中古で車を購入する場合には、消耗部品は新品でない場合があります。

 

とはいえ、中古車ですからそれは当たり前のことで、別段新しくするようにしなければ古いままなのは当然です。

 

ただし、これは安全性に大きくかかわらないような場合のみです。

 

安全性に大きな影響を与えるタイヤが古い場合にはどうなるのでしょうか?

 

今回の質問はそのような内容になります。

 

Q:思ったより価格が安く状態も良い中古車を見つけたので早速契約はしましたが、のちのち困ったことになりました。

 

なんと、ボディーや走行距離などの状態は他の中古車よりもよかったのですが、タイヤの溝がかなり減っていたのを見落としていました。

 

このような場合に、タイヤの交換をお願いすることが出来るのでしょうか?

 

車の安全性にかかわるのであれば中古品だから現状でよいというわけにはいきませんね。

 

ここでの判断基準はどの程度タイヤが消耗していたら安全性が損なわれるのかというところでしょう。

 

まずはこの判断基準についてみていきましょう。

安全性に問題があれば交換してもらえる

A:タイヤの溝がかなり減っているでは、ちょっと程度が分かりづらいですからもっと分かり易い基準が必要になります。

 

ここで安全性に問題があるほどタイヤが消耗しているという基準ですが、スリップサインが出ているかどうかというところで見てもらえれば分かり易いでしょう。

 

スリップサインの見方は、タイヤの側面に三角形のマークと場合によってはスリップサインやスリップと書いてあると思います。

 

そこの溝部分に盛り上がっている部分があり、盛り上がっているところまでタイヤが消耗していたら「スリップサインが出ている」という状態であり、安全性が確保できない状態です。

 

販売店では、現状で引き渡しやジャンク扱いでないならば安全に走行できる車を引き渡す義務があります。

 

特に諸費用に点検項目があるのにも関わらず、タイヤがスリップサインまで消耗しているものであれば交換を要請できます。

購入時はタイヤの消耗を確認する

良い中古車が見つけたときは千載一遇の出会いであるようなもので気分が高揚しますが、そういったときほどしっかりと中古車を見極めてください。

 

タイヤは交換すると比較的まとまった費用がかかりますので、必ず確認したうえであとから分かった場合でも安全に走行できる車を売らなければいけないという義務があるので、交換を請求します。

 

ただ、後からといっても相当期間経過してからでは主張が難しくなりますので、出来ればすぐに、一番良いのは買うときに指摘するのが一番でしょう。

 

その場合には、点検項目があることとスリップサインが出ているタイヤだけど交換してもらえるのかということを明確に指摘します。

 

他の機能がどんなに良くてもワイヤが悪いと車は本来の性能が発揮できないばかりか、非常に危険な乗り物になります。

 

中古車を買うときは割とぎりぎりの買い物になってしまうことも多いですから、余計な出費が発生しないように注意して欲しい部分が「タイヤ」となります。

多くの場合には交換が難しい場合が多い

中古車販売店のほうが基本的には車について詳しいはずで、タイヤの状態が悪いまま車を売ることはないと考えています。

 

というのも、車屋ならば当然安全性が損なわれるような状況で車を売った場合には、賠償責任があることも知っているはずです。

 

そのため、釘が刺さっているような場合なような見落としを除けば、タイヤコードが出ているような場合は珍しいでしょう。

 

ただし、もしそのようなタイヤコードがはみ出ているような場合であれば、早急に販売店に言ったほうが望ましく、一番よいのは納車時や購入時に指摘できればよいでしょう。

 

今回はタイヤに関してですが、車を購入する場合にはできる限り現状がどうなっているのかを確認して、後で困るようなことがないようにしましょう。

 

それがお互いのためになりますからね^^;

 

以上、「タイヤの溝が減っている車は交換してくれないのか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。