1024px-TOYOTA_PRIUSα_ZVW41_REAR
CEFICEFI [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
更新日時:2019年02月11日03時20分

プリウスアルファ買取価格相場のポイント
  • プリウスアルファは5年落ちで最も売られる車であるため、高く売りたいならば「4年落ちまでがおすすめ」
  • 3年落ちでも良く売られていて大きな相場下落は3年落ちから始まっている
  • 事故車とそうでない車の買取価格差は「10万円から30万円」が目安

⇒プリウスアルファ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

プリウスアルファ:3年落ちから7年落ちの買取価格相場

プリウスアルファ年式別買取相場1
プリウスアルファ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
プリウスアルファ年落ち別買取相場
修復なし 修復有り
0年落ち NA NA
1年落ち 138.64 ~ 146.24
2年落ち 120 ~ 161.2 96.6 ~ 104.2
3年落ち 106.7 ~ 143.6 82.76 ~ 108.2
4年落ち 91.16 ~ 139.56 68 ~ 89.2
5年落ち 71.34 ~ 106.8 53.2 ~ 76.32
6年落ち 50.2 ~ 92.24 42.8 ~ 64.8
7年落ち 44.44 ~ 82.4 35.8 ~ 56.2
8年落ち 39.44 ~ 72.48 32.62 ~ 55.52
9年落ち NA NA
10年落ち NA NA

プリウスアルファの買取価格で見て欲しいポイントは「5年落ち」です。

 

後に詳しく話しますが、プリウスアルファが最もよく売られているのは5年落ちであり、その点で買取価格下落が大きくなっていることが、上にあるグラフで確認できますね。

 

その他にいうことがあるとすれば、車が古くなるにつれて規則正しく価値下落が進んでいることもあり、わかりやすい相場配置となっています。

 

そのため、基本的にどの時期で車を売っても損をするということはありませんが、先に話した5年落ちのタイミングだけは下落が大きくなっているので注意してください。

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

  査定は早くしたほうが有利2  

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

 

↓申し込み完了後の画面↓

かんたん車査定ガイド申し込み例  

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

 

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

 

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

 

プリウスアルファグレード別買取価格相場

プリウスアルファ7年落ちグレード別買取相場
プリウスアルファ7年落ち:買取価格比較できるグラフ
プリウスアルファ7年落ち買取価格相場表
修復なし 修復有り
49.6 ~ 88.12 37.72 ~ 58.12
G ツーリングセレクション 46.48 ~ 81.8 37.24 ~ 37.8
G ツーリングセレクション スカイライトパッケージ 72.08 ~ 86 NA
41.28 ~ 71.48 34.16 ~ 49.9
S Lセレクション 38.3 ~ 57.58 31.5 ~ 51.02
S ツーリングセレクション 52.9 ~ 90.3 43.68 ~ 55.68

プリウスアルファ7年落ちの買取価格を使って高く売れるグレードを探していきます。

 

プリウスアルファの高く売れるグレードは「S ツーリングセレクション」「G」「G ツーリングセレクション スカイライトパッケージ」「G ツーリングセレクション」です。

 

分かりやすくすれば、ツーリングセレクション系列とGグレード系列は有利であると見てください。

ボディカラー別の買取価格比較

プリウスアルファ7年落ちボディーカラー買取相場
プリウスアルファ7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

プリウスアルファの高く売れるボディカラーは「ガンメタ」「パール」「グレー」となっています。(2019年1月データに基づく)

 

基本的には渋めの色が人気のようで、プリウスアルファ自体も派手な外観ではないので、車体色の相性として合うのでしょう。

型式別の買取価格比較

プリウスアルファ7年落ち型式買取相場
プリウスアルファ7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

プリウスアルファの買取価格を型式で比べた結果、若干ながら「ZVW40W」のほうが高い傾向が出ています。(2019年1月データに基づく)

 

ただし、両者はそれほど差がないために、プリウスアルファの型式別買取価格についてはあまり気にする必要はありません。

1年間の買取価格変動

プリウスアルファ年間の相場変動
プリウスアルファの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

プリウスアルファの買取価格変動を1年分見てみると、相場が上下して最終的には10万円安になっている状況が確認できます。

 

これを流通量の面から見てみましょう。

プリウスアルファ年間の流通量
プリウスアルファの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

プリウスアルファの流通量は1年を通じて平均的に売られていますが、部分的に売られている時期とそうでない時期を買取価格変動とあわせて相場を見てもらうと、流通量による価格変動が対応していることが分かります。

 

2019年は上げ相場からスタートしていることもありまだまだ人気があるということで、プリウスアルファの買取価格についてはまだまだ期待できそうな印象です。

3年落ちの買取価格相場

プリウスアルファ3年落ち買取相場の変動
プリウスアルファ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

プリウスアルファ3年落ちの買取価格変動を1年分グラフで見てみると2018年9月あたりから急激に下落していることが分かります。

 

この点を流通量の面からも確認してみましょう。

プリウスアルファ3年落ち中古車流通量
プリウスアルファ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

2018年9月付近で特に売られている傾向は発見できませんでした。

 

ただ2019年1月は売られていて、そのことが相場を下げている状況も確認できていますので、2019年のプリウスアルファ3年落ち買取価格は厳しい状況からスタートすることになります。

5年落ちの買取価格相場

プリウスアルファ5年落ち買取相場の変動
プリウスアルファ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

プリウスアルファ5年落ちの買取価格変動は、2018年4月まで価値を下げた後、一時は盛り返しましたが、その後2018年10月付近に再び反転して下落しています。

プリウスアルファ5年落ち中古車流通量
プリウスアルファ5年落ち:流通量がわかるグラフ

流通量を見てみると相場下落した点で車が売られていることが分かります。

 

2019年1月も売られている状況にありますので、2019年1月から3月としばらく下げ相場が続く見通しのプリウスアルファ5年落ちを売る時期については難しいですね。

 

7年落ちの買取価格相場

プリウスアルファ7年落ち買取相場の変動
プリウスアルファ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

プリウスアルファ7年落ちの買取価格変動は、多少の上下はありますが右肩下がりで落ちていることが分かります。

 

80万円から60万円と、1年で約20万円安の状況になっています。

プリウスアルファ7年落ち中古車流通量
プリウスアルファ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

プリウスアルファ7年落ちの流通量は2019年1月から増加傾向にあります。

 

そのため、2019年2月と3月は引き続き流通量が増加しますので、しばらくはプリウスアルファ7年落ちにとって厳しい相場となりそうです。

プリウスアルファのリセールバリュー

プリウスアルファ年式別買取相場1
プリウスアルファ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

プリウスアルファのリセールバリューを見るならば、どの年落ちで良く売られているのかを確認することが重要です。

 

プリウスアルファ年式別流通量比較2
プリウスアルファが何年で売られているかわかるグラフ

 

プリウスアルファは5年落ちで最も多く売られていて、その次は3年落ちということでした。

 

まだ比較的新しい車ということもありますが、3年落ちでそれなりに売られている車というのはなかなか珍しい傾向であり、このような車は中期的に価値を維持するのが難しい可能性があります。

 

また3年落ちと5年落ちの買取価格下落が大きい点も、この流通量から説明が付きますね。

事故車のプリウスアルファ買取価格相場差

プリウスアルファ走行距離買取価格1
プリウスアルファを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

プリウスアルファの事故車とそうでない車の買取価格差は「10万円から30万円」が目安です。

 

思ったよりも事故車による買取価格差が小さい点が確認できました。

 

確かにプリウスアルファは実用に使う車というイメージがあり、それを損なわないならば多少事故による損傷があっても気にならないのかもしれません。

プリウスアルファの買取価格相場まとめ

プリウスアルファ数年の相場変動
プリウスアルファの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

プリウスアルファの買取価格を数年分グラフにしてみたところ、右肩下がりで下落していることが確認できます。

 

現在はまだまだ需要があり人気を保っていますが、長期的な人気維持は難しい車ではないかという見通しです。

 

もちろん実用に使われる車でもあるので、価値が一気に下がるということもありませんが、ハイブリッドカー人気による価値はそろそろ一服するのではないかと考えています。

プリウスアルファ数年の流通量
プリウスアルファの流通量が数年間わかるグラフ

プリウスアルファの流通量は年々増えていて、来年は9年落ちの車が多く売られることが予想されるので、その点で2019年は売り時といえるのかもしれません。

 

まとめると、プリウスアルファを売るならばよく売られる5年落ちよりも前に売るべきで4年落ち前がおすすめですが、5年落ちの価値下落を気にしないならばいつ売ってもそれなりに需要がある車なので相場は安定しています。

 

ただ中期的には相場維持が難しくなる車であると考えていますので、これからしばらくしてプリウスアルファを売るという方は、今後買取相場の動向を注意して確認するようにしてください。

 

以上、お役立てください。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者