中古車を買うときには、各部品がちゃんと動作するかどうか確認するために調査もかねて動かしますよね。

 

最近は中古車の買い方も詳しく解説している場合が多いので、調査の仕方が全くわからないということもなくなりました。

 

でも、このときに中古車を破損させてしまった場合には、どのような取扱になるのでしょうか?

 

壊してしまった車を結局買わなければいけないのか、それとも弁償だけで済むのか、結局お金は掛かるのでしょうか。

車を買う必要は無いが破損した部分の弁償はある

結局お金がかかるのかと肩を落とした方もいらっしゃるでしょう。

 

基本的には弁償ということになるでしょうけど、不特定多数の人間が累積的に故障するようなパーツの場合には、販売店側が特定の人間が壊したということを証明しなければいけませんので時と場合によります。

 

知らない車の操作ということで、おっかなびっくり確認しなければいけませんけれども、これから中古車を買うわけですからよく知っている車のパーツをいじるというわけにはいきません。

 

販売店によっては特に酷い過失がなければ、弁償の請求はしない場合もありますし、壊すことを恐れて確認しないというのはよくありませんから積極的に確認していきましょう。

 

とはいっても、やっぱり車に慣れていない方が車を確認するときにはどうしてよいか分からないでしょうから、販売店の営業マンに許可を取ったり、操作方法などを聞いて動かすことが望ましいでしょう。

 

こうすることで、破損したとしてもそれは合意の上ですから、気前の良い販売店なら弁償するという可能性を限りなく小さくすることが出来ます。

 

逆に販売店の営業マンが知らないところで破損してしまったときには、弁償の可能性が高くなりますのでご注意ください。

試乗時に子供が車を壊してしまった場合

子供を展示場に連れて行くと、どうしても好奇心からか車をいじってしまいますね。

 

このときに大変な破損をした場合には、子供がしたことだからというわけで見逃されるわけもなく、当然に弁償になりますのでご注意ください。

 

とはいえ、軽微なものであればそれも試乗や展示車の整備として扱われると思いますので、酷いもの以外は気にしなくても大丈夫でしょう。

 

いずれの場合も、販売店によって扱いは異なりますし破損の程度によるでしょう。

 

あまりにも破損が酷いときには当然弁償を請求する権利もありますし、滅多にあることではないですが車の根本的な部分(走行等)について故障したときには車の買取を依頼されるかもしれません。

 

まあ本当に滅多にあることではないですが・・・ガソリンタンクを開けて引火させるとかそのぐらいの酷さが必要かもしれません^^;

 

以上、「展示してある車を壊してしまったときはどうなる?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料なので気軽に登録でき、定期的に情報を得ることで欲しくなった良い車」を買い逃さないようにしましょう!

今すぐ新しい車探しサービスを確認する!【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットから自動車メーカーで車査定相場を見ることができます。