車検を通すときには故障などを修理しなければいけませんね。

 

車検では24ヶ月点検など、車オーナーが車の状態を維持しなければいけない項目が決められていて、その点についてしっかりと修理できているかを見られます。

 

修理をしたくないという気持ちはお金がかかるからということですが、車はしっかりと機能しなければ悲惨な事故につながりやすい箇所もあります。

 

消耗や時の経過で劣化してしまって本来の機能が発揮できないということは、車が機械部品の集合体であることから、定期的な整備は車の安全や性能を保つ上で必須です。

 

そんな車オーナーが嫌がる2年に1回やってくる支出イベント、それが車検整備ではないでしょうか。

 

車検だけなら7万円前後と自動車税で済むのですが、整備費用まで考えると支出は大きい場合には30万円を超えてしまいます。

 

このように車検についてはただでさえ高い修理費用や法定費用などに加えて、他の箇所が故障していた場合はどうなるのでしょうか。

 

前置きが長くなりましたが、今回は電動ミラーが壊れたときの車検整備についてみていきます。

 

車検のときに電動ミラーが故障していたときに、直す必要があるのかということをみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

ボーン片桐

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

電動ミラー故障でも車検は通る

車検が通らないと指摘を受けるかどうかは、車検時に必要とされる整備項目にあるかどうかによります。

 

ただ、具体的な掲載がされていない場合には、広い範囲で意味が取られることもあり、そうなれば検査員にゆだねられることになるでしょう。

 

基本的にその人が良いといえば良い、ダメといえばダメ。

 

ダメなら他の人のところへいって通ればOK!なんていうわけではありませんが、どうしても属人的な判断が付きまとうものなのです。

 

また、ミラーの故障自体もどの程度かによります。

 

折りたたみができないという程度であれば問題はありませんが、ミラー自体を動かす調整ができないとなれば指摘された場合には修理が必要かもしれません。

手で調整できるなら問題なし

ただし、手で調整できるならば多くの場合にはそれほど問題は無いでしょう。

 

もしくは、調整してもすぐに狂ってしまうような状態では、指摘される可能性はありますし、安全のためにも修理したほうが望ましいですよね。

 

このように、ミラーの状態にもよりますが、軽微な故障であれば多くの方は指摘をしない、もしくはできない場合が多いでしょう。

 

というのも私がユーザー車検を受けたときにミラーの動作について確認されたことはありませんでした。

 

ですから、明らかに大きな破損をしていて、運転中の安全が損なわれる場合を除けば何も言われない可能性も高いのではないでしょうか。

電動ミラーの修理費用

電動ミラーの交換は3万円からで、高い場合には10万円ほどになるケースもあるでしょう。

 

というのも、今の車はミラーの中にウインカーが内臓されていたり、もっとハイテクなのはカメラが入っていたりするからです。

 

このため、パーツ自体の価値があがってしまって、ただの鏡部品だろうと思っていると驚きの交換支出となりますので気をつけてください。

 

一部の交換でなんとかなる場合はよいとして、ミラー自体を破損してしまったなんてときには、修理費用も高くなりがちであり、新しい車ほど高くなる傾向があります。

 

ただでさえ支出を抑えたい車検費用にこれらが積み重なるとさらに高くなりますので、どうするのかは破損の程度によるのではないでしょうか。

 

ユーザー車検でないならば、整備工場で相談してみるのも手ですね。

 

ただし、整備工場次第では次のようなケースも発生しますので、この点は留意しなければいけません。

ディーラーで修理をした場合

車検は受ける場所によって整備内容と支出費用が変わります。

 

ディーラーでの車検は一番高価となり、車検整備費用は30万円を超えることは珍しくありません。

 

ディーラー車検は高いだけのことはあって、ほとんど全ての項目について整備してくれます。

 

この中には今回話題にしている電動ミラーの修理も含まれます。

 

「車検は修理しなくても通る可能性が高いっていっていたじゃん!」と思うかもしれませんが、良くも悪くもそういったことを全く考えずにフル整備してくれます^^;

 

普段から整備を怠っていて2年に1回はちゃんとしたいという方ならまだしも、車検費用について安くしたいと考えているならば他の選択肢を取ったほうが良いでしょう。

 

ディーラーでの車検では、電動ミラーの修理はほとんどの場合にしっかりと整備されてしまいますのでご注意を。

電動ミラー故障と車検:まとめ

多くの場合に電動ミラーが故障していて動かないにしても安全に支障が無ければ、車検を通過できる可能性が高いことをお話してきました。

 

電動ミラーは故障して交換すると割高になるので、交換せずに車検を通したいということもあるでしょう。

 

そんなときはディーラー車検を受けるときは、事前にミラー交換について話をして交換するのかどうか確認するか、他の車検を利用すべきでしょう。

 

車検費用は受ける場所でかなり値段が変わってきますので、費用が気になる方は数箇所で簡単な見積もりだけもらってみてください。

 

⇒ディーラーがどのぐらい高いのか比較をするための車検専門チェーン情報はこちら

 

まとめますと、電動ミラーが故障していても安全性に支障が出ていないなら車検が通る可能性が高く、ディーラー車検で依頼すると良くも悪くも修理されてしまう。

 

どうしても費用が気になるならば他の車検と比較をして欲しい、ということになります。

 

以上、「電動ミラーが故障したときの車検」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。