5th_Subaru_Legacy_2
Kuha455405 [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
レガシィツーリングワゴン買取価格相場のポイント
  • レガシィツーリングワゴンを高く売りたいならば出来る限り早く売ることが望ましく、最終ラインは「8年落ち」である
  • 11年落ちを超えた場合には買取価格が期待できず、さらに13年落ちでは査定額が付かないことも覚悟する
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から45万円」が目安

⇒レガシィツーリングワゴン買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

レガシィツーリングワゴン:5年落ちから10年落ちの買取価格相場

レガシィツーリングワゴン年式別買取相場1
レガシィツーリングワゴン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
レガシィツーリングワゴン年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ちNANA
2年落ちNANA
3年落ちNANA
4年落ちNANA
5年落ち24.48 ~ 65.04NA
6年落ち42.64 ~ 82.812.42 ~ 13.26
7年落ち29.84 ~ 64.5611.04 ~ 25.76
8年落ち15.76 ~ 39.217.6 ~ 24
9年落ち13.38 ~ 38.2812.26 ~ 31.38
10年落ち11.56 ~ 29.48.52 ~ 16.66

レガシィツーリングワゴンの買取価格を年落ち別にみてみると、その買取相場の範囲は90万円から30万円ほどであることが分かります。

 

もちろん状態やグレードなどによって価格帯の変動が大きく、5年落ちの場合にはその範囲が相当な広さであることが分かります。

 

レガシィツーリングワゴンの相場について見て欲しいポイントは、「5年落ち」と「9年落ち以降」です。

 

まずレガシィツーリングワゴン5年落ち買取価格については、すでに話したように買取価格の幅が大きく、高く売れる車と安い査定額になってしまう車の差が大きいため、安売りをして損をしないようにしたいものです。

 

また9年落ち以降のレガシィツーリングワゴン買取価格については全く査定が付かないということは少ないですが、相当価値が低くなるのは覚悟しなければいけません。

 

満足いく査定額でレガシィツーリングワゴンを売りたいならば、8年落ちまでに査定額を売りたいものです。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

レガシィツーリングワゴングレード別買取価格相場

レガシィツーリングワゴン10年落ちグレード別買取相場
レガシィツーリングワゴン10年落ち:買取価格比較できるグラフ
レガシィツーリングワゴン10年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
2.0GT アイサイトNA
2.0GT スマートセレクション18.4 ~ 18.4
2.0GT プレミアムレザーリミテッド
2.0i アドバンテージライン7.68 ~ 15.6
2.0i スマートセレクション3.52 ~ 10.345.46 ~ 11.1
2.5GTNA
2.5GT Lパッケージ32.1 ~ 40.315.84 ~ 15.84
2.5GT Sパッケージ31.02 ~ 65.18
2.5i
2.5i Lパッケージ8.96 ~ 20.887.2 ~ 7.2
2.5i Lパッケージ リミテッド13.98 ~ 15.86NA
2.5i Sパッケージ11.48 ~ 17.649.68 ~ 9.68
GT ターボNA
GT ターボ スペックBNA14.92 ~ 17.72
i カジュアルエディションNA

 

レガシィツーリングワゴン10年落ちの買取価格を使って、どのグレードが高く売れるのかを見てみます。

 

レガシィツーリングワゴンで高く売れるグレードは「2.5GT Sパッケージ」ですが、他のグレードもデータ数が少ないので分かりづらいですが、「2.5」シリーズのグレードや、「GTターボ」も高く売れるグレードであると判断しています。

 

逆にレガシィツーリングワゴンの「2.0」系のグレードは安い買取価格になってしまうでしょう。

ボディカラー別の買取価格比較

レガシィツーリングワゴン10年落ちボディーカラー買取相場
レガシィツーリングワゴン10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

レガシィツーリングワゴンのボディカラー別買取価格を見てみます。

 

レガシィツーリングワゴンの高く売れるボディカラーは「ガンメタ」「ダークブルー」と暗めの色が人気です。(2019年1月データに基づく)

 

さすがスポーツカーというところで、人気の色はスポーティーさがある色が高く売れることが分かりました。

型式別の買取価格比較

レガシィツーリングワゴン10年落ち型式買取相場
レガシィツーリングワゴン10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

レガシィツーリングワゴンの高く売れる型式は「BR9」です。

 

データ数は少ないので傾向ぐらいしかわからない型式もありますが、それでもBR9が有利なのは見ると分かりますね。

1年間の買取価格変動

レガシィツーリングワゴン年間の相場変動
レガシィツーリングワゴンの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

レガシィツーリングワゴンの買取価格変動を1年間見てみると、途中で価値の変動が安定したわけですが、2018年末にかけて相場が下落し始めています。

 

この点を流通量の面から確認してみましょう。

レガシィツーリングワゴン年間の流通量
レガシィツーリングワゴンの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

1年を通じて流通量が極端に減るタイミングはありますが、それほど大きな変化がないことが分かります。

 

すでにレガシィツーリングワゴンは絶版になってしまった車ですから、売却するかどうかというタイミングは極端に偏っていないということなのかもしれません。

5年落ちの買取価格相場

レガシィツーリングワゴン5年落ち買取相場の変動
レガシィツーリングワゴン5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴン5年落ちの買取価格を1年間グラフで変動を見て分かるのは、かなり相場が落ちていることです。

 

140万円ほどから100万円を切るほどの状態であり(2019年1月データに基づく)、一時は絶版になるときに人気がありましたが、その人気も落ち着いたというところなのでしょうか。

レガシィツーリングワゴン5年落ち中古車流通量
レガシィツーリングワゴン5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴン5年落ちの流通量はかなり少ない状況になっています。

 

そのため、少しでも車が売られるとなれば相場が動きやすいので注意が必要です。

7年落ちの買取価格相場

レガシィツーリングワゴン7年落ち買取相場の変動
レガシィツーリングワゴン7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴン7年落ちの買取価格変動を1年分グラフで見てわかるのが、1年を通じて価値下落が起こっていることです。

 

この変動の理由を売られている量で確認してみましょう。

レガシィツーリングワゴン7年落ち中古車流通量
レガシィツーリングワゴン7年落ち:流通量がわかるグラフ

レガシィツーリングワゴンが特に多く売られているという事ではありませんでした。

 

また流通量も少ないので少しでも多く売られることで相場が動きやすいことも気を付けなければいけないポイントの一つです。

10年落ちの買取価格相場

レガシィツーリングワゴン10年落ち買取相場の変動
レガシィツーリングワゴン10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴン10年落ちの買取価格は1年間を通じて減少していることが分かります。

 

買取価格の範囲も最終的には25万円近くになっているため、場合によっては満足いかない売却額になる可能性があります。

レガシィツーリングワゴン10年落ち中古車流通量
レガシィツーリングワゴン10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴン10年落ちの流通量に関しては2018年の初めに売られていて、その後には平均的に売られています。

 

特に多く売られているわけでもないのに2018年末に買取価格下落が進んでいることは、この車の人気終焉を意味しているのかもしれません。

レガシィツーリングワゴンのリセールバリュー

レガシィツーリングワゴン年式別買取相場1
レガシィツーリングワゴン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

レガシィツーリングワゴンのリセールバリューを見るならば、いつどれぐらい売られていることと買取価格を比較するべきです。

レガシィツーリングワゴン年式別流通量比較1
レガシィツーリングワゴンが何年で売られているかわかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴンは13年落ちで多く売られていて、その次は11年落ちで売られている状況を確認しています。

 

このことから予想できるのは5年落ちや7年落ちで売られていて、その後この車を取得した人が13年落ちで売るという状況です。

 

多くの方が売るときには車価値は落ちますので、当然ですが11年落ちや13年落ちにレガシィツーリングワゴンを売ることは、査定額が安くなることを覚悟しなければいけません。

事故車のレガシィツーリングワゴン買取価格相場差

レガシィツーリングワゴン走行距離買取価格1
レガシィツーリングワゴンを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

レガシィツーリングワゴンの事故車とそうでない車の買取価格差は「5万円から45万円」が目安です。

 

レガシィツーリングワゴンの買取価格についてはグレードや状態によって差が大きいので、この買取価格差も納得ですね。

 

このように高く売れる車の場合には差が大きくなります。

レガシィツーリングワゴンの買取価格相場まとめ

レガシィツーリングワゴン数年の相場変動
レガシィツーリングワゴンの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

レガシィツーリングワゴンの買取価格変動を数年分見てみると分かるのは、継続的に価値下落が起こっていることです。

 

このことは絶版になってから5年ほど経っていることが原因であり、新しく車が作られて売られるわけではないので、全体の相場としては一方的に下落することになります。

 

レガシィツーリングワゴン数年の流通量
レガシィツーリングワゴンの流通量が数年間わかるグラフ

レガシィツーリングワゴンは先ほども話したように絶版になった車ですので、年々流通量は減っていく状況です。

 

このことは良くも悪くも買取価格変動に影響を与えます。

 

流通量が減ることによって特に状態の良い車の価値を評価される一方で、少しの売却量増加で下落が一気に進んでしまう可能性があるということです。

 

グレードなどが良いレガシィツーリングワゴン以外は、悪くない価格で売れる車ですが逆に高く売れる車でもない状況に突入している現状を、考えると売り時には注意したいところですね。

 

まとめると、レガシィツーリングワゴンを売るならば出来る限り早いほうが有利であり、その目安は8年落ちを最終ラインで考えてください。

 

また11年落ち以降に売却する場合には査定額が相当不利になることを覚悟しておきましょう!

以上、お役立てください。