車のエンジンが掛からない原因の多くはガソリンが無いか、バッテリーが機能していないことというのをご存知ですか?

 

出先で、エンジンが掛からないなんてことが起こると大変ですが、ハイブリッド車や電気自動車でなければ実は誰にでも起こることなのです。

 

ところでバッテリーのトラブルは2つの種類があります。

 

バッテリーが放電状態になってしまういわゆる「バッテリーが上がる」状態と経年劣化による寿命があります。

 

また温度が低い状態だとバッテリー内の化学変化が起こしにくくなるために機能低下ということもありますが、これはバッテリーが劣化している状態で起こりやすいものです。

 

今回はバッテリー関連のトラブルが発生したときにどうしたら良いかとみていきたいと思います。

バッテリーの状態が悪いときの症状

バッテリーの調子が悪いときは、電気部品の動きが悪くなるのであまり知識がない方でも判断することが出来ます。

 

例えば、エンジン始動時の音がどうにも鈍かったりとか、夜間のライトが暗い印象を受けるとか、あとはもっと直接的に分かり易いのはパワーウィンドウの動きが鈍いなどは簡単にわかりますよね。

 

バッテリー自体を見てみると、膨らんでいる場合やバッテリー液が白くにごっているような場合には、劣化が明らかですね。

 

冒頭に申し上げたように、出先で止まってしまったときなんて本当に大変です。

 

普段動くことが当たり前の設備が動かなくなったとき、人はどうなると思いますか?

 

落ち込むかパニックになるかのいずれかになるでしょう。

 

出来れば、出先でのバッテリートラブルは避けたいものです。

 

そのため、普段からバッテリー関連のメンテナンスは抜かりなく行いましょう。

バッテリーが上がってしまったときの対処

残念ながら出先でバッテリーがあがってしまったときには、他の力を頼るしかありません。

 

一部のバイクなら押しがけといって、車体を自力で押してエンジンを始動させることが出来ますが、車の場合には大変難しいでしょう。

 

昔は車の押しがけも珍しいものではなかったですが、現在はオートマチックトランスミッションの車がほとんどですから、押しがけしても意味がありません。(知人でトラックの押しがけを一人で行った人がいます・・・すごいのかやばいのかわかりません^^;)

 

そのため、ブースターケーブルというものを使って、他の車バッテリーとあなたの車バッテリーをつないでエンジン始動します。

 

なお、エンジンが掛からないのに何度も始動しようとするとセルモーターを故障しかねませんので、ある程度エンジン始動を試みてうまくいかない場合は、しつこくエンジンをかけようとしないほうが無難です。

 

ブースターケーブルを使ったエンジン始動方法

順番が大切で、これを間違えると火花が出たり感電して大変危険ですので絶対に間違えないように気をつけてください。

 

  1. 故障車のバッテリー+端子に赤いケーブルをつなぐ
  2. 救援車のバッテリー+端子に赤いケーブルをつなぐ
  3. 救援車のバッテリー-端子に黒いケーブルをつなぐ
  4. 故障車のエンジン金属部分に黒いケーブルをつなぐ

 

大切なことなので繰り返します。

 

ケーブルの色や端子のプラスマイナス、故障車なのか救援車なのか、そして順番を間違えると大変危険です。

 

必ず確認しながら行ってください。

 

なお、故障車のエンジンが始動できた場合にはこの手順を逆に行ってください。

 

当然、順番を間違えると危険ですから細心の注意を払ったうえで行うのが望ましいでしょう。

 

どうしても、怖い!という方はJAFか自動車保険のロードサービスを使ってください。

 

一番確実なのはロードサービスを呼ぶこと

昔は車を運転する人は車に詳しいことは当たり前でした。

 

なぜこのような状況であるかといえば、車は故障が多かったので、その都度自分で修理しなければいけないからです。

 

そのため、車に興味は無くても修理方法ぐらいは当然に知らなければいけません。

 

ただ、現在はそれほど壊れるということもなく、車を定期的にメンテナンスすれば故障せずに乗り切る人も少なくないのではないでしょうか。

 

このようなことが逆に有事の際に対応することが出来なくなっているわけです。

 

もちろんこの状況は悪いわけでもありませんし、いろんな人が車を利用できるようになったことは喜ばしいことです。

 

こんなときのためにも、ロードサービスの代表格であるJAF会員になっておくことや、ロードサービス付帯の自動車保険を買っておくことが望ましいでしょう。

 

もちろん、自分で動かない車を修理したり解決することが出来れば一番良いですが、サービスを使うことが出来るという選択肢も現代ならではでよいと思います。

 

ヒューズ切れの場合もある

車に詳しい方ならば特に説明は不要でしょうけれども、どこかしら機械的に故障しているというよりもヒューズ切れの場合もあります。

 

普段機能している機械が動かないことで、大規模な故障を疑ってしまう場合が多いですが、実は些細な部分で故障していることも多いです。

 

ヒューズ切れの場合には、ヒューズを入れるだけで動きますので、分かる方ならばすぐ解決できるでしょう。

 

他方、ヒューズが分からないとロードサービスを呼んだりして、結局ヒューズ切れであるということも少なくないようです。

 

まあ、これがもったいないとは思いませんし、ロードサービスの人も簡単な故障で呼ばないでくれ!ということはないでしょう。

 

なお、自己責任になりますが、予備のヒューズが無いときにはタバコ容器の銀紙を代用することが可能なので、喫煙者で緊急事態ならば試してみる価値はあるでしょう。

バッテリーの寿命は2年~3年

出先でなくても車がとまってしまったら大変困りますね。

 

そのため、絶対に点検やメンテナンスは怠らないようにしてください。

 

期間的な寿命は目次にもあるように、2年から3年。

 

利用環境によって、もっと短くもなりますし長くなるかもしれません。

 

ただ、持つか持たないかは止まったときにしかわかりませんから、期間的な交換をすればよいでしょう。

 

ところで、バッテリーが上がってしまった場合には再充電してもやはり性能が悪くなってしまいますから、この場合にも交換したほうが良いでしょう。

 

私はバッテリーを販売しているわけでもメンテナンス料をもらうわけでもないですから、早く交換することで利益を得られる立場ではありません。

 

しかしながら、バイクでバッテリーがダメになってしまったことが何度もありますので、交換できるなら早めに交換して万全の状態にしておくことでストレス無く車を使用することが出来るでしょう。

 

バイクのバッテリーと異なり、車のバッテリーは高くないですから交換できるうちに交換してください。

 

以上、「【車が動かないとき】バッテリー上がりトラブル」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。