1024px-SUZUKI_WAGON_R_STINGRAY_X_(MH44S)_front
Tokumeigakarinoaoshima [CC0], ウィキメディア・コモンズより
ワゴンR買取価格相場のポイント
  • ワゴンRを売る場合の最終ラインは7年落ちが目安
  • 2年落ち目の価値下落が大きいが、4年落ち以降の車価値下落は小さい
  • 意外ではあるが1年落ちで多くのワゴンRが売られている!

⇒ワゴンR買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

ワゴンR:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

ワゴンR年式別買取相場1
ワゴンR年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
ワゴンR年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち55.34 ~ 68.5634.78 ~ 46.64
2年落ち48.08 ~ 60.6834.2 ~ 51.04
3年落ち34.64 ~ 47.2824.52 ~ 30.2
4年落ち29.64 ~ 44.421.3 ~ 27.42
5年落ち23.6 ~ 39.69.38 ~ 20.5
6年落ち23.02 ~ 36.2212.64 ~ 21.92
7年落ち12.26 ~ 28.86.08 ~ 14
8年落ち11.04 ~ 22.84.62 ~ 13.38
9年落ち6.48 ~ 19.624.48 ~ 10.56
10年落ち6.3 ~ 16.13.9 ~ 9.2

ワゴンRの年式別相場を見てみると、最初に売られる機会となる2年落ちと3年落ちで相場が下がっている点が確認できますね。

 

面白い点はワゴンRの買取価格相場は5年落ちでそれほど下がっていない点であり、通常は車検などを受ける都合で5年落ちの買取価格は下がるものです。

 

ワゴンRは5年目で売る人が少ない車なのかもしれませんね。

 

グラフの並びについてコメントするというのは少し変ですが、人気がある車というのは、このグラフがきれいな右肩下がりになっている傾向があり、ワゴンRはまだまだ高く売れる車ということが分かります。

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

査定は早くしたほうが有利2

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

↓申し込み完了後の画面↓

査定申し込み後の画面
車の価値がすぐにわかる!

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

ワゴンRグレード別買取価格相場

ワゴンR7年落ちグレード別買取相場
ワゴンR7年落ち:買取価格比較できるグラフ
ワゴンR7年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
FX11.2 ~ 25.63.84 ~ 11.38
FX アイドリングストップ4.08 ~ 4.08
FX リミテッド18.26 ~ 33.126.8 ~ 14.96
FX リミテッド212.12 ~ 29.24NA
リミテッド
リミテッド29.76 ~ 27.4411.38 ~ 12.48

ワゴンR7年落ちの買取価格相場をグレード別の比較をした場合には、「FXリミテッド」が他よりも少し有利です。

 

ただし、7年落ちということもあって、それほど大きく変わるわけではないので、高く売れるかどうかは車の状態に左右されますね。

ボディカラー別の買取価格比較

ワゴンR7年落ちボディーカラー買取相場
ワゴンR7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

ワゴンR7年落ちの車体色違いによる買取価格相場は「ガンメタ」が有利でした。(2019年1月データに基づく)

 

なお、毎月見ている限りでは「パール」「ブルー」が有利であり、ワゴンRは一般的な車体色が有利な状況になっています。

 

型式別の買取価格比較

ワゴンR7年落ち型式買取相場
ワゴンR7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

ワゴンRの型式別買取相場を見てところ、どちがの型式かを比べるのが難しい状況でした。

 

「MH23S」が有利に見えますが、「MH34S」のデータ数が少ないこともあり、比べるのが難しい状況です。

1年間の買取価格変動

ワゴンR年間の相場変動
ワゴンRの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

ワゴンRの買取価格相場は、2018年初頭に少し上昇したものの、その後は年内安定して年末に向かって1万円安ほどで推移しました。

 

基本的には1月から3月までは買取相場は下がる傾向がありますが、2019年はどのように動くのか楽しみです。

ワゴンR年間の流通量
ワゴンRの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

ワゴンRは一昔前に流行った「トールワゴン」という形の軽自動車ですが、今でもまだまだ現役で人気があります。

 

そのため、1日に売られる量を見てわかるように、通年を通して取引数が多いのが特徴です。

3年落ちの買取価格相場

ワゴンR3年落ち買取相場の変動
ワゴンR3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ワゴンR3年落ちの買取価格を年間で見てみると、2018年のはじめこそ少し上昇していますが、その後年内は継続的に相場が下がっています。

 

これはワゴンRがどのぐらい売られたのかを流通量の面でも確認してみましょう。

ワゴンR3年落ち中古車流通量
ワゴンR3年落ち:流通量がわかるグラフ

ワゴンRの買取価格相場が2018年4月より下がっているのは、2018年4月前に大きく売られたことが原因であると考えています。

 

その点を考えると2018年9月にも多く売られており、また2019年1月から3月も車流通量が1.5倍ほどになると予想しているので、今後はしばらく下げ相場を予想しています。

5年落ちの買取価格相場

ワゴンR5年落ち買取相場の変動
ワゴンR5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ワゴンR5年落ちの年間買取価格相場変動については、通例通り1月から3月まで下落したのちに少し返すという形になっていますが、注目のポイントは年末に落ちていることです。

 

このペースであれば1月から3月は、買取価格が下落しますので売る場合は注意が必要です。

ワゴンR5年落ち中古車流通量
ワゴンR5年落ち:流通量がわかるグラフ

ワゴンR5年落ちの売られている量を日別にグラフにしました。

 

通年良く売られていると言えますが、一つ気になるのは9月あたりに強い売りがあったことです。

 

また12月は基本的にそれほど売り先行しないのですが、こちらではそれなりに売られているところを見ると、2019年の1月から3月は少し警戒が必要であると言えますね。

7年落ちの買取価格相場

ワゴンR7年落ち買取相場の変動
ワゴンR7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ワゴンR7年落ちの買取価格相場を1年の範囲で見てみると、5万円ほど下落しています。

 

基本的に1月から3月において下落しますので、2019年より先も同様の傾向で買取価格が落ちていくものと予想しています。

ワゴンR7年落ち中古車流通量
ワゴンR7年落ち:流通量がわかるグラフ

ワゴンR7年落ちは年間を通じて売られていますね。

 

車は1月から3月までは良く売られるはずなのですが、意外にも平均的に売られていることは一つの特徴なのかもしれません。

10年落ちの買取価格相場

ワゴンR10年落ち買取相場の変動
ワゴンR10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ワゴンR10年落ちの買取価格変動1年分のグラフです。

 

15万円から10万円ほどに下落していますが、2019年は状態が悪い車ならば、査定が付かないところまで下がることを予想しています。

ワゴンR10年落ち中古車流通量
ワゴンR10年落ち:流通量がわかるグラフ

ワゴンR10年落ちの売却数は年末に大きく売られていることが確認できます。

 

2019年1月から3月まで売られることを考えると、この冬でかなり相場が落ちることが予想されます。

ワゴンRのリセールバリュー

ワゴンR年式別買取相場1
ワゴンR年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
リセールバリュー残価率
3年落ち40万円30.6%
5年落ち30万円22.9%
7年落ち20万円15.3%

※ワゴンR新車価格は「107万円から154万円」であり、その中間値の「130.5万円」を残価率計算で使用

※リセールバリューは年落ちの買取相場中央値

 

ワゴンRの買取価格相場は2年落ちと3年落ちでかなり価値が落ちていることが分かります。

 

ただ、一番良く売られている年数を見てみると、意外な事実が分かりました!

ワゴンR年式別流通量比較1
ワゴンRが何年で売られているかわかるグラフ

ワゴンRは1年落ち目でかなりの数が売られている反面、3年落ちではそれほど売られておらず、長く乗る車オーナーが多いことがこのグラフから分かります。

 

リセールバリューと手放す年数を見ると、1年目に売るか、長く乗るかというのが、ワゴンRをうまく保有する秘訣なのかもしれません。

古いワゴンR買取価格相場

1024px-2003-2005_Suzuki_Wagon_R
TTTNIS [Public domain], from Wikimedia Commons

10年落ちまでは、少ないながらもなんとか売れるワゴンRですが、11年落ち以降はかなり厳しいことが予想できます。

ワゴンR走行距離買取価格1
ワゴンRを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

古いワゴンRについては、走行距離と買取相場の対応グラフで見ていきますが、走行距離10万キロ付近で9万円の価値となっています。

 

また走行距離15万キロほどのワゴンRでは、ほとんど査定が付かない状況になりますので、古いワゴンRを売るときは税金払い戻しなどを含めた最低査定額である2万円前後を狙っていくことになります。

ワゴンRの買取価格相場まとめ

ワゴンR数年の相場変動
ワゴンRの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

こちらはワゴンRの買取相場についてここ数年間の変動をグラフにしたものです。

 

若干上がったり下がったりしているのは2万円差ほどであり、新型車が中古車市場に流れてきたなどの影響ですのでそれほど気にする必要はないでしょう。

ワゴンR数年の流通量
ワゴンRの流通量が数年間わかるグラフ

ワゴンRの数年間分の売られた量をグラフ化したものですが、ここ数年は流通量が減っている状況になっています。

 

過去においては、軽自動車といえばスズキワゴンRとダイハツムーヴだったわけで、それが現在はスズキスペーシアやダイハツタントに変わったことが影響しているものと考えています。

 

ワゴンRの買取価格相場は、リセールバリューを見るとそれほど高くはないものの、5年落ち以降はそれほど価値が下落しない不思議な車です。

 

ただし、それでも10年落ちを超えるとワゴンRをそれなりの額で売るのはかなり大変で、査定額が付かないのも多くなってきますので、それなりの金額で車を売るならば7年落ちの時を目安に考えてください。

 

それにしてもワゴンRの売られている時期で1年落ち目が多いことはかなり気になります。

 

昔はそうでもなかったと思うのですが、2019年現在において、ワゴンRはリセールバリューを気にして買う車ではないですね。

 

以上、お役立てください。