他の県などに引越しをすれば当然ナンバープレートも違うものが付きます。

 

さて、このようなときに車検はどこで受ければよいのでしょうか?

 

今回の質問はそのようなものになっています。

 

Q:先日、京都から引越しを行って車をそのまま持ってきました。

 

ただ、ここで問題が発生します!

 

なんと、車の車検がもうすぐ切れそうなのです。

 

ナンバーは京都ナンバーなのですがやはり京都まで戻らなければいけないのでしょうか?

 

何か良い方法があったら教えてください。

車検を受けた場所でまた受ける必要があるかという質問内容です。

 

この問題、割と簡単に解決できますから早速答えをみていきましょう!

ナンバーに関係なくどこの車検場でも受けることが出来る

A:車検についてはどこの車検場でも受けることが出来ます。

 

京都ナンバーの車が練馬の車検場を利用しても問題ないわけです。

 

ただし、納税証明書が必要ですから、無い場合には京都から郵送で送ってもらってください。

 

車検については自分で行っても良いですし、業者に依頼しても特に不具合が起こるものではありません。

 

ですが、しなければいけないことは車検以外にありますので、むしろこちらの手続きの抜けや漏れがないようにしなければいけません。

車の使用本拠変更や保管場所の変更があったときには修正が必要

車検についてはどこでも受けられる、納税証明書が必要であるということでよいでしょうが、引越しに際して必要な手続きはこちらがメインかもしれません。

 

引越しを行った場合には、住所変更手続きを15日以内に行う必要があります。

 

これを怠ったとしたら車庫法に違反し、さらには車を売るときや廃車のときに必要な手続きが増えます。

 

今は面倒と思っても必ずやらなければいけないときがきますし、法律が許してくれませんので可及的速やかに行いましょう。

 

なお、この場合に所有者と使用者が異なるならいささか面倒なことがあります。

 

登録情報の変更には所有者の許可が必要で、委任状や印鑑などが必要になります。

 

車を買うときにクレジットを利用したときには、所有者は信販会社になっていると思います。

 

変更の期限が15日以内ということもあって事前に準備していないと、かなり頑張ってぎりぎりという期限になってしまいますので、引っ越す前から準備を行いましょう。

 

なお、車庫証明についても同様で、申請から車庫証明書が発行されるのは2週間ほど掛かる場合があります。

 

ということは、引越しが終わってからでは遅いですよね?

 

引っ越す前に手配を終わらせてから、余裕を持って手続きを行うようにしましょう。

 

いずれにしても、他県ナンバーであっても納税証明書があればどこの車検場でも車検を受けられると覚えて置いてください。

 

いざというときのために、納税証明書は車検証のファイルと一緒に車の中に入れておくと無くさずに済みますので、後になってないと騒ぐよりも今すぐファイリングしておくと良いでしょう。

 

以上、「他府県ナンバーでも車検を受けることは出来ますか?」でした。

 

お役立ていただけたら幸いです。

 

なお、休日に車検を依頼したいという方は最近は車検チェーン店がありますので詳細を確認してみてください。

 

⇒ほどほどの費用で休日でも車検が受けられるサービス詳細はこちら

気づいていましたか?
『あなたが良い車を見つけられない理由』

あなたは車選びをしたときに、「良い車がないなぁ・・・」と思ったことはありませんか?

実はこれ、考えてみれば当然のことであり、良い中古車はすでに買われてしまって、あなたは売れ残りのリストを見ているようなものなのです!

中古車を探しているのは、あなただけでなく、しかも一般の人以外にも業者や、また世界的に見ても日本車は人気がありますので、海外の人や業者も目を光らせているわけです。

こういった状況で出来ることといえば、他の人に買われる前の車情報を見て車選びをするしかありません。

流通前の車情報を見ることは、過去において業者だけの特権だったのですが、現在ではその一部をあなたも見ることが出来ます。

もしあなたが車選びで失敗したくないということならば、市場に出回る前の非公開情報を確認して、良質な情報で車選びをしてみてください。

今すぐ「非公開車両」から良い車を探す【無料】

中古車探しサービス

なお、ネット完結で車選びをすることもできます。今の時代は電話でやり取りするのは何かと面倒ですものね^^;

⇒ネットだけで車選びをしたい場合はこちら【無料】