1024px-Fit_RS・Honda_SENSING_01
Maechan0360 [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
更新日時:2019年06月03日03時27分

フィット買取価格相場のポイント
  • リースに使われる車の買取価格相場変動は激しい(2018年10月付近に3年落ち車が価値下落を確認)
  • 過去に人気があった車で供給過多になっているのでリセールバリューが悪い
  • 査定が付く最後のチャンスは7年落ち付近

⇒フィット買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

フィット:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

フィット年式別買取相場1
フィット年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
フィット年落ち別買取相場
修復なし 修復有り
0年落ち NA
1年落ち 87 ~ 103.12 35.4 ~ 57
2年落ち 54.2 ~ 70.48 42.82 ~ 51.74
3年落ち 46.96 ~ 62.72 41.28 ~ 44.28
4年落ち 39.6 ~ 48.5 36.12 ~ 40.38
5年落ち 27.68 ~ 46.44 24.88 ~ 34.62
6年落ち 21.6 ~ 41.6 16.08 ~ 23.8
7年落ち 11.6 ~ 24.72 9.04 ~ 17.6
8年落ち 8.88 ~ 23.6 7.36 ~ 13.52
9年落ち 4.64 ~ 10.46 3.68 ~ 6.28
10年落ち 4.72 ~ 10.28 3.14 ~ 6.54

先にフィット全体の年落ち買取価格相場比較グラフですが、2年落ちの価格下落が大きくなっています。

 

この影響は3年落ちの買取価格相場にも影響していて、こちらでは3年落ちのデータを見ることが出来ます。

 

また5年落ちの買取価格相場下落は通例ほどの変動になっています。

損をしないために準備は早めに!

車を高く売ることは難しいですが、価値が低くなる前に査定に出すことは面倒はあっても難しいことではありません。

  査定は早くしたほうが有利2  

また、車価値を調べるのが面倒でも、査定申し込み後に概算額を確認することができます。

 

↓申し込み完了後の画面↓

かんたん車査定ガイド申し込み例  

これで車価値よりも低い金額で売ってしまって損をするということを避けられるので安心ですね。

 

価値が下がる前に査定を通すことでせっかく高く売れる車を安売りせずに済みますので、損をしたくないなら今すぐ車価値がわかるサービスを見るようにしてくださいね。

 

⇒45秒で価値を見たいならこちら【無料】

 

フィットグレード別買取価格相場

フィット7年落ちグレード別買取相場
フィット7年落ち:買取価格比較できるグラフ
フィット7年落ち買取価格相場表
修復なし 修復有り
13G 7.2 ~ 8.04 7.2 ~ 7.2
13G スマートセレクション 14.5 ~ 21.4 17.22 ~ 17.58
13G スマートセレクション ファインスタイル 16.22 ~ 18.06 11.44 ~ 11.44
15XH 11.4 ~ 28.02
15XH ファインスタイル NA
10.4 ~ 17.04 8.6 ~ 15.86
G 10thアニバーサリー 10.96 ~ 24.24 8.16 ~ 15.2
G 10thアニバーサリー2 15.62 ~ 23.28 6.04 ~ 11.04
G Fパッケージ 14.8 ~ 15.12 NA
G シーズ 22.1 ~ 26.3 15.32 ~ 16.98
G スマートセレクション 12.36 ~ 27.4 9.8 ~ 16.22
11.28 ~ 11.28
RS 25.12 ~ 42.56 6.88 ~ 6.88
RS 10thアニバーサリー 14.94 ~ 25.08 7.84 ~ 7.84
7.64 ~ 19.6 NA
シーズ ファインスタイル 19.04 ~ 19.04 NA

フィット7年落ちの買取価格相場についてグレード別に比較したところ、やはり「RS」グレードは有利に取引されています。

 

反面、「G」グレードに関しては多少相場が低めになっているようですが、7年落ちになると買われる理由がなくなってくることもあり、グレード間の買取相場はそれほど大きく変わりません。

ボディカラー別の買取価格比較

フィット7年落ちボディーカラー買取相場
フィット7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

高く売れる車体色に関しては、買取価格の中央値範囲を見ると分かるように誤差程度でしかないことが分かります。

 

データ上では、「RS」グレードに採用されるような派手な車体色が高めの相場になっているようですが、この買取価格が高い要因はグレードによる価値です。

型式別の買取価格比較

フィット7年落ち型式買取相場
フィット7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

フィットの型式違いによる買取価格差は「GE8」が有利でした。(2019年1月データに基づく)

 

型式の買取相場は、基本的に番号が大きいほど有利になる傾向にあります。

1年間の買取価格変動

フィット年間の相場変動
フィットの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

1年分のフィットの買取価格相場ですが、2018年の9月あたりから急激に相場を下げています。

 

後にフィットの年式別買取価格相場データで比較しますが、3年落ちで売りが多くなっていることが原因です。

フィット年間の流通量
フィットの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

フィットの中古車流通量を見ると、あまり大きく変わらないように見えます。

 

これは、フィット自体の流通量が多いことが理由の一つで、詳しく状況を見るためには年落ち別のデータを見る必要があります。

3年落ちの買取価格相場

フィット3年落ち買取相場の変動
フィット3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

2018年9月前後の買取価格変動は大きく、10月には一気に45万円近くまで下落しています。

 

このことはフィット3年落ちの流通量を見てみると謎が解けます。

フィット3年落ち中古車流通量
フィット3年落ち:流通量がわかるグラフ

見てわかるように2018年の10月付近に相当数のフィットが売られていることが分かります。

 

この理由は、残価設定の3年満期を迎えるなどいろいろありますが、この量ではそれも考えづらく、おおむねリースアップのフィット中古車が出回ったものと考えています。

5年落ちの買取価格相場

フィット5年落ち買取相場の変動
フィット5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

フィット5年落ちでは2018年末から新年にかけて、買取価格相場が下落しています。

 

この傾向は2019年3月まで続く見通しです。

フィット5年落ち中古車流通量
フィット5年落ち:流通量がわかるグラフ

フィット5年落ちの日別流通量ですが、注目するべきは2018年1月から4月前にかけて流通量が多くなることで、買取価格相場が下がっていることをみてください。

 

例年、1月から3月は車の買い替え需要がありますので、中古車相場は落ちるのですが、フィット5年落ち買取価格も同様に落ちる予想です。

7年落ちの買取価格相場

フィット7年落ち買取相場の変動
フィット7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

フィット7年落ちでは、すでに車価値が低くなっていることもありますが、2018年10月から相場変動の動きがあります。

 

とはいえ、数万円の範囲であるためにそれほど重要性はありません。

フィット7年落ち中古車流通量
フィット7年落ち:流通量がわかるグラフ

最後にフィット7年落ちの流通量について見ていきますが、注目するべきは1月から3月であり、この部分の流通量が多くなっています。

 

今年も同様に1月から3月の流通量が増える見通しなので、買取価格相場が若干下がるものと予想しています。

10年落ちの買取価格相場

フィット10年落ち買取相場の変動
フィット10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

フィット10年落ちのここ1年の買取相場変動についても、買取価格の範囲が4万円ほどなので、あまりみる必要はないでしょう。

フィット10年落ち中古車流通量
フィット10年落ち:流通量がわかるグラフ

最後にフィット10年落ちの流通数については多少見るべきポイントがあります。

 

2018年10月以降に売られている数が増えていることは注目するべきです。

 

とはいえ、フィット10年落ちでは査定が20万円付いたら良い、という状況で数万円程度の変動になるものと考えていますので、金額的な部分から実質的な面で買取価格を見ていく必要は無いと言えます。

フィットのリセールバリュー

フィット年式別買取相場1
フィット年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
リセールバリュー 残価率
3年落ち 42万円 24.0%
5年落ち 30万円 17.1%
7年落ち 12万円 6.8%

※フィット新車価格は「142万円から208万円」であり、中間の値「175万円」を使って残価率を計算

※リセールバリューは各年落ち価格の中央値を参照

 

リセールバリューに関しては、中古車市場の需要と供給に大きな影響を受けます。

 

近年は軽自動車需要に押されて、コンパクトカーはリースなどの社用車以外は売れづらくなっている現状があり、特にリースアップをした段階で流通することもあって、フィットの買取価格が下がっている現状を確認しています。

 

特に注意したいところが3年落ちのリセールバリューが低いことであり、これは2018年10月付近の中古車流通数増加に伴うものであることが考えられますね。

フィット年式別流通量比較1
フィットが何年で売られているかわかるグラフ

 

このことで分かるのは、リースなどで使われている車を売る場合には、売り時によって買取価格相場の違いが大きくなることです。

 

現在フィットの処分を考えている方は、買取価格変動が大きくなる車ということを知っておいてください。

古いフィット買取価格相場

1024px-Honda_Fit_W_1300_4WD

 

フィット11年落ち以降の「古いフィット」に関しては、走行距離と買取価格相場のグラフを見てみたいと思います。

 

フィット走行距離買取価格1
フィットを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

見てわかるように、買取価格は相当不利であり、走行距離13万キロを超えるとほとんど査定が付かない領域に突入しています。

 

フィットは近年人気がなくなってきた車の一つですが、20年近く前はコンパクトカーブームもあって、流通数が多かったこともあり、それが中古車市場の供給過多に影響を与えて、買取価格相場の下落の要因となっている状況です。

 

SUVやワンボックスのように輸出で使える有力な車というわけでもありませんから、査定が付かないとしても仕方がない面もあります。

 

ただし、最低査定額は3万円ほどありますので、ただで引き渡すことは無いようにしたいものです。

フィットの買取価格相場まとめ

フィット数年の相場変動
フィットの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

ここ数年、フィットの買取価格は安定していたのですが、2018年9月前後から相当相場が下落していることは、コンパクトカー覇権の終わりを告げているのかもしれません。

 

ここ数年は便利な軽自動車が数多くリリースされていて、ホンダフィットとダイハツタントを隣に並べると、どちらが軽自動車かわからないような状況も出てきていますね。

 

このような理由から、コンパクトカーよりも大型軽自動車を買う、という需要があるものと考えています。

フィット数年の流通量
フィットの流通量が数年間わかるグラフ

2018年の中盤でデータに異常があるものだと考えていますが、相場が落ちたのもその時期でしたから、むしろ何かしらの市場変動があると考えるほうが自然なのかもしれません。

 

近頃のフィット中古車流通市場においては「売り」が先行していて、相場をかなり下げているために売り時判断はかなり難しくなってきていると言えます。

 

フィットの買取価格相場を見てわかったのは、過去に人気がある車は供給過多になってしまって、相場が落ちやすいこと。

 

そして、リースなどに使われる車の買取価格相場は一気に変動する危険性があることでした。

 

よくネットで車相場を調べると「数日で数万円の相場が落ちるので注意!」なんていうあおりもありますが、フィットなどの場合にはそれも十分に当てはまる車であることが分かります。

 

リースアップで世の中に車が出回るのは車検前後になりますので、年落ち3年・5年・7年と、フィットを売る時期についてはタイミングに気を付けてくださいね。

 

以上、お役立てください。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

ateambanner 大手車査定業者