Q:そろそろ車検切れの車があります。

 

売ろうか悩んだあげく、結局乗ることにしたので、車検を取ろうと思っています。

 

ここで質問ですが、スムーズに車検を取りたいので事前にできる準備をしたいと思っています。

 

車検に際してどのような書類や準備をしたら良いでしょうか?

 

よろしくお願いします。

5つの書類とお金を用意する

A:車の車検には書類とお金、そしてユーザー車検ならやる気(?)が必要です。

 

書類についてはこちらとなります。

 

  1. 自動車検査証
  2. 自賠責保険証明書
  3. 自動車税納税証明書
  4. 自動車重量税納付書
  5. 定期点検記録簿

 

自動車検査証はいわゆる車検証のことです。

 

この中で特に忘れ易いのが自動車税納税証明書です。

 

意外に払った後はレシートの束の中に含まれているケースが多く、その後紛失してしまうということが多いようです。

 

自動車税を納税したら車検証と同じファイルに入れておきましょう。

 

いつも車検証と一緒に保管しておけばいざというときに困らずに済みます。

 

自動車重量税納付書は、車検場でもらう場合がありますので依頼するときに無くても問題ありません。

 

依頼する業者に質問してください。

車検の費用はどのぐらいを見ればよい?

車検は初回は新車登録からは3年後に、以後2年後とに定期的にかかる車オーナーを悩ませる出費のひとつです。

 

どのぐらい悩ませるかというと、場合によっては車を売るかどうか考えるほどです^^;

 

それほど高いわけですね。

 

ただし方法によってはそれほど出費が大きくならずに済みますので、今回は方法別にどの程度の出費がかかるか見ていきたいと思います。

 

なお、修理しなければいけない場合や部品交換が必要ならかなり大きくお金がかかるので注意してください。

 

車検の費用目安は、

 

  • 安く済ませたい 10万円以下
  • ほどほどにやる 15万円前後
  • お金をかける 25万円前後

 

かなり大雑把ではありますが、目安上はこのようなところです。

 

車検を安く済ませたい場合

車検を安くしたいなら、車検を取るために最低限の整備で済ませてくれるような業者を探すかユーザー車検を利用してください。

 

先ほども申し上げたように、高い修理項目があればそれだけお金がかかります。

 

もちろん、必要な箇所については修理するのは当然んとして、必要でないところまで点検してくれる場合があるのです。

 

出費を減らしたいところでこれは辛いですよね。

 

このように、余分なところを点検・修理しないような方法を選ぶ必要がありますから、安く済ませることが出来る業者を探すか、ユーザー車検を利用してください。

 

ほどほどに整備をしたい場合

この場合には、民間の修理工場を利用することが望ましいでしょう。

 

なお、ほどほどに整備したいときには複数業者に見積を依頼することが大切です。

 

出来るだけ安いところを探すというよりも、修理項目に対して払う価格が妥当だと思うところに依頼することが大切です。

 

安さだけで選ぶと、ほどほどの整備が難しかったりするので注意してください。

 

全く整備していないから車検のときはしっかりと整備したい場合

この場合にはディーラー車検を利用してください。

 

頼んでも無いところを全面的に修理してくれるので安心は出来ますが大変高く付きます。

 

年中、車に気にかけていない方はこの機会に法定24ヶ月点検整備をしっかりしておくと車オーナーの義務が果たせるでしょう。

ユーザー車検になぜやる気が必要なのか

まず平日に行わないといけませんから、平日に時間を取れる人に限られます。

 

また、故障箇所や整備する箇所を自分で発見して、それを自分で整備するか業者に依頼するかして直した上で車検場にもっていき、自分で行うという非常に面倒です。

 

もうこの時点で面倒だからやめておこうという方もいらっしゃるでしょう。

 

でもユーザー車検の魅力もあるのですよ。

 

まず自分の任意の場所を修理するので、余計な項目について修理せずに済みますから無駄にお金をかけることを防げますね。

 

ディーラーで車検を依頼するとなぜあんなに高いのか、それはもう全部点検修理してしまうからでしょう^^;

 

お金的にどうしても何とかしたいという方は、ユーザー車検に挑戦してみてください。

 

ユーザー車検にはこのようなモチベーション=やる気が必要というわけです。

 

車検に必要なものは以上となります。

 

冒頭にも言いましたが、納税証明書は本当に紛失し易いので注意してください。

 

なお、紛失した場合には再発行をする必要があります。

 

廃車でも車を売るときにも必要ですから、紛失してしまったら早めに何とかしたほうが吉です。

 

以上、「車検時に用意する書類などはどんなものですか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

なお、休日に車検を依頼したいという方は最近は車検チェーン店がありますので詳細を確認してみてください。

 

⇒ほどほどの費用で休日でも車検が受けられるサービス詳細はこちら

『最新:車ニュース』
車探しの常識が激変!選び方に大きな特徴!!
車探しといえばカタログや雑誌、ネットで情報を集めてくるのが今までのやり方でしたが、全く違うやり方が誕生しました。
これは欲しい車の条件さえ入れれば選ばれた情報が送られますので、中古車情報誌のカーセンサーやGooで面倒な比較をする必要がなくなったのです!!
利用も無料ということで、現在は多くの人が良い中古車を選んでいます。
さらに、ここでしか見られない非公開の中古車もありますので、あなたも今すぐ使って毎日更新される車情報を逃さないようにしましょう!

「非公開情報あり」新しい中古車探しを見てみる【無料】

中古車探しサービス
あなたは今の車価値を知っていますか?
車の価値は基本的に時間と共に減っていきますが、いざ車を売るときに車の相場を調べるのでは遅すぎます!
なぜかといえば、車の価値が下がってから調べたところで何もできず車を安く売るしかないからです。
「過去の傾向で相場が下がるからその前に高く車を売っておいて、新しく買う車の購入代金に充てる」ということは、定期的に車価値を見ている人しかできないのです!
そのため、もしあなたが将来車を売ることがあるならば、定期的に車査定の相場を確認しておくと価値が下がりすぎて何もできないという情けない状況を防ぐことができるでしょう。
車査定の相場については、当サイトで毎月更新して公開しています。

↓例:トヨタアクア3年落ちグレード別:買取相場↓

アクア3年落ちグレード別買取相場
情報入力無しの匿名で、簡単にあなたの車価値を確認できますので、車の値下がりを気にする方は今すぐ確認するようにしてください。
下のショートカットで自動車メーカーから車査定の相場を見ることができます。