1024px-2010_Toyota_Crown_Athlete_rear
TTTNIS [CC0], via Wikimedia Commons
更新日時:2019年05月05日03時19分

クラウン買取価格相場のポイント
  • クラウンを高く売るならば4年落ちまで、満足いく査定額で売るならば10年落ちまでが目安
  • クラウンは11年落ち以降で売られる数が下がるので、11年落ち以降に売る場合は査定額が不利になることは覚悟する
  • 事故車とそうでいない車の買取価格差は「10万円から40万円」が目安

⇒クラウン買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

クラウン:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

クラウン年式別買取相場1
クラウン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
クラウン年落ち別買取相場
修復なし 修復有り
0年落ち NA NA
1年落ち 258.42 ~ 284.7 NA
2年落ち 195.3 ~ 217.6 103.36 ~ 103.36
3年落ち 191.32 ~ 232.48 155.3 ~ 157.1
4年落ち 138.2 ~ 196.1
5年落ち 111.26 ~ 149.68 76.76 ~ 107.32
6年落ち 104.24 ~ 161.6 61.28 ~ 102.72
7年落ち 49.74 ~ 82.86 39.56 ~ 56.06
8年落ち 39 ~ 84.3 29 ~ 36.6
9年落ち 32.68 ~ 64.16 24.76 ~ 43.8
10年落ち 26.26 ~ 45.6 20.9 ~ 31.5

クラウンの買取価格グラフを見て欲しいポイントは、「1年落ちの買取価格中央値」「6年落ち」「9年落ち以降」です。

 

まず1年落ちの買取価格中央値ですが、上のグラフで箱型の目盛りになっていますが、その箱の真ん中が中央値であり、誤解を恐れずに分かりやすく言うと実態を考慮した平均値のようなものだと考えてください。

 

その1年落ちの買取価格中央値がかなり低い位置にあり、このことは高く売れる車がある反面、安く売ってしまう車が多いことを予想しています。

 

ただ、クラウン1年落ちではそれほど売られている傾向がないので、かなり特異な状況になっている相場になっています。

 

またクラウン6年落ちは買取価格が一気に下がる状況であり、このことは5年落ちで車を多く売られていることが要因です。

 

そして9年落ち以降は状態によっては満足に査定が付かない車も出てくる経年になりますので、これから車を売るとすれば注意が必要です。

クラウン:下取り相場と買取相場の比較

クラウンの下取り相場グラフ
クラウンの下取り相場 調査日:2019年2月26日 出典:トヨタ下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

クラウンの下取り相場は「44」万円でした。

 

これに対応するクラウンの買取相場は「26.42 ~ 54.48」万円であり、クラウンを売るならば約「10」万円ほど「買取相場」が有利であることが分かりました。

 

ただし、査定を行う業者は査定額を車価値まですぐには出しませんから、交渉をスムーズにするためにも、業者間の競争は忘れず行うようにしてください。

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

  査定は早くしたほうが有利2  

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

 

↓申し込み完了後の画面↓

かんたん車査定ガイド申し込み例  

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

 

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

 

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

 

クラウングレード別買取価格相場

クラウン10年落ちグレード別買取相場
クラウン10年落ち:買取価格比較できるグラフ
クラウン10年落ち買取価格相場表
修復なし 修復有り
アスリート 37.16 ~ 50.16 8.08 ~ 8.08
アスリート Gパッケージ NA
アスリート i-Four NA
アスリート i-Four アニバーサリーエディション ムーンルーフパッケージ NA
アスリート i-Four ナビパッケージ 38.88 ~ 38.88 NA
アスリート アニバーサリーEd 33.88 ~ 40.64 NA
アスリート スペシャルEd NA
アスリート ナビパッケージ 25.44 ~ 28.2 NA
ロイヤルサルーン 19.76 ~ 34.08 16.04 ~ 18.84
ロイヤルサルーン G 32.16 ~ 42.72
ロイヤルサルーン G オットマンパッケージ NA
ロイヤルサルーン i-Four NA
ロイヤルサルーン アニバーサリーEd 30.76 ~ 46.6 22 ~ 25.92
ロイヤルサルーン スペシャルEd NA
ロイヤルサルーン ナビパッケージ 26.12 ~ 47.92 28.58 ~ 31.02

 

クラウン10年落ちで車買取価格をグレード別に比較すると高く売れるグレードがどれか分かります、と言いたいところですがデータ数も多くないので比べるのが難しい状況ともいえます。

 

グラフを見た限りでは、高く売れるグレードは「アスリートナビパッケージ」であり、「アスリート」「ロイヤルサルーンi-Four」も高く売れる可能性があります。

ボディカラー別の買取価格比較

クラウン10年落ちボディーカラー買取相場
クラウン10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

クラウンの買取価格をボディカラー別に見てみると、高く売れる車体色は「ホワイト」「パール2」と一般色が人気です。

 

少し前にピンク色のクラウンなどありましたが、目立つとはいえ万人受けしないために、このような車体色は希少価値が出ない限りは高く売ること難しいといえますね。

型式別の買取価格比較

クラウン10年落ち型式買取相場
クラウン10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

クラウンの型式別買取価格を比較すると、高く売れる型式は「GRS200」や「GRS204」です。

 

またグラフから判断すると、クラウンの安い査定額になってしまう型式は「GRS180」「GRS182」です。

 

意外に10年落ちでも車価値があるのはさすがクラウンと言えます。

1年間の買取価格変動

クラウン年間の相場変動
クラウンの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

クラウンの買取価格変動を1年ベースで見てみると、意外に変動が激しい状況を見ることが出来ます。

 

注目すべきは2018年末は下げ相場となっていて、2019年1月から3月は流通量が増えることによって相場が下がることを予想しているので、2019年のクラウン買取相場は厳しいものになると予想しています。

クラウン年間の流通量
クラウンの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

クラウンは2018年10月付近に売られていますね。

 

反面、2018年半ばはあまり売られていない状況がありますので、これが車相場上昇に影響を与えた影響だと判断しています。

3年落ちの買取価格相場

クラウン3年落ち買取相場の変動
クラウン3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

クラウン3年落ちの買取相場は1年を通じて下落しています。

 

特に2018年末の下落は2019年1月から3月の流通量増もあって、2019年初めから厳しい状況となりそうです。

クラウン3年落ち中古車流通量
クラウン3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

クラウン3年落ちの流通量は2018年末に増えていることが確認できます。

 

ただし、左の流通量軸を見てわかるのですが、それほど大きな数ではないことも注目してほしいと思います。

5年落ちの買取価格相場

クラウン5年落ち買取相場の変動
クラウン5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

クラウン5年落ちの買取価格相場は、多少の上下はあったとしても1年を通じて下落して、180万円から130万円ほどまで下げています。

 

この要因を探すために流通量を見てみましょう。

クラウン5年落ち中古車流通量
クラウン5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

クラウン5年落ちの流通量を見てみると、2018年半ばから売られていることが確認できます。

 

2019年1月から3月までは売りが多くなることを予想すると、2019年におけるクラウン5年落ち買取価格相場は厳しくなると予想しています。

7年落ちの買取価格相場

クラウン7年落ち買取相場の変動
クラウン7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

クラウン7年落ちの買取価格は1年を通してきれいに100万円から65万円に下落しています。

 

これを流通量の面から見てみることにしましょう。

クラウン7年落ち中古車流通量
クラウン7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

クラウン7年落ちの流通量は2018年末に多くなっていて、そのことが買取相場が下がっている理由なのですが、一直線に価値下落があったことは説明が付きませんね。

 

クラウン7年落ちは思ったよりも価値を下げていると判断しています。

10年落ちの買取価格相場

クラウン10年落ち買取相場の変動
クラウン10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

クラウン10年落ちの買取価格は60万円から35万円とそれなりに下落していることを確認できます。

 

気になるのが2018年末に相場が落ちている点です。

クラウン10年落ち中古車流通量
クラウン10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

クラウン10年落ち流通量を見てみると、2018年末に多く売られていることが確認できますね。

 

2019年1月から3月に車が売られる量が増える予想なので、相場がさらに下がることを考えると、これからクラウン10年落ちを売ろうと考えている方は要注意です。

クラウンのリセールバリュー

クラウン年式別買取相場1
クラウン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

クラウンのリセールバリューを見るためには、どの年式で売られているのかを見る必要があります。

クラウン年式別流通量比較1
クラウンが何年で売られているかわかるグラフ

 

クラウンは新車登録から3年落ち、5年落ちと、良く売られているのですが、意外にも7年落ちでは売られていません。

 

その後は徐々に上がっていき、13年落ちでクラウン売却数が最も多くなっています。

 

これは2つの考え方があり、1つは買ってから壊れるまで乗りつぶす方、もう1つは3年落ちや5年落ちで売られた後に購入した人が車を乗りつぶすタイプです。

 

まあ、ほとんどの車はこのような流通経路になりますが、クラウンは少し特徴的な車であると考えていて、このようなきれいなグラフになることは珍しいのです。

 

年落ちの傾向を見たうえで車の売り時を考えると、4年落ち前に売ること、その後はいつ売っても同じかもしれませんが、11年落ち以降に売却数が増えている点を考えると10年落ちまでが、満足いく査定額で売るラインなのかもしれません。

事故車のクラウン買取価格相場差

クラウン走行距離買取価格1
クラウンを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

クラウンの事故車とそうでない車の買取価格差は「10万円から40万円」が目安です。

 

なお、この差は走行距離10万キロメートルを超えたあたりから特に小さくなっていくことを、上のグラフで確認するようにしてください。

クラウンの買取価格相場まとめ

クラウン数年の相場変動
クラウンの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

クラウンの買取価格変動を数年単位で見てみると、2018年は相場の上下がありますが、最終的には13万円ほど安くなっています。

 

なお、この変動は流通量から説明が出来る場合があります。

クラウン数年の流通量
クラウンの流通量が数年間わかるグラフ

 

流通量と買取価格変動を対応させてみて欲しいのですが、2018年2月の大きな変動は流通量が多くなったことが原因のようです。

 

また、2018年末においてかなり売られていることが確認できますので、これからクラウンを売ろうとする方は注意が必要でしょう。

 

まとめると、クラウンを高く売りたいならば4年落ちまでがおすすめで、その後の目安としては11年落ちから良く売られることを考えると10年落ちまでに売ると満足いく額で売れるのではないかと判断しています。

 

以上、お役立てください。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者