中古車は安全に心配がある車では基本的に車の販売はできないということになっています。

 

極端な例でいえばブレーキが効かない車を売ったとしたら後で損害賠償されるわけで、これでは商売になりませんね。

 

さて、ブレーキが明らかに効かないならば問題ですが、タイヤの消耗が激しい場合はどうでしょうか?

 

今回の質問はそのような内容です。

 

中古車を購入するときに、一番気になるのは価格ですが次には安全ではないでしょうか。

 

そんな安全項目に一番大切なのが「タイヤ」となります。

 

どんなにすばらしいブレーキやサスペンションが付いていてもタイヤがダメだと全て台無しです。

 

そんなタイヤがツルツルのボロボロだったら購入時に交換してくれるのでしょうか?

 

冒頭でいったように明らかに安全性に問題がある車を販売することはまず無いでしょう。

 

ただ、タイヤがぼろぼろであるというのは一定の基準がありますので、この点で判断していく必要があります。

 

まずはそれをみていきましょう。

スリップサインが出ているタイヤは交換することが基本的には義務

車屋は基本的に安全な車を売らなければいけない義務があります。

 

もちろん、現状渡しであったり、ジャンク扱いならその限りではないですが車検2年付きのような売り方をするならひどいタイヤを付けて売るなんてことは言語道断です。

 

明らかにひどいタイヤというのは誰がみても消耗している状態、つまりはスリップサインが出ているタイヤです。

 

このようなタイヤの場合には、交換の要請を出すことが出来るでしょう。

快適装備に関してはその限りではない

よくエアコンが故障しているから詐欺だ!のように言う人がいますが、それはほとんどの場合には間違えです。

 

もちろん、エアコンに故障が無い、問題なく利用できるということで買った場合には損害賠償を請求できますが、それ以外では難しい場合が多いです。

 

中古車を買うときには冬でもエアコンなどを作動させて問題ないか確認すべきです。

 

壊れているなら、値引き交渉に利用したり修理してもらったりと交渉が可能になりますから出来る限りのことはしてみると良いでしょう。

 

⇒カーエアコンの修理は高く付く?費用などの内訳を見る

車を買うときは修理が高くなりそうなものから確認する

先ほどのエアコンのように、修理が高くなるようなものは絶対に購入前に確認しましょう。

 

修理が高く付くものは、

 

  • オートマチックトランスミッションの変速時
  • マニュアルトランスミッションのクラッチ
  • ブレーキキャリパー
  • エアコン
  • 修復暦の有無
  • パワーウィンドウ

 

本当はエンジンといいたいところですが、エンジンの不具合などすぐ分かるものではないですし分かるほど損傷しているなら違う車屋にいきましょう^^;

 

簡単に出来そうなものからそうでないものまでたくさんありますが、スイッチをいじるだけで確認できるようなエアコンやパワーウィンドウなんて良いですよね。

 

ここにワイパーも入れておきたいところですが、ワイパーが故障していたりゴムが硬化していたときにガラスが傷ついて損害賠償されてもたまらないですから、ここは保留でもよいかもしれません。

 

修復暦なんていうのも実は難しいのですが、ドアがしっかり開いて閉じるかというところを確認してください。

 

うまく閉じないときにはドアに修復暦がある可能性があります。

金額的な大きさから重要性を判断する

いずれにしてもこれらを確実に確認して真偽を問うのは難しいですが、簡単に確認できることと高く付くものは出来る範囲で確認してみてください。

 

タイヤは安全装備ですから、ひどく消耗しているなら交換してくれると思います。

 

重要なことは、販売店の方に質問する、または交渉をするときには契約をする前に行ってください。

 

契約をする前ならば一定の交渉力がありますので、あなたは何かを主張したりせずに応じてくれる可能性がありますからね。

 

以上、「中古車を買ったときのタイヤトラブルと交渉」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

高く売る人続出中!
査定額の差を【絶対】に見逃すな!
一括査定と下取査定で比較
一括査定利用で平均16万7811円査定額UP!(50%以上の方が10万円以上の差)
見積数を一括査定と一社で比較
一括査定利用で平均13万7757円査定額UP!(70%以上の方が5万円以上の差)
査定依頼に【1分】も時間がかかってしまいました

査定だけでももちろんOK!

売る予定なら今すぐ確認!

大手車査定業者

【車を高く売りたい方以外は見ないでください!】

>車査定相場を調べても高く売れない理由<