Q:車を買うときの話です。

 

なかなか気に入った中古車を見つけたので購入する契約をしました。

 

しかしながら知人に聞いたところ、とても評判の悪い販売店のようで、事故車なのにその告知なしで無事故車として販売したというウワサがあるということでした。

 

私が契約した車もそうなのではないかと疑ってしまい、それならば契約を解除したいと考えています。

 

こういった販売店の悪いウワサだけで契約を解除することは出来るのでしょうか。

明らかな契約違反などが無いなら無条件で契約の解除などは難しい

A:結論からいうと、販売店の悪い評判だけで無条件の契約解除は難しく、多くの場合には違約金を払うことになるでしょう。

 

どうしても、この評判を元に契約解除をしたいということなら、その悪評が真実であって法律や業界団体の規約に違反していることを証明しなければいけません。

 

多くの場合には、これが難しいために無条件での契約解除は出来ないというわけです。

 

もちろん、これが証明できるなら話は変わってきますが、証明できて初めてスタートといったほうが妥当なのかもしれません。

 

結局、悪評は評判であって証明された真実ではないということも注目して欲しいと思います。

契約が成立していないなら解除も可能

契約は特定のことが着手されていないなら、解除も可能となります。

 

通常は注文書と自動車注文書標準約款というもので行われます。

 

多くの場合、「納車」「使用者の登録完了」「注文者の依頼によって点検や整備などの着手」の最も早い日と定めているケースがほとんどで、これらのいずれかが行われていないなら契約が成立していないために、キャンセルも可能なことがあるようです。

 

一番最後の整備・点検の着手が、恣意的要素がありますがうまく立ち回れば解約も可能かもしれませんね。

 

ほとんどの場合には、もう既に点検や整備をしているということでいわれそうですけれども^^;

 

なお、自動車注文書標準約款は自販連という団体で利用されているもので、加盟していないのなら独自の書類を用意しています。

 

その場合には、契約書にサインした段階での契約と定めている可能性がありますので、契約書の写しなどがあれば確認してみましょう。

契約を簡単に考えてはいけない

以上のように、契約というのは一度成立してしまえば簡単に解約することが出来ません。

 

普段消費者は有利な条件で保護されているケースが多いですが、車売買においてはそれほど優遇されないと思ったほうがよいでしょう。

 

車の訪問買取についてはクーリングオフなども適用されないというのもそのひとつだと思います。

 

⇒車の買取にはクーリングオフが適用されない

 

買う場合も売る場合も契約をするときには、細かい点まで確認するのは大変ですが出来る限り見ておくことが後々トラブルになることを防げるでしょう。

 

業者はとても魅力的な商品に中古車を見せますが、実は引く手あまたということもなく似たような車は探せばいくらでもありますので、焦らずに検討してみてください。

 

以上、「評判が悪いということで車を買う契約を解除できますか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
⇒車査定相場を確認したいならこちら