1024px-The_frontview_of_Honda_FREED_Hybrid_(GP3)
Tokumeigakarinoaoshima [CC0], from Wikimedia Commons
フリード買取価格相場のポイント
  • フリードを高く売りたいなら「4年落ちまで」、次の点では「6年落ちまで」が有利
  • 8年落ち以降は査定額が厳しくなるので、満足いく買取価格を目指すならば「7年落ち」が最終ライン
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「10万円から30万円」が目安

⇒フリード買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

フリード:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

フリード年式別買取相場1
フリード年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
フリード年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち150.16 ~ 156.494.6 ~ 104.4
2年落ち127.2 ~ 149.289.8 ~ 100.26
3年落ち102.32 ~ 134.4860.96 ~ 66.08
4年落ち58.8 ~ 102.438.04 ~ 44.64
5年落ち62.02 ~ 89.3450.56 ~ 68.5
6年落ち32.3 ~ 63.9421.12 ~ 39.2
7年落ち28.84 ~ 64.615.24 ~ 39.18
8年落ち15.08 ~ 35.446.6 ~ 12.6
9年落ち9.44 ~ 28.84.98 ~ 14.04
10年落ち6.84 ~ 22.722.8 ~ 11.04

フリードの買取価格注目ポイントは、「3年落ち」「5年落ち」「7年落ち」と車検タイミングでの買取価格変動に注目です。

 

また8年落ち以降は買取価格が厳しくなりますので、フリードを売るならば7年落ちまでが有利です

 

フリードの買取価格相場はきれいな傾向で出ていますので、特にこれ以上の説明は不要ですね。

フリード:下取り相場と買取相場の比較

フリードの下取り相場グラフ
フリードの下取り相場 調査日:2019年2月26日 出典:トヨタ下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

フリードの下取り相場は「3」万円でした。

 

これに対応するフリードの買取相場は「7.16 ~ 10.44」万円であり、フリードを売るならば約「7」万円ほど「買取相場」が有利であることが分かりました。

 

ただし、査定を行う業者は査定額を車価値まですぐには出しませんから、交渉をスムーズにするためにも、業者間の競争は忘れず行うようにしてください。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

フリードグレード別買取価格相場

フリード10年落ちグレード別買取相場
フリード10年落ち:買取価格比較できるグラフ
フリード10年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
FLEXNA
FLEX Fパッケージ5.08 ~ 5.64
FLEX ジャストセレクション4.32 ~ 18.482.2 ~ 7.62
FLEXiエアロNA
FLEXエアロ8.96 ~ 19.925.76 ~ 10.12
9.16 ~ 11.16
G Lパッケージ4.8 ~ 16.562.8 ~ 8
G ジャストセレクション7.68 ~ 20.43.18 ~ 11.54
Giエアロ15.06 ~ 34.3
Gエアロ21.46 ~ 23.26
Gエアロ Lパッケージ8.76 ~ 25.142.08 ~ 3.56
Gエアロ ジャストセレクション9.2 ~ 26.886.04 ~ 10.36

 

フリード10年落ちの買取価格をグレード別に比較すると高く売れるグレードが分かります。

 

データで判断すると、「GエアロLパッケージ」「GLパッケージ」が高く売れるグレードであり、「X」や「FLEX Fパッケージ」は安く厳しい相場であることが分かりますね。

ボディカラー別の買取価格比較

フリード10年落ちボディーカラー買取相場
フリード10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

フリードの買取価格を車体色で比較してみてみると、「ライトブルー」「ガンメタ」「ダークブルー2」と、暗めの色が人気であると出ています。

 

これらの次に「ホワイト」「パール2」と一般色が続きます。

 

なお、これらは2018年12月のデータに基づいていますので、月によって変動はしますが、グラフの情報が最新になります。

型式別の買取価格比較

フリード10年落ち型式買取相場
フリード10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

フリードの買取価格を型式別に比較したのですが、「GB4」のデータ数が少ないので比較が難しい状況です。

 

そのため、型式別買取価格については「GB3」において、買取価格の傾向がわかればよいと考えています。

1年間の買取価格変動

フリード年間の相場変動
フリードの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

フリードの買取価格変動を1年分見てみると1月から3月に下落していることが分かります。

 

また、緩やかにですが1年を通して下落が進んでいますが、これを流通量の観点から見てみましょう。

フリード年間の流通量
フリードの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

フリードの流通量を見てみると、若干ですが1月から3月まで流通量増加の傾向にあります。

 

ただ、年中売られているとも言えますので、そのことが1年を通じて価値下落をしている状況の説明になるのかもしれません。

3年落ちの買取価格相場

フリード3年落ち買取相場の変動
フリード3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フリード3年落ちの買取価格変動を1年分見てみると、110万円ほどから80万円まで30万円も下落しています。

 

これとあわせて流通量も見てみましょう。

フリード3年落ち中古車流通量
フリード3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フリード3年落ちの流通量は少ない状況であり、少し売られるだけでかなり相場変動が出てしまうという状況です。

 

2018年末においては少し売られている傾向があり、そのことが買取価格に影響を与えていることが分かります。

5年落ちの買取価格相場

フリード5年落ち買取相場の変動
フリード5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フリード5年落ちの買取価格を見てみると、1年を通してほとんど変動していないことが分かります。

 

ただし、あまりデータ数が多くないということもありますので、その点を流通量も確認してみましょう。

フリード5年落ち中古車流通量
フリード5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フリード5年落ちの流通量は1月から3月に増える傾向がありますので、そのことが買取価格変動に影響を与えています。

 

また、2018年末はそれほど売られていないようです。

7年落ちの買取価格相場

フリード7年落ち買取相場の変動
フリード7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フリード7年落ちの買取価格は1年を通じて下落している状況です。

 

きれいなグラフになっている状況ですが、流通量はどうなっているのでしょうか。

フリード7年落ち中古車流通量
フリード7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フリード7年落ちの流通量は1月から3月に増えている状況でした。

 

その後はそれほど売られていないのですが、相場の下落は止まらない状況です。

 

1月から3月は流通量が増える傾向にあるので、フリード7年落ち2019年の買取相場は厳しい状況になるでしょう。

10年落ちの買取価格相場

フリード10年落ち買取相場の変動
フリード10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フリード10年落ちの買取価格変動を1年で見てみると、25万円から17万円に相場が下落しています。

 

流通量の面からどのような状況になっているのかをみてみましょう。

フリード10年落ち中古車流通量
フリード10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フリード10年落ちの流通量は2018年末において売られている状況です。

 

このことで不利なのは2019年1月から3月は流通量が増えることが予想されていて、2019年のフリード10年落ち買取価格は厳しい状況になる見通しです。

フリードのリセールバリュー

フリード年式別買取相場1
フリード年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

フリードのリセールバリューはどの年落ちで売られているかを合わせて見る必要があります。

フリード年式別流通量比較1
フリードが何年で売られているかわかるグラフ

 

フリードは5年落ちまであまり売られていない状況で、5年落ち以降が一気に車を売られています。

 

また7年落ちや9年落ちにおいて一番売られる状況で、その後はまだ比較的新しい車なので今後どのような傾向になるのかというと、11年落ちから15年落ちの流通量が増えると予想しています。

事故車のフリード買取価格相場差

フリード走行距離買取価格1
フリードを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

フリードの事故車とそうでない車の買取価格差は「10万円から30万円」が目安です。

 

この買取価格差は走行距離が進んでいくと縮んでいく傾向にあり、それは上のグラフで確認できます。

フリードの買取価格相場まとめ

フリード数年の相場変動
フリードの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

フリードの買取価格変動を数年間見てみると、ある部分においては少し上昇に転じているわけですが、ずっと価値を下げている点が分かります。

 

このことは流通量の観点で見てみると分かりやすいです。

フリード数年の流通量
フリードの流通量が数年間わかるグラフ

フリードの流通量は年々増えている状況にあり、そのことは買取相場の下落が進んでいきます。

 

2018年は50万円から35万円になり、フリード全体の相場が15万円下落となっています。

 

まとめると、フリードを売るタイミングとしては最も売られるタイミングである5年落ちよりも前に売ると有利なので「4年落ちまでに売る」ことが良く、次は「6年落ち」、そして8年落ちを超えると買取価格が厳しくなる状況なので、満足いく査定額で売りたいならば「7年落ち」が最終ラインといえます。

 

以上、お役立てください。