セールストークって本当に身勝手ですよね?

 

実は先日車を買ったときに、これが最後の在庫ですというのでそりゃ大変だ!ということでわりと急ぎ目に契約。

 

これで欲しかったトヨタアクアに乗れる!と思っていたら、どうやら在庫がまだある模様・・・

 

あのセールストークは嘘だったのか!と少なからず怒りを覚えました。

 

このように在庫がまだあるのに、もうこれで最後ですというセールストークは有りなのでしょうか?

在庫があることを隠していたら言及できます

最近、広告やセールスについて結構厳しくなってきたなと感じています。

 

今回の在庫があるのに在庫がないと偽ったことが証明された場合には、「不利益事実の不告知」となり、消費者契約法に違反します。

 

そのため、被った被害額を見積もれるとしたら賠償請求することも可能でしょう。

 

とはいえ、実のところそれほど分かり易く事がすすむとは思えないのですよね。

実は文句を言ってもそれほどおいしくない!?

実際に嘘を言われて契約をせかされたわけですからそりゃ怒るのも当然でしょう。

 

なんとかして、この損害や憤りを解消したい!と考えるのも悪いことではありません。

 

ただし、在庫があったことをどのように証明するのでしょうか?

 

しかも時間的な概念もあり、その時に同種の車があることを証明しなければいけません。

 

こんなことがあなたに可能でしょうか?

 

多くの場合、難しいと思います。

 

確かに不愉快なのは分かりますが、かける労力と得られるリターンを考えたうえで行動するのが賢い考え方でしょう。

 

感情に任せては、良い結果は得られませんし多くの場合損であることが多いです。

欲しかった車を買うことが出来たぐらいで考えたほうが良い

私は販売店のセールスマンの肩を持つわけじゃありません。

 

ただ、結局買うことはある程度決まっていたのですから、その不愉快なセールストークのおかげで背中を押してくれた程度に考えたほうが精神衛生上良いというだけの話です。

 

「理屈では分かっているけど、納得いかん!」とおっしゃるのも無理は無いでしょう。

 

それならば、販売店にそのことについて謝罪してもらうなりすれば良いでしょうけど、実際に損害賠償までするとなればかなりの大事になります。

 

場合によれば弁護士を立てて法律問題を解決しなければいけないケースにもなるかもしれません。

 

ここまで考えるとちょっとばかばかしいですよね?

 

怒りなどの感情はそれほど有益ではありません。

 

どうしても譲れないという場合を除いて、友人に愚痴でも聞いてもらうのが最良だと思います。

 

最後は精神のお話になってしまいましたが、損な買い物じゃなかったのなら良しとしませんか?というところでどうでしょうか。

 

以上、「販売店の「もうこれで在庫なし」が嘘だったときは言及できる?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。