1024px-2004_Suzuki_Swift_01
Mytho88 [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
スイフト買取価格相場のポイント
  • スイフトを高く売りたいならば「2年落ち前半」までが勝負
  • スイフトを満足いく査定額で売りたいならば「8年落ち」が最終ラインで、できれば「7年落ち」の時点で売却を推奨
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から25万円」が目安

⇒スイフト買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

スイフト:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

スイフト年式別買取相場1
スイフト年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
スイフト年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち61.64 ~ 102.458.7 ~ 62.82
2年落ち45.28 ~ 77.9240.58 ~ 47.52
3年落ち38.54 ~ 63.7830.58 ~ 33.66
4年落ち29.24 ~ 51.1627.84 ~ 31.64
5年落ち22.94 ~ 47.1617.18 ~ 24.92
6年落ち19.2 ~ 35.4815.36 ~ 21.8
7年落ち19.52 ~ 33.2813.14 ~ 20.06
8年落ち12.44 ~ 20.411 ~ 12.26
9年落ち6.48 ~ 14.325.44 ~ 9.12
10年落ち5.46 ~ 13.583.76 ~ 6.24

スイフトの買取価格で注目してはほしいのは、「3年落ち」「8年落ち以降」です。

 

まず3年落ちに関してですが、一気に買取相場が下落しています。(上のグラフを再度確認してください!)

 

このことは後に詳しく話しますが、スイフトは2年落ちから売られる車であり、流動性が激しい(良く売られる)車であることを知っておく必要があります。

 

何度も売られる車ですので、当然買取相場の維持が難しい状況になってしまいますよね。

 

そのことが3年落ちの相場急落につながっているものと考えています。

 

また8年落ち以降に関しては、満足いく査定額が付かないほど下落が進んでしまう可能性があります。

 

そのため、できれば7年落ちまでに、最悪のケースでは8年落ちまでに車を売却することが、満足いく査定額でスイフトを売るときに役立ちます。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

スイフトグレード別買取価格相場

スイフト7年落ちグレード別買取相場
スイフト7年落ち:買取価格比較できるグラフ
スイフト7年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
RS20.84 ~ 33.9411.12 ~ 11.12
XG14.16 ~ 23.0212.24 ~ 13.92
XG アイドリングストップNA
XL20.3 ~ 25.2
XS17.76 ~ 25.613.04 ~ 13.04
スポーツ29.84 ~ 45.3220.24 ~ 21.52

スイフトの7年落ち買取価格データを使って高く売れるグレードを調べます。

 

スイフトの高く売れるグレードは、「RS」「スポーツ」と車体価格が高いグレードは当然に有利となっています。

 

反面、「XL」「XG」などの一般的なグレードはほどほどの査定額となってしまうことを確認してください。

ボディカラー別の買取価格比較

スイフト7年落ちボディーカラー買取相場
スイフト7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

スイフトの高く売れるボディカラーは、「イエロー」「ライトグリーン」「ワインレッド」であり、おそらくは上位グレードで選ばれる車体色であると考えています。

 

反面、「シルバー」などの一般的な色は人気が内容で、スイフトに関しては主張が強い色のほうが人気です。

型式別の買取価格比較

スイフト7年落ち型式買取相場
スイフト7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

スイフトの高く売れる型式は「ZC32S」「ZD72S」です。(2019年1月データに基づく)

 

「ZC72S」もおそらくそれほど差は出ないはずですが、データ上では買取価格が少し不利に見えますね。

1年間の買取価格変動

スイフト年間の相場変動
スイフトの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

スイフトの買取価格変動を1年間見てみると、起伏はありますが最終的には10万円安で終えています。(2019年1月データに基づく)

 

続いて流通量の観点からスイフトの買取価格変動を見てみましょう。

スイフト年間の流通量
スイフトの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

スイフトの流通量は年間を通じてほぼ一定でした。

 

つまり、下落の要因は流通量の増減ではなく、車価値自体によるものとして、この状況を考えると中期的にスイフトの価値は落ちていくものだと考えています。

3年落ちの買取価格相場

スイフト3年落ち買取相場の変動
スイフト3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

スイフト3年落ちの買取価格を1年間見てみると、多少の上下はありますがおおむね下落していることが分かります。

 

相場の上下について流通量の面から確認してみましょう。

スイフト3年落ち中古車流通量
スイフト3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

スイフト3年落ちの流通量は2018年10月付近において、増加していることが分かりますね。

 

このことで相場が下がっていることもわかっていて、さらに2019年1月においても流通量は多いままです。

 

1月から3月までは基本的に流通量が増えることを考えると、スイフト3年落ちにとって2019年は厳しい相場となりそうです。

5年落ちの買取価格相場

スイフト5年落ち買取相場の変動
スイフト5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

スイフト5年落ちの買取価格変動を1年分見てみると、右肩下がりで落ちていることが分かります。

 

これを流通量の側面から見てみましょう。

スイフト5年落ち中古車流通量
スイフト5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

2018年7月付近に若干ではありますが、流通量増がありますが、おおむね1年を通じて平均的に売られています。

 

そのうえでスイフト5年落ちの買取価格は下落し続けていて、2019年もこの傾向が続くものと考えています。

7年落ちの買取価格相場

スイフト7年落ち買取相場の変動
スイフト7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

スイフト7年落ちの買取価格を見てみると、ほぼ一直線に下落していることが分かります。

 

買取価格変動を流通量の側面から見てみましょう。

スイフト7年落ち中古車流通量
スイフト7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

スイフト7年落ちの流通量はそれほど変化がありません。

 

つまり、スイフト7年落ちの相場については、流通量の増加による変化ではないということです。

 

スイフト7年落ちの相場については、2019年1月において30万円近くまで下落しているので、今後査定が付かないような車も増えてくるのではないでしょうか。

10年落ちの買取価格相場

スイフト10年落ち買取相場の変動
スイフト10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

スイフト10年落ちの買取価格は厳しい金額まで下落していて、最終的には12万円ほどまで落ちています。

 

このことは、半数以上のスイフトについて査定が付かない可能性が高いことを示唆しています。

 

スイフト10年落ち中古車流通量
スイフト10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

スイフト10年落ちの流通量は減っていますが、11年落ちの1月から3月でまた流通量が増える見通しです。

 

状態が良いスイフトを持っている方は10年落ちのうちに売却する準備をすることで、査定が付かないということを回避できるでしょう。

スイフトのリセールバリュー

スイフト年式別買取相場1
スイフト年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

スイフトのリセールバリューを見るならば、どの年落ちでどれぐらい売られているかを確認する必要があります。

 

特に3年落ち以降の買取価格下落理由は気になるところです。

 

スイフト年式別流通量比較1
スイフトが何年で売られているかわかるグラフ

 

なんとスイフトは1年落ちから売られる車であり、2年落ちでもかなり売られていることが分かります。

 

これは珍しい状況であり、スイフトは買うけれども飽きてしまってすぐ売ってしまう傾向がある車と考えることが出来ます。

 

正直悪い車ではないと思うのですが、少し時代には合わない車になってきたことは否めませんね。

事故車のスイフト買取価格相場差

スイフト走行距離買取価格1
スイフトを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

スイフトの事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から25万円」が目安です。

 

走行距離10万キロメートル付近まで行くと、この差は小さくなっていることを上のグラフから確認してください。

スイフトの買取価格相場まとめ

スイフト数年の相場変動
スイフトの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

スイフトの買取価格変動を数年分見てみると、なんと2018年半ばまではそれなりに高い水準で推移していました。

 

しかしながら、その上昇した相場も大きく下落してしまって、2018年末には底値ほどまで落ちてしまっています。

 

途中でいったようにスイフトは現在人気が出るような車ではなく、2000年初頭に流行ったコンパクトカーブームのスポーツタイプとして、人気を博した車です。

 

そのため、流行が移ってしまった車ということで、今後は不利な買取相場に移行する見込みです。

スイフト数年の流通量
スイフトの流通量が数年間わかるグラフ

スイフトの流通量を数年間見てみるとおおむね横ばいですが、2018年3月付近に多少売られたことが、大暴落の理由でした。

 

またあわせて2018年末にも暴落していますが、2019年1月には少し値を戻しています。

 

数年間の傾向からすると2019年中盤までに少し上がるかもしれませんが、その後一気に値を崩すことを予想していて、満足に売れるかどうかの年落ちスイフトを持っている方は、売り時を常に考える必要があります。

 

まとめると、スイフトを高く売るならば出来る限り早いほうがよく、目安としては「2年落ち前半」を目標にしたいところです。

 

また、満足いく査定額で売りたいならば8年置きを超えると厳しく、8年落ちでもそれなりの査定額になってしまいますので、7年落ちのうちにスイフトを売っておきたいところです。

以上、お役立てください。