1024px-2007_NISSAN_SERENA_20S
TTTNIS [Public domain], from Wikimedia Commons
更新日時:2019年02月01日19時26分

セレナ買取価格相場のポイント
  • セレナを高く売りたいなら「4年落ち」まで、満足いく査定額で売りたいならば「7年落ち」までが目安
  • 8年落ち以降のセレナは買取相場が低くなっていて、査定が付かないということも覚悟する
  • 事故車とそうでない車の買取価格差は「5万円から25万円」が目安

⇒セレナ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

セレナ:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

セレナ年式別買取相場1
セレナ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
セレナ年落ち別買取相場
修復なし 修復有り
0年落ち NA NA
1年落ち 174.42 ~ 199.9 160.6 ~ 198.2
2年落ち 155.44 ~ 188 116 ~ 141.6
3年落ち 131.6 ~ 169.2 100.9 ~ 126.4
4年落ち 112.4 ~ 142 42.32 ~ 95.36
5年落ち 96 ~ 129.2 51.84 ~ 93.6
6年落ち 69.2 ~ 108.4 33.5 ~ 78.58
7年落ち 40.48 ~ 89.6 27.6 ~ 61.76
8年落ち 32.96 ~ 72.44 19.04 ~ 41.52
9年落ち 9.9 ~ 38.12 5.48 ~ 16.92
10年落ち 9.12 ~ 32.5 5.54 ~ 16.1

セレナの買取価格で注目してほしいポイントは、「2年落ち」と「5年落ち」、そして「8年落ち以降」です。

 

まず2年落ちに関しては新しいモデルと古いモデルの買取価格差である場合があります。

 

そのため、あまり気にすることはありません。

 

5年落ちの買取価格については、セレナは5年目に売られることが多く、そのこともあり買取相場を下げている要因になっています。

 

そのため、セレナを高く売るならば4年落ち以前に売ると有利です。

 

最後に8年落ち以降に関しては、一気に相場が下がっている点を確認できると思いますが、それなりの金額で売りたいと考えるならば、7年落ちまでに売ることが望ましいでしょう。

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

  査定は早くしたほうが有利2  

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

 

↓申し込み完了後の画面↓

かんたん車査定ガイド申し込み例  

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

 

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

 

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

 

セレナグレード別買取価格相場

セレナ5年落ちグレード別買取相場
セレナ5年落ち:買取価格比較できるグラフ
セレナ5年落ち買取価格相場表
修復なし 修復有り
20G NA
20G Sハイブリッド 82.6 ~ 107.6 NA
20G Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージ 101.2 ~ 106.8 51.84 ~ 54.04
20G アドバンスドセーフティパッケージ NA
20S 33.94 ~ 39.72
20X 117.04 ~ 120.12 NA
20X Sハイブリッド 84.08 ~ 98.8 41.42 ~ 78.8
20X Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージ 79 ~ 95.02 49.28 ~ 49.28
Hスター SハイブリッドVセレ+セーフティ アドバンスド セーフティ パッケージ 117.86 ~ 131.6 NA
オーテック ライダー NA
オーテック ライダー Sハイブリッド 99.2 ~ 111.2 21.6 ~ 21.6
オーテック ライダー Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージ 107.92 ~ 120
オーテック ライダー パフォーマンススペック Sハイブリッド 121.04 ~ 121.04 NA
オーテック ライダーBL ZZ アドバンスドセーフパッケ NA
オーテック ライダーブラックライン Sハイブリッド 103.3 ~ 136.56
オーテック ライダーブラックライン Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケ 96.76 ~ 134.4 NA
オーテック ライダーブラックライン パフォーマンススペック Sハイブリッド 127.6 ~ 127.6 NA
オーテック ライダーブラックラインZZ NA
オーテック ライダーブラックラインZZ Sハイブリッド NA
オーテック ライダーブラックラインZZ Sハイブリッド アドバンスドセーフパッケ 124 ~ 124 NA
ハイウェイスター 123.78 ~ 132.22
ハイウェイスター G Sハイブリッド 112.96 ~ 133.2 79.2 ~ 79.2
ハイウェイスター G Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージ 94.28 ~ 128.38 75 ~ 93.6
ハイウェイスター Sハイブリッド 93.2 ~ 127.2 75.16 ~ 98.9
ハイウェイスター Sハイブリッド Vセレクション 68.4 ~ 83.62
ハイウェイスター Sハイブリッド Vセレクション+セーフティ 118.24 ~ 135.68 NA
ハイウェイスター Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージ 104.58 ~ 130.72 74.8 ~ 94.8
ハイウェイスター アドバンスドセーフティパッケージ 68.64 ~ 99.52 NA
ハイウェイスター クロスギア Sハイブリッド アドバンスドセーフティパッケージ 90 ~ 90

こちらではセレナ5年落ちのデータを使って高く売れるグレードをみていきます。

 

セレナの場合には安い相場になってしまうグレードとそれ以外で見るほうが分かりやすく、一般グレードである「20G Sハイブリッド」や「20S」などは不利な相場になっています。

 

高く売れるグレードは一般グレード意外なのですが、代表的なのは「ハイウェイスター Sハイブリッド」であったり、「ハイウェイスターVセレクション」と、ハイウェイスターシリーズが強いことが分かります。

ボディカラー別の買取価格比較

セレナ5年落ちボディーカラー買取相場
セレナ5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

セレナのボディカラー別買取価格で見てみると、「ワインレッド」「ブラック」「ブラウン」「パール」などが人気です。

 

ワインレッドの車体色は最近人気があるようですね。

型式別の買取価格比較

セレナ5年落ち型式買取相場
セレナ5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

セレナ買取価格を型式別に比較すると、「C26」「NC26」以外はそれなりの価値が付いているようです。

 

高く売れる型式とそうでない型式の買取価格差は10万円から20万円ほどでしょうか。

1年間の買取価格変動

セレナ年間の相場変動
セレナの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

セレナの買取価格変動を1年分グラフで見てみると、5万円ほど上昇していることが分かります。

 

もちろん、車価値が上がったわけではありませんが人気がある車種なのが分かります。

 

買取価格変化のタイミングは流通量と合わせてみると車売却時期を把握するのに役立ちます。

 

セレナ年間の流通量
セレナの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

セレナの流通量は1年を通じてそれほど変化がありません。

 

基本的に車は1月から3月に流通量が増えるのですが、車種全体で見るとそれほど多くないようで、年間通じて平均的に売られていると言えます。

3年落ちの買取価格相場

セレナ3年落ち買取相場の変動
セレナ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

セレナ3年落ちの買取価格変動を1年分見てみると、2018年10月以降に下落していることが分かります。

 

このことを流通量の側面から確認してみましょう。

セレナ3年落ち中古車流通量
セレナ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

セレナ3年落ちの流通量を見てみるとそれほど流通量が増えているわけではないようです。

 

そのため、2018年末の買取価格下落については車全体の傾向であると判断しています。

5年落ちの買取価格相場

セレナ5年落ち買取相場の変動
セレナ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

セレナ5年落ちの買取価格変化を1年分見てみると、1月から3月に下落が進んでいることが分かります。

 

その後は買取価格が反発していますが、2018松には80万円付近に戻ってきています。

セレナ5年落ち中古車流通量
セレナ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

セレナ5年落ちの流通量を見てみると、1月から3月まで増えていっていることが分かります。

 

また2018年9月に売りが増えたこともあって、これが相場下落の理由になっていると考えています。

7年落ちの買取価格相場

セレナ7年落ち買取相場の変動
セレナ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

セレナ7年落ちの買取価格変動を1年分みてわかるのは、2018年2月から4月までにかけて価値が下落していることです。

 

その後は小さく変動して最終的には緩やかに下落しています。

 

セレナ7年落ち中古車流通量
セレナ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

セレナ7年落ちの流通量は年内を通じて平均的に売られているようです。

 

ただ、2018年末に多少量が増えている日がありますね。

10年落ちの買取価格相場

セレナ10年落ち買取相場の変動
セレナ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

セレナ10年落ちの買取価格は1年を通して下落しています。

 

特に2018年末の相場に関しては注意しなければいけません。

セレナ10年落ち中古車流通量
セレナ10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

セレナ10年落ちは2018年末によく売られている傾向があります。

 

1月から3月までは車が良く売られるので、2019年はセレナ10年落ちの車において厳しい相場になりそうです。

セレナのリセールバリュー

セレナ年式別買取相場1
セレナ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

セレナのリセールバリューを見るためには、どのぐらい売られているのかを見るほうが良く、買取価格相場と流通量は合わせてみるようにしてください。

セレナ年式別流通量比較1
セレナが何年で売られているかわかるグラフ

 

セレナが新車登録から売られるタイミングは、5年落ちのときであり、その後7年落ちで売られ、9年落ち、11年落ちと車検のタイミングで売りが増えていますね。

 

意外かもしれませんが、長期保有するオーナーはいないようで、過去においてはそれほど魅力的な車で無かったことも理由の一つなのかもしれません。

事故車のセレナ買取価格相場差

セレナ走行距離買取価格1
セレナを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

セレナの事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から25万円」が目安です。

 

走行距離が増えるにつれて、その差は縮んでいくことを上のグラフで確認してください。

セレナの買取価格相場まとめ

セレナ数年の相場変動
セレナの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

セレナの買取価格変動を数年分見てみると、相場の変動は激しいですが、2018年はそれほど変わっていないことが分かりますね。

 

近年のミニバン人気とセレナの人気上昇に伴って、買取価格が有利な状況になっていると判断しています。

セレナ数年の流通量
セレナの流通量が数年間わかるグラフ

セレナの流通量が増える段階で相場が下がっている点を見てもらうと分かるのですが、このようなときに車を売らないように注意が必要です。

 

逆に流通量が減る段階では買取価格相場が上がっていますね。

 

車を売る時期については、多くの方が売らないときに車を売るというのが望ましいと言えます。

 

まとめると、セレナを売るならば高く売れるのは4年落ちまで、満足いく査定額で売れるのは7年落ちまで、 8年落ち以降はある程度低くなる査定額を覚悟する必要があります。

以上、お役立てください。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者