車を購入するときには、表示の値段では買えないことはしばしば起こります。

 

総支出額が「乗り出し価格」なんていわれますが、これは車体価格とその他の費用が合わさったもので、なんだか不当に高い金額になった気がしますね。

 

さて、今回の質問はこのその他の費用内訳についてです。

 

Q:車を買うときの見積書に諸費用の記載があり、そこに一式とだけ書いてありました。

 

よく車を買うときには、「乗り出しでいくら」なんていいますが、実際に高いなーと感じるのも事実。

 

そういった状況で、一式と書かれるとどうしても気になります。

 

そもそも一式とはどういうことで、内訳はどのようになっているのでしょうか?

 

車に限ったことではありませんが、広告の都合で表示している金額よりも高くなるというのはよくある話です。

 

ですが、車の場合には特にその他費用の内訳が不明瞭なことが多く、この一式というのはさらに分かりづらくしている節があります。

 

今回はまずこの一式という項目についてみていくとともに、その他費用についても詳しくみていきたいと思います。

一式という項目は「自動車公正競争規約」違反

A:折込チラシに激安の車がありましたけど、結局そこに25万円ぐらい上乗せしないと買えないという事実で驚いた人は少なくないはずです。

 

「結局そういうことね・・・」というおとり広告にはまった気分ですが、それなりに費用が掛かるのも事実です。

 

なぜなら車検2年付きというのは既に車検を取っているわけではなく「これから」取りに行くからです。

 

そのため、まだ整備もしてなかったり・・・部品を交換したりしなければいけませんからね。

 

こうやって書くと車屋は非常に悪徳に見えますが、そんなこともないのですよ。

 

売ることが決まってから整備するほうが少ない人員で効率よく回せますからね。

 

売れない商品に対して整備しておくのはお金をかけられるディーラーや高級車専門店だけでしょう。

 

そのおかげでディーラーなどよりも少し安いという利点もあると思います。

 

そんなわけでこれから車検にいきますので、整備や諸費用などの名目で取るわけです。

 

ナンバーなどの車体番号登録や車庫証明もそれほど難しい手続きではないですが、これも代行したりとそれなりに手数料を取っています。

 

そんなものをまとめて「一式」というわけなのでしょう。

 

これは自動車攻勢競争規約に違反しているので、自動車公正取引協議会に相談することが可能です。

車の諸費用内訳について

ここまで一式の説明をしてきましたが、そもそもの問題として車の諸費用についても理解する必要があります。

 

車の諸費用については、主に次のような項目があります。

 

  • 税金
  • 登録に必要な印紙代
  • 自賠責保険料
  • 登録代行費用
  • 納車費用
  • 納車整備費用
  • 車検整備費用
  • 車庫証明代行費用

 

これ以外の項目も当然に出てくる可能性がありますが、おそらくは良く見るものに関してはこの項目となります。

 

特に代行費用や整備関連の費用に関しては、項目の名前が違うことがあるので気になった場合には、そのたびに質問することが大切です。

 

一式とすることで極端に高く設定している手数料などを見えなく出来るので、車屋としては都合が良いのでしょうね^^;

契約書に捺印をする前に必ず確認!

契約したあとで、詳細を聞いてこの内訳は高すぎる!と抗議しても意味がありません。

 

契約書に押印した場合には、書かれていた内容に同意したとみなされるためただ文句を言うだけになってしまうでしょう。

 

いわゆる乗り出し価格は、お金がない私にとってありえないぐらい高く感じますが、もしその高い金額に不満があったり内訳を知りたいのなら契約前に聞いておきましょう。

 

余談ではありますが、折込チラシの激安中古車は10万円ぐらいですが、10万円の車にさらに25万円追加して払うのはアホだと思ったので「一式」をカットする要求をしました。

 

「車検をユーザー車検でやって整備も自分でやるから車だけくれ」と要求したところ、あっさり無理と断られました。

 

この「一式」が車屋経営の生命線なのかもしれませんね^^;(※実際は販売店としての整備義務もあります)

 

ここまで見てきたように、車の諸費用については良く分からないような項目になっている場合が多いですが、その多くは代行費用や整備費用です。

 

その中でも納車や税金、車検など当然に発生する費用については当然として、不明瞭な項目の費用については特に注意して見積書を確認してほしいと思います。

 

全部を追求することは難しいとしても、無駄にお金を払ってしまうことが無いように注意したいところですね。

 

そのためにこちらの情報を役立ててください。

 

以上、「中古車購入の諸費用と「一式」表示について」でした。

 

お役立ていただければ幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。