1024px-2004-2006_NISSAN_MOCO_Q
TTTNIS [Public domain], from Wikimedia Commons
モコ買取価格相場のポイント
  • モコを少しでも有利に売るならば車検時期を避け「6年落ち」までに売ることが大切
  • 9年落ち以降は査定が付かないようなケースも増えるので、「8年落ち」までが満足いく査定額が付く最終ライン
  • 事故車とそうでない車の買取価格差は「5万円から15万円」が目安

⇒モコ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

モコ10年落ちまでの買取価格相場

モコ年式別買取相場1
モコ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
モコ年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ちNANA
2年落ちNANA
3年落ち41.34 ~ 52.310.14 ~ 15.38
4年落ち35.68 ~ 45.96.02 ~ 22.46
5年落ち27.72 ~ 42.1216.04 ~ 27.56
6年落ち20.64 ~ 3611.24 ~ 20.58
7年落ち15.44 ~ 27.69.2 ~ 18.16
8年落ち13.56 ~ 277.48 ~ 16.4
9年落ち4.16 ~ 13.761.78 ~ 8.3
10年落ち4.08 ~ 12.282.5 ~ 7.18

モコの買取価格で見て欲しいのは、「7年落ち」「9年落ち以降」です。

7年落ちに関しては大きく相場を下げている状況が確認できます。

この時期は車検を受けて車の買い替えか、それともそのまま乗り続けるかを選ぶ時期になります。

そのため、相場下落はより一層進みますので、有利に車を売りたい方は6年落ちまでに車を売ることをおすすめします。

また9年落ち以降に関しては査定額が付かないような状況があるので、8年落ちまでに売却すると満足いく査定額が付くのに役立ちます。

モコ10年落ちでは買取相場は厳しい状況

モコ10年落ちの買取相場を見てわかるように、満足いく査定額で売ることは出来ません。

とはいえ、一つ希望があるとすればリサイクル料金を払っていることです。

これらを考えると1万円ほどは戻ってくる計算になりますし、車の資源的な価値を考えると車の最低価値として2万円ほどはあることになります。

話したようにモコ10年落ちでは高く売ることは絶望的ですが、1万円でも高く買う業者を探すことで得をすることが可能です。

昔はそれも面倒だったので適当に下取りに出すなどしましたが、現在では相見積もりをネットから簡単依頼できる時代になりました。

またネットで相見積もりは個人情報流出の危険性を伴いますが、リクルートグループのカーセンサーを使うことで安心して相見積もりが出来ます。

モコ10年落ちでは高く売ることは出来ませんが、相見積もりをして1万円でも高く買う業者を探して得をしてください。

モコグレード別買取価格相場

モコ7年落ちグレード別買取相場
モコ7年落ち:買取価格比較できるグラフ
モコ7年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
19.44 ~ 28.16NA
G FOUR21.76 ~ 21.76
G エアロスタイルNA
13.4 ~ 24.4410.68 ~ 12.08
S FOUR20.56 ~ 23.4NA
S アイドリングストップ10.96 ~ 24.164.34 ~ 6.72
15.38 ~ 27.8811.28 ~ 17.04
X FOUR24.84 ~ 40.364.32 ~ 4.32
X FOUR エアロスタイルNA
X アイドリングストップ14.76 ~ 20.8418.08 ~ 18.08
X アイドリングストップ エアロスタイルNA
X エアロスタイル18.92 ~ 28.92

モコの高く売れるグレードは、「X FOUR」でしたが、どのグレードもそれほど大きな差は見られませんでした。

 

ただし、「G」グレード系列については安めになるので、その点を上のグラフや表で確認してください。

ボディカラー別の買取価格比較

モコ7年落ちボディーカラー買取相場
モコ7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

モコの高く売れるボディカラーは「パール2」であり、「ライトグリーン」「クリーム」など、明るい車体色が人気です。

 

ただ、その他の色もそれほど差はありませんが、「レッド」「ダークブルー」などの色は不評のようですね。(2019年1月データに基づく)

型式別の買取価格比較

モコ7年落ち型式買取相場
モコ7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

モコの高く売れる型式を見てみようと考えたのですが、実はモコ7年落ちにおいては型式は「MG33S」しかありませんでした。

 

そのため、上のグラフはモコ7年落ち全体の傾向把握に利用してください。

1年間の買取価格変動

モコ年間の相場変動
モコの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

モコの買取価格変動を1年分見てみると、多少上下していますが、最終的には下落したのちに安定しています。

 

これを流通量の面から見てみましょう。

モコ年間の流通量
モコの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

2018年3月に多く売られたことにより、相場が一気に下落した部分はありますが、それ以外はそれほど変化は無いようです。

 

そのため、すでにモコ自体が古い車となっている中での経年による買取相場下落であると判断しています。

3年落ちの買取価格相場

モコ3年落ち買取相場の変動
モコ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

モコ3年落ちの買取価格は60万円から50万円と10万円安でした。(2019年1月データに基づく)

モコ3年落ち中古車流通量
モコ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

モコ3年落ちの流通量はそれほど多くありませんね。

 

すでに生産販売を終了している車なので、今後もどんどん流通量は減っていくものと考えています。

5年落ちの買取価格相場

モコ5年落ち買取相場の変動
モコ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

モコ5年落ちの買取価格はきれいに右肩下がりで落ちていることが分かります。

 

流通量のほうはどうなっているのでしょうか?

モコ5年落ち中古車流通量
モコ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

モコ5年落ちの流通量は2019年1月に大きく売られていることが分かります。

 

1月から3月は流通量が増えることが予想されますので、モコ5年落ちにとって2019年は厳しい相場になる見通しです。

7年落ちの買取価格相場

モコ7年落ち買取相場の変動
モコ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

モコ7年落ちの買取価格を1年分見てみると33万円付近から25万円と8万円安でした。(2019年1月データに基づく)

 

これを流通量の観点から見てみるようにしましょう。

モコ7年落ち中古車流通量
モコ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

モコ7年落ちの流通量は通年を通してそれほど変化はありませんでしたが、2019年1月において売られていることが分かります。

 

1月から3月は流通量が増えるので、モコ7年落ちの買取相場については、2019年は下げ相場からスタートとなりそうですね。

10年落ちの買取価格相場

モコ10年落ち買取相場の変動
モコ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

モコ10年落ちの買取価格を変動をグラフで見てみると、すでに落ち切っているといってもよいでしょう。

 

査定が付かない車も増えてきているはずです。

 

モコ10年落ち中古車流通量
モコ10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

モコ10年落ちの流通量は減っているようですが、おそらく来年の11年落ちについては1月から3月において、流通量増を予想しています。

 

特に状態が良いモコを持っている方はそれよりも前に車を売る準備をすることで、少しでも得をすることが出来るでしょう。

モコのリセールバリュー

モコ年式別買取相場1
モコ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

モコのリセールバリューを見るならば、何年で良く売られているのかを知っておく必要があります。

 

モコ年式別流通量比較1
モコが何年で売られているかわかるグラフ

 

モコは5年落ちが最も売られているということが分かりまして、その後は9年落ちや11年落ちということが判明しました。

 

これで分かるのは5年落ちの車検でモコを売ろうと考えていた方は4年落ちで、7年落ちにおいては6年落ちで売ると有利ということです。

 

多くの方と同じ時期に車を売ることは、不利な状況で車を売らなければいけないので、少しでも高く車を売りたいと考える方は、車検時期よりも少し早めにモコの売る準備をしましょう。

事故車のモコ買取価格相場差

モコ走行距離買取価格1
モコを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

モコの事故車とそうでない車の買取価格差は「5万円から15万円」が目安です。

 

走行距離が進んでいくにつれて車価値が減少していきますが、この差も小さくなっていくことを上のグラフから確認してください。

モコの買取価格相場まとめ

モコ数年の相場変動
モコの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

モコの買取価格を数年間見てみると、一気に落ちていく過程で最近は下げ止まりをしている状況です。

 

もちろん、これは良いことではなく相場の中心が15万円付近ということは、状態が悪い車のほとんどは査定が付かないことを示唆しています。

モコ数年の流通量
モコの流通量が数年間わかるグラフ

モコは製造販売終了した車なので、年々流通量は減っていく見通しですが、その中で流通量が増えるような時期、例えば1月から3月などにおいては相場下落が予想できます。

 

そのため、状態が良かったり、年式が比較的新しいという場合には、このような売られる時期を避けてモコを有利に売って欲しいと思います。

 

まとめると、モコを売るならば4年落ちまでが有利と言えますが、すでに絶版となっているためにこのような車は少ないのが現状です。

 

次の点でいえば6年落ちまでに売ることが有利であり、9年落ちを超えると満足いく査定額が付かない可能性が高くなりますので、8年落ちまでに売却することで損なく車を売ることが出来ます。

以上、お役立てください。