道路で飲酒運転をしてはいけないのはご存知の通りです。

 

最近は飲酒運転についてさらに厳しくなり、数年間免許を取れないような処分は特に郊外のような生活に車が必要な地域では致命的な罰則だと思います。

 

もちろん、罰則があるからやらないというわけでもなく、泥酔状態では運転能力に支障がありますので、安全を確保するためにも厳罰化の流れは当然でしょう。

 

ただ、飲酒運転が良いか悪いかは置いておくとして、私有地における飲酒運転についてはどのような扱いになるのでしょうか?

 

ちょっと車を移動させなければいけないようなときもあると思います。

 

こちらでは、私有地において泥酔状態での運転の可否、または妥当な方法をみていきます。

車を売るときに安い査定額が出る理由

車を売ったことがある人なら「下取り査定を依頼して安い金額を提示された!」という経験があるはずです。

 

これは、価値が低くなるときに車を売ってしまうことが驚くほど安い査定額の理由です。

 

当サイトでは、毎月更新の車査定相場を独自計算していて、車種を探すだけの簡単操作で最新の車価値が分かります。

アクア3年落ちグレード比較の査定相場
車査定相場の情報例(アクア3年落ちグレード比較)
 

もしあなたが「安い査定額を出されて手遅れになる」といったことを避けたいなら、持っている車の価値を確認するようにしましょう。

 

もちろん当サイトは車を仕入れる業者ではありませんから、「個人情報入力や登録など一切無し・無料」で車査定相場を確認できますので気軽に見てくださいね。

 

⇒車査定相場を今すぐ3分で確認したい場合はこちら

原則として私有地においては道交法は適用されない

泥酔状態で運転することは思わぬ事故につながりますから本来望ましいことではありません。

 

ただ、法的なお話であれば、私有地では原則として道交法の適用が無いので法律違反にはなりません。

 

ただし、この「原則として」というところに注目してください。

 

私有地であっても、不特定多数の人が利用するような駐車場なら、道交法が適用される場合もあります。

不特定多数が利用する駐車場とは

私有地であっても不特定多数の人が利用する駐車場とはどういった場所なのでしょうか。

 

分かりやすい例はスーパーやデパートの駐車場です。

 

しっかりと区分をするとしたら、制限を加えることなく入出が比較的自由にできる駐車場といえばよいでしょうか。

 

つまりは、私有地で立ち入りを禁止することやそれに近いことで、入出に制限があればよいということになります。

 

私有地で立ち入りが制限されているにもかかわらず私有地にいる場合には、当然ですが飲酒運転の問題よりも相手の不法侵入のほうが重大な問題です。

 

また、駐車場内などで起こした事故について賠償問題として扱われるときに、泥酔状態であることは考慮されるので全く良いことはありません。

 

飲酒したときは、車を運転しないほうが良い、法的な要求で無難な言い方ではしては

 

特にこの状況に合致するケースといえば、飲んでしまったときの広い駐車場の整備だと思いますが、出来ることなら他の飲酒していない人に任せるか、酒気が抜けてから動かすことが望ましいでしょう。

 

完全に余談ですが、同じような状況が昔ありました。

 

結局、車を動かさなくても良い策を取ったのですがそのときには、

 

  1. 酒を飲んだ人でも私有地なので気をつけて動かせばよい
  2. 免許がなくても私有地だから良い(泥酔状態よりはマシか?)

 

ということで、意見が割れたのを覚えています。

 

あなたは、この2つしか選択できないとしたらどちらのほうが妥当と思いますか。

 

私どもは飲酒運転について厳罰化したばかりだったこともあり、2番のほうがまだマシなのではないかという結論で落ち着きましたけれども、どうなのでしょうかね^^;

 

以上、「私有地の飲酒運転は道交法違反になるのか」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】