を博しているN-ONEですが、まだまだ中古車市場では支持されていることが分かります。

 

N-ONE年間の流通量
N-ONEの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

N-ONEの流通量は2018年2月付近は多かったのですが、その後は落ち着いて2019年1月も流通量は一定のままです。

 

そのことから、需要はあるけれども供給はないということで、2019年1月に買取価格が上昇していることが分かりますね。

3年落ちの買取価格相場

N-ONE3年落ち買取相場の変動
N-ONE3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

N-ONE3年落ちの買取価格変動は1年を通じてそれほど大きくなく、78万円から70万円と8万円安でした。

 

これを流通量の観点から見てみましょう。

N-ONE3年落ち中古車流通量
N-ONE3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

N-ONE3年落ちの流通量は2019年の1月に増加していることが分かります。

 

また2018年3月も多かったわけですが、流通量全体としては多くありません。

 

そのこともあり、少し多めに売られると相場が反応してしまうため、特に2年後の5年落ち時に相場下落が一気に進んでしまう懸念があります。

5年落ちの買取価格相場

N-ONE5年落ち買取相場の変動
N-ONE5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

N-ONE5年落ちの買取価格を1年分見てみると、54万円から43万円と1年間で11万円安でした。(2019年1月データに基づく)

 

N-ONE5年落ちの買取価格上下の理由を流通量で見てみましょう。

N-ONE5年落ち中古車流通量
N-ONE5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

N-ONE5年落ちの流通量は多くありませんが、相場下落のタイミングで多く売られていることが分かります。

 

N-ONE5年落ちの買取価格と流通量のグラフを対応させて見比べてみてください。

7年落ちの買取価格相場

N-ONE7年落ち買取相場の変動
N-ONE7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

N-ONE7年落ちの買取価格を1年分見てみると、緩やかに下落が進んでいることが分かります。

 

ただ、軽自動車の7年落ちとしては価値を保っているほうと言えます。

N-ONE7年落ち中古車流通量
N-ONE7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

N-ONE7年落ちの流通量は2018年2月・3月においては多かったものの、その後は落ち着いた量で取引されていることが分かります。

 

また予想ではありますが2年後の9年落ちにおいては価値が相当落ちるものと考えていますので、満足いく査定額で車を売りたいならば7年落ちはチャンスです。

N-ONEのリセールバリュー

N-ONE年式別買取相場1
N-ONE年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

N-ONEのリセールバリューを見るならば、何年でどのぐらい売られているのかを確認する必要があります。

 

N-ONE年式別流通量比較2
N-ONEが何年で売られているかわかるグラフ

 

N-ONEは5年落ちで最も売られていて、その次は3年落ちとなっています。

 

また4年落ちでもなかなか多く売られていることから、N-ONEの売り時としては2年落ちが最も良いことが分かります。

 

まだまだ新しい車ということ、また2019年で7年落ち車が増えてくることで、この結果を受けて今後どのような相場になっていくかがわかるでしょう。

事故車のN-ONE買取価格相場差

N-ONE走行距離買取価格1
N-ONEを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

N-ONEの事故車とそうでない車との差額は「10万円から20万円」が目安です。

 

走行距離が進むにつれて車価値が低くなっていきますが、それに伴ってこの差が縮まっていくことが上のグラフから確認できます。

N-ONEの買取価格相場まとめ

N-ONE数年の相場変動
N-ONEの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

N-ONEの買取価格を数年分見てみると2018年においては、相場が一度落ち着いていることが分かります。

 

これはどういったことなのか、流通量の観点から確認してみます。

N-ONE数年の流通量
N-ONEの流通量が数年間わかるグラフ

 

実は2018年は売られている年であることが分かりますので、それで相場維持は若干ながら違和感があります。

 

こういったときにおいてはいわゆるディーラーの自爆営業において、新古車が流通したことをきっかけに相場が上がったり維持していることと予想しています。

(ディーラーが自爆営業をする理由は販売目標を達成すると報奨金や購入金額が優遇されるなどの特典が得られるので、仕方なく自分で車を買う行動をする)

 

こういった車は中期的に買取相場を下げてしまいますので、今後N-ONEを売ろうと考えている方は注意して相場をみていくことをおすすめします。

 

まとめると、N-ONEを高く売りたいならば2年落ちまでが有利であり、満足いく査定額で売りたいならば7年落ちで車を売ることを推奨します。

以上、お役立てください。