車が古くなるのは物的に古くなるものと機能的に古くなるものがあります。

 

物的に古くなるのは走行距離や年式によるもので、機能的なものではデザインや性能面でのものとなります。

 

特に後者はフルモデルチェンジを発表した瞬間に古くなってしまいますので、特に新車で車を買うときには注意が必要です。

 

というのも、せっかく買った車がただ新しい車を売りますという発表だけで旧式可してしまうわけですから、このインパクトは大きいはずです。

フルモデルチェンジ情報発表で売値が低くなる

実際にこのようなフルモデルチェンジの発表があると、中古車市場の相場がガクッと低下します。

 

車を買うのなら出来れば新しいほうが良いし、すぐに旧式可したら面白くありません。

 

今回はこのフルモデルチェンジを告知する義務についてみていきたいと思います。

販売店にフルモデルチェンジを告知する義務は無い

売れ残り一括値引きセール実施中なんて書いてくれればそろそろモデルチェンジという実感がわきますが、実際のところはそんなことは告知せず値引きをされる場合が多いです。

 

販売店にモデルチェンジ情報の告知をする義務はありませんから、なぜこんなに車が安いのかという疑問があるときにはフルモデルチェンジを控えている場合もあります。

 

言う義務が無いなんてひどい!と思うかもしれませんが、実のところディーラーではモデルチェンジ1ヶ月前には告知するようにしているようです。

 

まあ、1ヶ月前じゃ全然ダメだと思うかもしれませんが、それでも全く告知無くということもないようですね。

 

中古車の場合にはさらに告知する規定のようなものはありませんから、ある程度諦めるしかありませんが新車を買うつもりでディーラーに聞いてみるのも悪く無いかもしれませんね。

フルモデルチェンジの周期は6年前後

よくカー雑誌では、「そろそろモデルチェンジか?」なんて見ますけどこれは周期的なものも多いです。

 

この周期は大体6年前後といわれております。

 

つまりは、そのモデルの発売年が分かれば、そろそろ危ないかもしれないということをユーザーが予測することが可能です。

 

また、ある程度のめぼしが付いたときには、その車が値引きを実施しているかどうかを確認してみてください。

モデルチェンジされる前に車を売り抜けることが大切

2015年初頭のおける、そろそろフルモデルチェンジをするかもしれない車種といえば、ホンダステップワゴンですが残クレの金利も優遇されていますし、商談に入ったときにはそれなりの値引きが期待できるでしょう。

 

こんな形でユーザー側からもある程度はフルモデルチェンジを予想することが出来ます。

 

というわけで、販売店ではぎりぎりまで教えてくれないモデルチェンジ情報ですが、ユーザー側でも「6年前後周期」と「大幅な値引き」を察知することである程度わかります。

 

車を買うときは調査のうえ購入すると損をすることを避けられるのではないでしょうか。

 

以上、「フルモデルチェンジで査定額が安くなる対処法」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。